Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国軍が寝てる、侵入者に3時間気付かず…韓国軍は内部崩壊状態

 韓国軍がやらかした。軍事境界線を越えた北朝鮮からの侵入者に3時間も気付かず放置したというのだ。監視カメラに9回映り警報が2回鳴ったにも関わらずにだ。これではいとも簡単にソウルを制圧されてしまうだろう。それこそが文在寅政権の狙いかもしれない。



この事件を理由として今の韓国軍は内部崩壊状態。北朝鮮からの侵略を守るという前提自体が成立していない。挙句の果てに監視所や鉄柵を撤去しまくっている。文在寅の政治は北朝鮮の南進を促すものでしかないとよく分かる。口では北朝鮮融和を叫び続けるが、要するに韓国を融かして北朝鮮に併合させたいんだろう。現状文在寅が退任後逮捕されずに済むとすればそれ以外にない。


韓国軍は23日、北朝鮮人男性が南北軍事境界線を越えて韓国側に侵入したことに数時間気付かない出来事が、今月中旬にあったと明らかにした。監視カメラには男性の姿が9回映っており、警報も2度鳴っていたという。



南北軍事境界線には監視センサーが設置されるなど、厳重な警備が敷かれている。しかし、この男性は数時間にわたり韓国側をさまよっていたという。


韓国軍は警備について必要な修正を行うと説明した。


北朝鮮人男性は今月16日、ウエットスーツを着て海を泳いで渡り、約5キロの距離を徒歩で移動した。この間、8回も監視カメラに映ったが、警備にあたっていた韓国の兵士は気付かなかった。カメラが9回目に男性をとらえた際にようやく侵入に気付いたという。



男性がなぜ危険なルートで国境を越えたのかはわかっていない。


韓国・聯合ニュースによると、男性は非武装地帯(DMZ)にある排水トンネル内を移動するなどしていた。韓国軍はこの排水トンネルの存在自体を知らなかったという。


■何があったのか


韓国軍合同参謀本部(JCS)の報告書で16日の詳細が明らかになった。JCSは男性の身元は伏せており、脱北しようとしていたのか調査している。



男性がどこから来たのかは不明だが、軍事境界線の東側に位置する韓国・高城郡北部にある高城統一展望台近くに、16日午前1時5分、ウエットスーツとフィンを付けた状態で上陸したことがわかっている。


男性はウエットスーツとフィンを岩の下に隠すと、有刺鉄線に沿って浜辺を南下し、排水トンネル内を通ってDMZに入った。午前4時16分まで5キロ以上道路を移動したが気付かれなかった。


その後、韓国の兵士は監視カメラで男性の姿を確認し、報告した。男性が監視カメラに映ったのは、この時が9回目だった。



韓国軍は午前7時27分に男性を発見した。報告書によると、男性は北朝鮮へ送還させられることを恐れ、兵士ではなく民間人を見つけて身元を明かそうとしていたという。


問題の北朝鮮男性は5-6キロの距離を3時間以上かけて歩き、民間人統制ライン付近まで南下したが、最初に識別されてから師団長に報告されるまで34分もかかった。武装した敵軍が侵入していればどうなっていただろう。北朝鮮男性は海岸に設置されている鉄柵下の排水路に入り込んだ。ところが現場の部隊はこの排水路の存在そのものをこれまで知らなかったという。地形や地雷の危険性などから把握が難しかったと言い訳している。兵士が自ら担当する地域の中で、「行きにくくて危険」という理由で行ったことがない場所があるというだ。昨年7月にはある脱北民が西海の鉄柵下にある排水路を通って越北したが、このときも合同参謀本部は現場の部隊全体に排水路の確認を指示した。ところが今回問題となった師団は問題の排水路を確認もせず、「問題なし」と報告していた。合同参謀本部の命令さえ聞き流しているのだ。これではもはや軍隊とは言えない。


■警備上の失態


監視カメラは午前1時5分から午前1時38分までの間に複数回、男性をとらえていた。警報が2度鳴ったが、何の対応も取られていなかった。



午前4時ごろには3度カメラに映っていた。


JCS関係者は聯合ニュースに対し、沿岸監視装置を担当していた兵士が当時、調整作業を行っていたとし、警報をシステムエラーによるものだと思ったと説明した。


男性は漁業に従事する民間人だという。この寒さの中、北朝鮮から海を泳いできたとの説明を疑問視する声や、船を使ったのではないかとの憶測も出ている。


しかしJCS側は、ウエットスーツの状態がよく、潮の満ち引きにも助けられながら泳いできたと考えているとしている。


DMZでの韓国側の警備をめぐる懸念が浮上したのは、今回で2度目。


昨年11月には、元体操選手の北朝鮮人男性が軍事境界線にある柵を飛び越えて韓国側へ亡命した。韓国は監視センサーのねじが緩んでいて男性を感知できなかったとして、全てのセンサーをチェックするとしていた。


ウェットスーツを持った民間人なんて北朝鮮にはいない、軍関係者に違いないとの意見が見られた。そもそも泳げる時点ですごい。韓国民は水泳が苦手というのは有名な話で、それだけで北朝鮮軍の特殊訓練を受けた工作員だと分かる。警報も監視カメラも機能不全というお粗末な実態が世界の眼前にさらされた。韓国の防衛網をいつ併合されてもいいような状態にしておくのが文在寅の任務に違いない。


■脱北は頻発しているのか


北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記は2011年に政権を握って以降、地雷を増やすなど、南北軍事境界線や中国国境の管理強化を指示しているとみられる。


しかし年間約1000人が、人権侵害をめぐり数々の非難を受けてきた抑圧的な国家から逃れている。


脱北者のほとんどは中国国境を越えて逃れているが、北朝鮮へ送還されるリスクがある。


南北軍事境界線があるDMZを越えるのには危険が伴う。


北朝鮮の朝鮮人民軍に見つかって逮捕されれば、確実に収容所へ連行され、尋問を受けることになる。裁判にかけられ、労働収容所に長期間入る可能性もある。

Share:

タイガー・ウッズ、手術成功か…韓国マスコミが原因説の否定に必死woods

 本人のツイッター・アカウントに書き込まれた説明によると、緊急手術は長時間に及び、脚を固定するためのロッド(棒)や複数のスクリュー、ピンが挿入された。



入院先のハーバーUCLA医療センターは術後の容体について、意識があり、回復に向かっていると発表した。


整形外科の外傷専門医らが、ロッドを入れてすねの2本の骨を固定し、スクリューとピンを組み合わせて足と足首の骨を固定。筋肉や軟部組織にかかる圧力を下げるため、筋肉を覆っている筋膜を切開する処置も施したという。



松宮院長は「頸骨と腓骨は足首を構成する骨で関節の動きに関わる。しっかりと元の位置で骨を付けるためにボルトなどで留めている状態ではないか。足首のラインはきちんと措置しないと障がいが残る」と指摘。また「骨折すると当然、周囲の筋肉やじん帯も痛める。神経が損傷したり、血管が破れて足先にしびれが残ったり、硬くなって足首の動きが悪くなることもある」という。


それだけに「動かせるところはできるだけ早くリハビリをしないと。変形が残りやすいとか動きが悪くなる後遺症が多い場所」と話す。「骨自体は2カ月もあれば付く」というものの、回復への道のりは短くない。「話を聞く限り、程度が軽くてもスイングまでに4~5カ月。同じようにプレーするにはリハビリして1年はかかる」と推測。「ずれが激しいとか合併症でしびれているとかだったら、それ以上も考えられる。ひどい場合はトップ選手としてのゴルフが難しくなる可能性はあると思う」と続けた。予断を許さない状況と言えそうだ。



ロサンゼルス郡のビラヌエバ保安官は23日、CNNとのインタビューで、事故現場の状況からみてウッズさんの命が助かったのは「奇跡にほかならない」と語った。


またウッズ・ファンデーションは、「同センターの医師やスタッフ、ロサンゼルス郡消防局の素晴らしい対応にとても感謝している」と綴っている。


無残な車体を目の当たりにした海外ファンからは「早期回復を祈る」「ひどい。早く回復しますように」「どうしてこんなことに?」「ゴルフ界のキングが早く良くなりますように」「いい運転手を雇うべきだった」「これは恐ろしい」「飛行した車みたいに見えるな」などと反響が寄せられている。


一方、タイガー・ウッズが助かったのはヒュンダイGV80のおかげだ、と韓国マスコミが原因説の否定に必死



オンラインではウッズがGV80のおかげで救われたという主張と、この車のせいで事故が起きたりけがをしたりしたのではないかという世論が同時に形成されている。


ある人は「現代に感謝するべきだ。このように多くのエアバッグがタイガー・ウッズの命を救った」とツイートし、運転席を中心に四方にエアバッグを設置しているジェネシス車両内部の写真をリツイートした。


反面、別の人は「中古現代車よりももっと悪い車は新型現代車だと私はいつも言っている」としながら「現代車は絶対に運転するな」とツイートした。これに対し、また別の人は「このような凄惨な衝突事故で命を救われたというのは、その車が良い車だということ」と反論した。



さらに米国自動車ゼネラルモーターズ(GM)のブランドを言及する人も現れ「ビュイックに乗っていたら絶対に起きなかった」と主張して自動車ブランド国籍論争を提起した。


ネットユーザーは事故原因に対する憶測も出している。ある人はツイッターで「車に欠陥があったかもしれない。私たちはまだ分からない。新しいモデルが出てきたばかりなので、そういうこともある」と主張した。


米国メディアは今回の事故を契機にGV80に注目している。USAトゥデイは「タイガー・ウッズの交通事故は、あまりよく知られていなかったラグジュアリー自動車ブランドにスポットライトを当てた」と伝えた。



警察の初期調査によると、事故は下り坂でカーブ区間が多い場所で起きた。普段も事故が頻繁に起こる場所だという。制限速度が時速45マイル(約72キロ)だが、80マイル以上出して捕まる場合もたびたびあるという。ウッズが猛スピードを出していたようだという米国メディアの報道も出ている状態だ。


警察はウッズの車両が中央分離帯に突っ込んだあと、木に衝突した後、何回も回転しながら反対側に転落したと明らかにした。車両が何回回転したかは現在は分からないという。


警察は薬物やアルコールを使った形跡を車内から発見することはできなかったと伝えた。天気も事故の要因ではないと明らかにした。電話など注意散漫になるほどのことがあったかどうかは捜査しなければ分からないという。警察は事故現場にタイヤの跡は見つからなかったと明らかにした。

Share:

タイガーウッズ事故、車は韓国ヒュンダイ…原因は韓国車の欠陥かhd

 タイガーウッズ選手が自動車を運転中に交通事故を起こして大怪我をしたが、その車種は韓国ヒュンダイのジェネシスGV80だということが分かった。



米男子ゴルフのタイガー・ウッズ(Tiger Woods)選手が23日、米ロサンゼルス近郊で自動車を運転中に横転事故を起こし、病院に搬送された。地元保安官事務所が発表した。乗っていた車は事故により「大きく損傷」したという。


ロサンゼルス郡保安官事務所の発表によると、乗車していたのはウッズ選手のみで、救急隊員により車内から救出され、治療のため付近の病院に搬送された。エージェントは米メディアに対し、ウッズ選手が脚に複数のけがをし、現在手術を受けていることを明らかにした。


エージェントはウッズ選手について、「現在手術中だ。プライバシーを尊重しながら応援してくれればありがたい」と話している。



事故は起伏のあるパロスベルデス(Palos Verdes)半島の急坂を下りきったところで起こった。坂を下っている途中で暴走したトラックが逃げ込める緊急脱出レーンもある道で、死亡事故が何件も発生しており、危険なことで有名な場所だった。


保安官事務所は地元テレビ局に対し、「ものすごくスピードが出やすい急勾配の道で、彼は事故当時、坂を下っていた」と話した。



別の保安官はその後、「彼はやりとりができた。意識はあった」とした上で、「事故の結果として深刻な状態にあった」と話し、「現時点では健康を損なっていた証拠はない」としている。


ほかの車は事故に巻き込まれなかった。


ウッズが運転の現代車GV80。


米国の「ゴルフ皇帝」タイガーウッズが23日(現地時間)、交通事故を起こした当時、現代自動車SUV「ジェネシスGV80」を運転していたという事実が大きな関心を集めている。FOXニュースビジネスやUSAトゥデイなど現地メディアは、ウッズが運転していた車の状態について詳しく伝えた。


現地の報道によると、ウッズは先週末、現代車の後援で開催された米プロゴルフ(PGA)ジェネシスインビテーショナル大会の主催者として行事に参加した。ウッズはロサンゼルスに滞在中、現代車からGV80を借りて使用した。GV80は現代車の高級ブランド「ジェネシス」の名前で販売された最初のSUV。エアバッグ10個と居眠り警報、障害物衝突を防ぐ安全機能などを備えている。


ウッズはこの日午前7時15分ごろ、ロサンゼルス郊外のランチョ・パロス・ベルデスを一人で運転中、事故を起こした。車は道路脇の斜面を転落して大破した。消防署員はフロントガラスを外してウッズを救出した。ウッズは脚に複数のけがを負った。事故の原因は伝えられていない。


タイヤのバーストじゃないかと噂になっていた。事故時にドアが開かなくなるのはおかしい、座席スペースの強度に問題があるんじゃないかとも言われていた。


警察は「ウッズは事故後、救助隊員と言葉を交わすなど意識はあった」とし「エアバッグが作動し、車の内部は毀損していなかった」と伝えた。


当局はウッズがスピードを出し、中央分離帯を越える前に車両の制御をできない状況だったと説明した。まだ採血していないが、飲酒や薬物投与などの状況は見られないと明らかにした。


ジェネシス側は「ウッズが事故当時に運転していた車がGV80であることは間違いない」とし、ウッズの快癒を祈った。

Share:

イラン「韓国が凍結資金を無制限に使用可能と言った」…ier

 イラン政府によれば、駐イランの韓国大使が凍結されている70億ドルの資金を無制限で使用できると話したそうだ。上限ラインや制限はないらしく、今すぐに70億ドルを引き出せることで合意したものと思われる。水面下の合意事項を公開されてしまったのは計算外だったろうが。



韓国船舶「韓国ケミ号」と船長を抑留中のイランが、韓国都市銀行に凍結されている資金の問題が解決されたと明らかにした。


イラン官営メディアは22日夜、一斉に「イラン中央銀行のアブドルナーセル・ヘンマティー総裁が韓国の要請でテヘランの韓国大使館でユ・ジョンヒョン大使に会い、凍結資金の移転および使用方案に合意した」と伝えた。特にユ大使が「韓国政府はイランの凍結資金を移転するためのすべての措置を取る準備ができていて、上限ラインや制限はない(no cap or limitations)」と話したと強調した。


◆イラン「韓国、資金無制限移転を提案」


だが、これは事実と異なるというのが韓国外交部の説明だ。凍結資産約70億ドル(約7350億円)のうちの一部をイランの国連分担金未納分代納と人道的目的に使おうという従来の協議案から変わっていないということだ。韓国政府はこの他に「スイス人道貿易協定(SHTA)」を活用する方案も継続して検討している。22日、ヘンマティー総裁とユ大使の面談ではイランがこのような韓国の提案に同意しただけで、イランが明らかにしたように凍結資金を自由に持っていくことができるといった合意はなかったと外交部は伝えた。外交部当局者は「イランの主張には重要な前提が抜けている。国連分担金や人道的目的の使用はもちろん、スイスの口座への送金問題は、特に米国とまず合意に達してこそ実行に移すことができるという問題がある点」と話した。米国の制裁のために凍結された資金なので、例外的に許される「人道的な使用」のためであっても、結局米国が同意しなければ話は前に進まないということだ。



結局、手続き上の技術的問題が依然として残っているといえる。国連分担金の場合、最近国連と米国の承認を受けたので実際に納付さえすればよい状況だったが、イラン側が終盤に「お金が米国を経由するべきではない」と立場を変えて一度失敗に終わったという。


◆イラン、隙さえ見せれば交渉状況をわい曲


外交部の説明通りなら、イランの発表は「フェイクニュース」に近い。船舶および船員の抑留以降、イランはこのような形の言論プレーを継続してきた。韓国が救急車の提供を提案して断ったとか、凍結資金の利子を受け取ることにしたとかいう形で事実とは異なる発表を繰り返した。


結局、これはイランの切迫した状況を反映しているのではないかという分析が外交界では出ている。船舶の抑留理由は環境汚染ということだったが、まだこれを立証する証拠は一つも出せずにいる中で、十分な交渉力向上の手段もないためだ。イランは抑留は純粋に法的かつ技術的な問題で、凍結資金とは関係ないと主張しているが、結局は凍結資金解除問題で進展を図ろうというのがイランの本音だと判断せざるを得ない状況だ。



特に制裁で経済難が深刻化し、船舶拿捕を主導したイラン革命防衛隊に対する民心も悪化する中で、核合意復帰をめぐって米国と談判を行わなければならないところから来る圧迫感が、このような形の言論プレーとして表に現れているのではないかという指摘だ。

Share:

英報道、「文在寅の主張が大嘘だ」m

 韓国文在寅によればアストラゼネカは効果がないから接種するのは実験対象も同然だそうだが、当の英国が報道でその主張を否定することになった。ファイザーよりも入院リスクを多く減らすことができたそうだ。変異種への効果については記載がなかったものの、これで文在寅がワクチンを断る理由が消滅した形となる。



世界で最初に大規模なアストラゼネカワクチン接種を開始した英国では、このワクチンがファイザーのワクチンよりも入院のリスクを下げた。


スコットランドでは、アストラゼネカワクチンを接種した人々の入院リスクは最大94%まで、ファイザーワクチンは85%まで減少した。さらに、これは1回の接種のみの結果であり、1回でもできるだけ多くの人々がワクチン接種を受けなければならないという主張に力を与えた。


22日、英国のザ・タイムズによると、エジンバラ大学とイギリスの公衆衛生当局は、これまでに実施した国民への接種の結果を比較分析した。



アストラゼネカのワクチンを1回接種した人と、接種していない人を4週間後に、またファイザーのワクチンを接種した人と接種していない人を接種後28日〜34日の間にそれぞれの分析し、このような結果が出た。


今回の結果によると、アストラゼネカがファイザーに比べて入院が必要な程度の重症への効果がより高い。さらに、両方のワクチンと1回のみの接種の結果であるため、1回でも効果が非常に高いということだ。2つのワクチンの効果を合わせると、重症となる危険性が高い80歳以上の入院リスクも81%減少する結果となった。


今回の研究を進めたエジンバラ大学のアジズ・シェイク研究所所長は「この結果には非常に勇気づけられる」とし「私たちは、今、全世界での予防接種が人々をコロナから守るという国家的な証拠を確保した」と強調した。



研究者らは、昨年12月8日から2月15日の間のデータを調査した。この期間中に、スコットランドの人口の21%である114万人がワクチンを受けた。ファイザーのワクチンを約65万人が接種し、49万人がオックスフォード大学とアストラゼネカが開発したワクチンを接種した。


ニューヨークタイムズ(NYT)は、今回の研究は実際に接種が始まってから初めて行われた研究結果だとしながら、「コロナワクチンが意図どおりに効果を出している強力な証拠だ」と述べた。この日、英国政府はこの研究の結果を踏まえ、これまでの全面ロックダウンを来月から段階的に緩和することを決めた。



これで文在寅は効果なしと無碍に断れなくなった。


英国の報道によればね。変異種に関する記述がなかったのがやや気になるが、入院のリスクについてはファイザーよりもいい成果が出ているそうだ。これで効果がないと無碍にするのは難しくなった。

Share:

ソウル中心部ガラッガラ、半分以上倒産…繁華街中心部の5階建てビルもガラ空き

 韓国ソウルの繁華街で空き店舗が急増しているという。路面店のうち半分が空き店舗となっていて、ユニクロなどの大型テナントも次々と撤退しているようだ。厳しめのコロナ感染対策が一向に効果を見せていないことが理由だ。中国や香港のように地区封鎖で封じ込めるわけでもなし、日米のようにある程度の自由を許容するでもなし。文在寅の中途半端なやり方とK防疫とやらへの慢心が招いた結果と言えるだろう。



観光名所の明洞(ミョンドン)、梨泰院(イテウォン)、大学街の新村(シンチョン)、梨大(イデ)などソウルの主要商圏が崩壊している。外国人観光客の減少により冷え込む状況に加え1年にわたり続く新型コロナウイルスの流行で韓国人の足まで途絶えた。通りに面した1階の商店の半分は空室で、数億ウォンした権利金は0ウォンに落ちた。廃業費用も数千万ウォンに達し、一部自営業者は無期限休業に入った。


韓国経済新聞の記者らが19日に訪ねた明洞、梨泰院、新村・梨大商圏は営業している店舗より閉店しているところが多かった。明洞商圏入口である明洞2街のヌーンスクエアから地下鉄4号線明洞駅まで500メートルの通りにある路面店67店のうち休業していたり空室になっているところは半分を超える34店に達した。高い賃貸料でも「象徴性」という理由から明洞に進出したユニクロやH&Mなど海外アパレル店舗は昨年相次ぎ撤退した。「ソウル未来遺産」に登録された50年の老舗の全州中央会館も昨年7月に閉店した。


昨年あるクラブで新型コロナウイルス感染者が大量に発生した梨泰院は、500メートルの世界飲食文化通り沿いの路面店36店のうち休廃業したところは16店だった。非対面授業で学生が減った梨花(イファ)女子大学前も200メートルの通りに面した店舗57店のうち47店が廃業や休業していた。地下鉄2号線新村駅近くで214平方メートル規模のカラオケ店を運営するパク・ジンシルさんは、「新型コロナウイルス流行後にできた負債だけで1億ウォン。売り上げをすべて合わせても固定費が支払えない状況で、夫が配達のバイトをして家賃の一部を出している」と話す。



◇江南のビヤホール、月売り上げ3000万ウォンから550万ウォンに…梨大前の店8割が休業


19日午後2時のソウル・明洞。商圏入口である明洞2街のヌーンスクエア前に立つと閉店している店舗が6店見えた。壁には「賃貸問い合わせ」「臨時休業」と書かれた案内文が貼られていた。繁華街である明洞8キルにも空き店舗が多かった。地下鉄4号線明洞駅までの500メートルにある路面店67店のうち34店は空室か休業中だった。明洞8キルの真ん中にある5階建てのビルはまるごと空いていた。


4フロア規模のアパレル店を訪れる客は3~4人、向かいの化粧品店2店には客がおらずスタッフが1人ずついるだけだった。営業中の露天商は3店にとどまった。1人でアパレル店の番をするオーナーは、「新型コロナウイルス前より売り上げが90%以上減った。通りが復活するだろうという期待まで引っ込んだ」と話した。



◇観光客急減で明洞の通りはガラガラ


明洞、梨泰院、新村などソウルの主要商圏は2~3年前から下り坂を歩んでいた。オンライン取引の増加で客はますます減り、商圏を支えていた中国人観光客まで急減したためだ。新型コロナウイルスはこのように崖っぷちに立っていた自営業者を崖の下に突き落とした。1年近く続いた防疫指針で流動人口が大きく減少した上に、集合禁止など営業制限も受けた。


明洞商圏は新型コロナウイルスで観光客が途絶え衰退がさらに速く進んでいる。企画財政部によると、先月韓国を訪れた中国人観光客は前年比98.5%減った。観光客が主に訪れる化粧品店とアパレル店の廃業が増えた理由だ。韓国不動産院によると昨年10-12月期に明洞の3フロア以上または延べ面積330平方メートル以上の中大型店舗の空室率は22.3%で、前年同期の8.9%から2.5倍近く増えた。


明洞駅8番出口前にあるビルはユニクロ明洞中央店が先月31日に閉店してから1~4階が空いている。ここは韓国で最も大きい4フロア3729平方メートル規模のユニクロ店舗だったところで、2011年のオープン初日に売り上げ20億ウォンを記録した。スウェーデンのファッションブランドH&Mの韓国1号店である明洞ヌーンスクエア店も開店から10年が過ぎた昨年11月に閉店した。



◇1億ウォン台の権利金は「無権利金」に


居酒屋やクラブなどが集まっている梨泰院商圏も同じだった。この日午後6時ごろ、ハミルトンホテル裏の世界飲食文化通り沿い500メートルで路面店36店のうち休業または廃業した店は16店に上った。あるイタリアンレストランではテーブル15卓のうち2卓だけに客がいた。


梨泰院は昨年5月にあるクラブで新型コロナウイルスの集団感染が発生してから人々の足が途絶えた。8カ月ほど遊興施設に下された集合禁止命令も直撃弾になった。これまで梨泰院はラウンジパブとクラブなど遊興施設を中心に商圏を守ってきた。



20年間で貯めた9億ウォンをかけて2018年に梨泰院でラウンジパブを開いたファンさんは新型コロナウイルス前には月間売り上げが6000万ウォンに達した。だがオープン後にまともに営業できた期間は1年ほどにすぎなかった。その後は集合禁止命令と夜10時以降の営業禁止により事実上閉店しなければならなかった。営業していた期間も1カ月の売り上げは1000万ウォンを超えることがなかった。ファンさんは「賃貸料や電気料金など固定費だけで3500万ウォンかかるのに赤字が累積して18人いたスタッフも全員辞めてもらった。再オープンしても午後10時までしか営業できず、再オープンするか苦心している」と話した。


梨泰院のある不動産には路面店を無権利金で貸し出すという案内文が掲げられていた。ある食堂オーナーは「人々が怖がって梨泰院に来ない。この状態であと3カ月すればほとんどすべての商人が持ちこたえられず出て行くだろう」と話した。


◇大学・ビジネス商圏も人波途絶える


ソウルの代表的大学街商圏である新村・梨大も閑散としている様子だった。大学の授業が非対面に変わり訪れる学生が減ったためだ。この日梨大正門から京義中央線新村駅に続く200メートルの通りでは路面店57店のうち10店だけが営業していた。30店には「賃貸問い合わせ」と掲げられ、4店には休業案内文が貼られていた。残り13店は鉄の扉で閉ざされていた。新型コロナウイルス流行前の昨年のこの時期に新入生会合やミーティングなどで賑わっていた延世大学周辺も荒涼としていた。


梨大前で粉食店を運営するパク・チュンヒさんは、「1997年の開業から24年で初めて廃業を悩んでいる」と話した。新型コロナウイルスで授業が非対面に変わり店を訪れる学生は減り、売り上げも60%以上減少した。パクさんは「2014年から7年据え置いてきたキムチチャーハンの値段(6000ウォン)まで上げなければならないが悩ましい。いつか状況が良くなるだろうというには70歳を超えた年齢では心もとない」と吐露した。


2014年に1億ウォン以上の権利金を払って66平方メートル規模の靴店を開いたチョンさんは「毎日毎日契約期間だけは持ちこたえようという心情で生きている。コロナ以前には1日70~80足を売ったがいまは1足も売れない時が多い」と話した。


会社員が多い江南(カンナム)と光化門(クァンファムン)は他の商圏に比べ状況は相対的に良いが、ここもやはり空室が増加している。韓国不動産院の統計を見ると、光化門の中大型店舗の空室率は15.3%で前年同期の3.7%より4倍以上に増えた。江南大路の中大型店舗空室率は4.05%から8.70%に上昇した。地下鉄3号線良才(ヤンジェ)駅近くで4年にわたりビヤホールを運営するイ・チャンホさんは「先月スタッフ5人のうち4人に辞めてもらった。コロナ前に平均3000万ウォンだった月間売り上げは1カ月の賃貸料628万ウォンにも満たない550万ウォンに減った」と話した。

Share:

トランプ絶体絶命…トランプ氏納税記録、米最高裁が検察への開示認めるnico

 弾劾裁判を無罪で切り抜けたとしても、すべての罰から逃れられるわけではないようだ。このほど連邦最高裁がトランプの納税申告書などの財務記録を開示するよう命じた。去年7月と同じ判断を示した形になるが、今回は弁護側の異議申し立てを却下したわけだ。これでトランプが刑事訴追の対象になる可能性も出てきてしまった。



米ニューヨーク州検察当局がドナルド・トランプ(Donald Trump)前大統領の納税記録開示を求めた訴訟で、米連邦最高裁は22日、トランプ氏側の訴えを退け、検察への開示を認めた。


訴訟は、ニューヨーク・マンハッタン(Manhattan)地区のサイラス・バンス(Cyrus Vance)検事がトランプ氏の会計事務所マザーズUSA(Mazars USA)に対して出した、トランプ氏の納税記録提出を求める召喚状に関連したもの。検察側はトランプ氏の財務に関する捜査の一環として、2011年以降の納税記録8年分の開示を求める法廷闘争を数か月にわたり続けていた。最高裁は、開示回避を目指した弁護団の訴えをコメントなしで退けた。



バンス検事の捜査は当初、ポルノ女優のストーミー・ダニエルズ(Stormy Daniels)さんら、トランプ氏と不倫関係にあったと主張する女性2人に対し2016年の大統領選以前に行われた支払いに焦点が置かれていた。だが捜査の対象はその後、脱税や保険・銀行詐欺の疑いにも拡大。トランプ氏はこの捜査を「米国史上最悪の魔女狩り」と呼んでいた。


最高裁は昨年7月、現職大統領は刑事訴追から免責されると主張したトランプ氏側の訴えを退けた。弁護団はその後、開示請求書類が広範すぎるとして異議を申し立てていた。


一方、トランプ元大統領の訴訟、「親友」ジュリアーニ元市長もトランプ氏から手を引く。



トランプ元大統領に対する民事・刑事上の訴訟が山積している中、長い間個人弁護士として共に行動してきたルドルフ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長が、これ以上法的紛争に関与しないことにしたことが分かった。


ジュリアーニ元市長はトランプ元大統領の選挙結果を覆し、電子開票機会社から数兆ウォン台の損害賠償訴訟を起こされたこともある人物だ。


16日(現地時間)CNNによると、トランプ元大統領の首席顧問ジェイソン・ミラー氏はこの日、CNNとのインタビューで「ジュリアーニ元市長はこれ以上どんな法的紛争でもトランプ大統領の代理をしていない」と述べた。



ミラー氏は自分のツイッターにも「ジュリアーニ氏が同盟であり友人として残ることとなった」とし「これ以上トランプ大統領が関与した未決事件がないためだ」とも書き込んだ。


しかし現在、トランプ元大統領は民事・刑事上訴訟と検察の捜査を控えている。


トランプ元大統領は、先月6日に知人に議会乱入事態を扇動した容疑で起訴されるのではないかと不安を示してきたが、自分の弾劾案が下院に提出されると憤り、ジュリアーニ氏の弁護士費用の支払いを中止するよう指示したが、側近らが指示に従ったかどうかは不確かだと、CNNは報じた。

Share:

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ