Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

五輪BMXで信じられない事故...審判員がコース侵入、激突で選手のひざを負傷した

 東京五輪自転車競技・BMXレーシングに出場しているオランダの男子選手が、アクシデントに見舞われた。 



練習中にコース内に侵入した審判員と衝突し、ひざを負傷した。東京五輪・パラリンピック大会組織委員会はJ-CASTニュースの取材に非を認め、再発防止に努めるとした。 


BMXレーシングは29、30日に有明アーバンスポーツパーク(東京都江東区)で行われる。男子はリオデジャネイロ五輪で金メダルに輝いたコナー・フィールズ選手(米国)が連覇を狙う。 


試合を直前に控えた26日、メダル有力候補のニック・キンマン選手(オランダ)がツイッターに「これが今日起こったことです」として11秒の動画を投稿した。 



試合会場で、キンマン選手ともう一人の選手がコースを疾走している様子が映っている。連続するこぶを超えた後、キンマン選手がなぜかコース上にいた人物に衝突した。 


キンマン選手は「2本目の直線を渡っていたオフィシャルスタッフにぶつかってしまいました。そのスタッフが無事であることを祈っています。膝が痛いですが、木曜日には間に合うようベストを尽くします。メッセージありがとうございます」と書き込んでいる。 


動画は複数の海外メディアが報じ、国内外で波紋を広げている。 



米インサイダーは、「金メダルを期待されたBMXライダーが、トラックを横切って走ってきたまずいオフィシャルスタッフと衝突し、五輪が終わってしまうかもしれない」。


米ニューヨーク・ポストは、「これは確実に避けることができた怪我のひとつだ」。


ニュージーランド・ヘラルドは、「ファンの間では、なぜオフィシャルスタッフがコース上にいたのか困惑が広がっている」。


オランダ公共放送(NOS)によれば、キンマン選手は膝蓋骨を損傷し、鎮痛剤を飲んで試合に臨むと伝えている。



組織委「このような事故がおきたことは大変残念」


大会組織委員会広報部は29日、J-CASTニュースの取材に、当該スタッフは国際審判員だったと明かした。不注意によりコースに侵入してしまったという。 


「事前の安全配慮は最大限行っていたが、このような事故がおきたことは大変残念であり、今後このようなことがないように、改めて国際審判員を含む関係各者による今回の件に関してのブリーフィングを実施しており、注意喚起は今後も続け、再発防止に努める」 


キンマン選手は29日の準々決勝を通過し、30日の準決勝(決勝)に臨む。


とんでもない事が起きてしまいましたね。横断歩道の無い道路を横断する歩行者然で、間の抜けた話です。



この日のためにトレーニングを積んできたアスリートが、審判員の不注意で負傷するなどあってはならないこと。


再発防止というより、そもそも危険なのだから禁止事項にするべきことは明白です。


再発防止を講じるのは最低限の当たり前のことで、なぜそうなったのかきちんと経過を説明しないと納得しないでしょ。メダル候補とかもあるけど、選手生命も脅かすような事故。

Share:

大谷翔平、2試合連発の弾丸37号は打球速度182キロ…メジャーのレジェンドも大谷を称賛

大谷翔平、2試合連発の弾丸37号は打球速度182キロ 2位ゲレロJr.についに5本差のキング独走 見えた年間60発 打点でもトップに1差



エンゼルス大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場し、4回2死一、二塁から両リーグトップを独走する2試合連続の37号3ランを放った。これで2位のゲレロJr.(ブルージェイズ)との差は、ついに5本差まで広がった。年間ペースでも59.3本と、メジャーでも過去に5人(8度)しか記録していない年間60本の達成も、いよいよ夢ではなくなってきた。


オールスター明けの6試合で14三振を喫するなど一時的なスランプに陥った大谷だが、23日(日本時間の24日)の完全オフをきっかけに、状態が急上昇。休養後の4試合では15打数6安打2本塁打、打率.400と打ちまくっている。変化球中心の組み立てに苦しむ中でも、甘く入って来た時は逃さずスタンドに放り込むスイングで相手投手にプレッシャーを与え続けている。この日も第1打席から鋭い打球で一、二塁間を抜くライト前ヒットで出塁。5試合連続安打を記録していた。



第2打席を四球で歩き迎えた第3打席、カウント2-1から外寄りのボールに長い手を伸ばして強振すると、打球速度は113.1マイル(約182キロ)の弾丸ライナーで、あっという間にライトスタンドに飛び込んだ。


チーム101試合目での37本は、年間162試合で換算すると59.3本という超ハイペース。長いメジャーの歴史でも5人(計8度)しか達成していない年間60本に再び近づいてきた。60本達成は、2001年のボンズ(ジャイアンツ=73本)、ソーサ(カブス=64)以来、20年ぶりの快挙となる。



この一発で、本塁打王としてはさらに独走状態を築いたが、打点王争いにもいよいよ参戦。82打点でトップのディバース(レッドソックス)に迫る81打点とトップと1差に。投打二刀流ながら打撃二冠という、前代未聞の快挙に向けて突き進んでいる。


日本時間の7月28日、本拠地アナハイムで行われたコロラド・ロッキーズ戦に「2番・DH」で先発出場し、第3打席で両リーグトップの36号の2ランホームランを放った。


投手として登板した翌日の試合での豪快な1発にファンから歓喜の声が上がる中、メジャーリーグのレジェンドからのコメントの、「ある表現」が話題となっている。



前日に「投手」で出場も、疲れを見せない豪快な1発


この試合、大谷選手は2打席凡退していたが、5回に回ってきた第3打席で6球目の甘い変化球を捉え、豪快な一発をスタンドに叩き込んだ。


打球は463フィート(約141メートル)という飛距離で、MLB公式もそのパワフルな打撃を驚きをもって紹介した。


前日の試合では投手として登板し、7回を5奪三振無四球、5安打1失点と好投し自身メジャー自己最多となる5勝目をあげたばかりだった。



Twitterでは「オールスター明けちょっと疲れが見えていたけど、またホームラン量産体制に入るかな」「前日投げていて翌日このホームラン。ほんと凄すぎる」などと声が上がっていた。


メジャーのレジェンドも大谷を称賛。その言葉とは?


大谷選手の活躍には、メジャーリーグのレジェンドも舌を巻く。


エンゼルスの試合中継を担う放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」は、かつてボストン・レッドソックスなどに在籍し、日本の独立リーグの四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドックスでもプレーしたマニー・ラミレス選手のコメントを紹介。



ラミレス選手は大谷選手について「あの男は火星人だ。彼は違う惑星から来たのだ。彼はパワーを携えてヒット(ホームラン)を打てるし、157キロで(投手としてボールを)投げる。彼はチェンジアップ、カーブ、スライダーと変化球も持ちあわせている。私たちは、この現象を目の当たりに出来ていることを神に感謝しなければならない」とコメントしている。


「違う惑星」「火星人」との独特な表現で、大谷選手を最大限に称賛していた。

Share:

卓球水谷、体操橋本も被害…選手へのSNS中傷相次ぐ!共通しているのは、中国選手を破

 東京五輪で快進撃が続く日本勢だが、選手のインターネット交流サイト(SNS)アカウントには、応援や賛辞以外に、一方的に誹謗(ひぼう)中傷する内容も国内外から書き込まれている。



過去には中傷が深刻な事態を招いたケースもあり、対策は急務だ。


卓球混合ダブルス決勝で中国を破り、金メダルに輝いた水谷隼選手は28日に自身のツイッターを更新し、「とある国」から「くたばれ」「消えろ」などと書かれたダイレクトメッセージが相次いでいると告白。「俺の心には1ミリもダメージない」「それだけ世界中を熱くさせたのかと思うと嬉しいよ」と投稿した。ファンから心配の声が寄せられ、その後ツイートは削除された。



体操男子個人総合で金メダルに輝いた橋本大輝選手、サーフィン男子銀メダルの五十嵐カノア選手もターゲットとなり、インスタグラムには競技直後から攻撃的な投稿が殺到。多くは海外のアカウントからとみられ、採点への不満などを書き込んでいた。


徳間書店は、業務委託をしていた編集者による「人権侵害を伴う不適切な投稿」があったと公表。この編集者はテニスの大坂なおみ選手が敗退したことについての差別的な投稿が問題視され、ツイッター上で批判が集まっていた。



選手に対する心ない投稿は、五輪開幕前から続いている。競泳の池江璃花子選手は今年5月、出場辞退や開催反対を表明するよう求めるコメントがSNSで寄せられているとツイート。「非常に心を痛めたメッセージもありました。(そうした気持ちを)選手個人に当てるのはとても苦しい」とつづり、社会に大きな波紋を広げた。


水谷、橋本両選手に共通しているのは、中国選手を破って金メダルをとっていることです。


また、どちらも中国メディアが「採点がおかしい」(水谷選手はボールの扱い、橋本選手は跳馬の特典)と報じ、中国のSNSでトレンド入りし、日本人選手への攻撃が殺到しています。



あまりに感情的なためか、当の銀メダルの選手がSNSで沈静化を図る投稿をしたり、テレビで「相手が強かった」と発言しています。


五輪に限らず、ワールドカップなど、中国メディア・国民の勝ち負けへの関心はすさまじく(自国が出てなくても、「なぜ中国は出られないのか」と盛り上がる)、あと一歩で金という状況が、限度を超えた状況を生み出しています。


中国はメンツを気にする国だし、こうやって海外で報道されたら、当局が動きそうですけどね。



SNSによる誹謗中傷は、そのすべてが違法ではありませんが、例えば「殺す」「懲らしめる」「天誅を」などの投稿は、犯罪予告とみなされ逮捕される場合があります。また「所属チームの連絡先はココ」「電話で抗議しよう」といった投稿により、相手側の業務に支障を与えれば、業務妨害として法的な責任を問われる可能性もあります。


また多くの方が「ネットは匿名」と誤解していますが、犯罪関連はもちろん、個人でも、手続きを経てそれが認められれば、相手の身元照会は可能です。



表現の自由とは、何を言ってもよい、何を書いても許される、ではありません。「何を言っても、何を書いて自由だけど、その責任は全部あなたが背負う」。これが表現の自由です。どちらかと言えば「表現の責任」に近いでしょう。


モラルや品性は人それぞれですが、SNSは投稿者本人の「本当の姿」が丸見えになる道具だということを、皆が認識して使うべきです。



匿名であれば誰かわからない、問題ないと誹謗中傷を行う人がいますが、必ずわかります。ネットにもそれぞれに住所がありますので直ぐに判明します。


内容が名誉毀損や脅迫などに当たれば、突然逮捕されるかもしれません。その時は社会的地位や家族からの信頼も失うかもしれず、覚悟をして発言して下さい。言論の自由は法律内の事です

Share:

「クレイジーだ」中国メディアが伊藤美誠の“ラブゲーム未遂”を批判…「反則だ」ito

 7月28日に行なわれた東京五輪の卓球競技女子シングルス準々決勝で、日本の伊藤美誠はチョン・ジヒと激突。韓国のエースを相手に力の差を見せつけ、ゲームカウント4-0とストレート勝ちを収めた。



この日の伊藤は絶好調で、試合の主導権を終始握り続けたが、とりわけ圧巻だったのは第2ゲーム。開始から10連続ポイントを奪うと、そのまま相手を0に封じて勝利すべく、続くプレーでは強烈なバックハンドをお見舞い。これは惜しくもアウトとなるも、11-1と難敵をほぼ完璧に抑え込んでみせた。


卓球では“ラブゲーム”、つまり相手を0ポイントに封じてセットを取ることは、礼節を欠く行為としてマナー違反とされている。前述した伊藤の第2ゲームも未遂にはなったものの、11-0を狙った伊藤はこれに則れば“マナー違反”となるわけだが、彼女をバッシングする日本のファンは皆無に近く、むしろ常に全力プレーを貫く姿に好感を持った人が大半だった。



しかし、この伊藤のプレーにかみついたのが、卓球を国技とする中国。同国のスポーツメディア『網易体育』は「クレイジー!伊藤が韓国のエースを叩きのめし不遜な発言『これが私のスタイル』」と見出しを打ち、10-0の状況でも全力でポイントを取りに行ったことについて批判。さらに「伊藤が6分の間容赦なく攻撃し続け、11-1。人間らしさがまったくない」とまで書き連ねた。


卓球が国技だからこそ、伝統を重んじているのだろう。ただ一方で、真剣勝負のさなかに手を抜き、相手にわざとポイントを与えることの方が敬意を欠くプレーだという意見が聞こえてくるのも事実だ。卓球というスポーツが日々進化するなかで、中国と日本の”常識”に、いささか違いが生まれているのかもしれない。



わざと相手に点を与えることこそ礼節を欠く行為だとして私は何年来批判してきた。2019年1月にその意見が中国のスポーツメディア『新浪体育』に取り上げられ大論争に発展した。意外にもそこでのユーザーの大半が私を指示するものだった。その3ヶ月後の世界選手権で、中国卓球協会会長の劉国梁氏が「いかなるときも全力を尽くすこと」を選手に指示し、劉詩ブンが女子シングルス準決勝と決勝の二試合続けて11-0を敢行した。劉詩ブンは試合後に「これが相手とゲームを尊重することです」と語った。これ以降、わざとミスをする奇習は卓球界から消えた。完封回避マナーはもはや存在していない。今回『網易体育』が伊藤を本気で批判しているのか、ある種の刺激的な賞賛表現なのかわからないが、本気だとすれば、そのまま劉詩ブンにも向けられなくてはならない。さもなくば単に耳目を集めたかっただけだろう。メディアは話題になれば「勝ち」なのだろうから。


一方、卓球王国・中国に衝撃走る。水谷・伊藤ペア金メダルに賛否「尊敬すべき相手」「反則だ」



これまでオリンピックで28個の金メダルを獲得するなど、この競技を独壇場としてきた中国では衝撃が走っている。


中国からは許キン(きょ・きん)・劉詩ブン(りゅう・しぶん)組が決勝に臨むと、SNS・ウェイボーではトレンドのトップを占めた。ゲームカウント4-3で日本の水谷・伊藤ペアが中国を下すと、話題はさらに沸騰した。



敗れた中国ペアに「大丈夫だ、あなたたちは私たちの英雄だ」などと励ます声が多く見られた。一方で、今大会では感染対策のため禁じられている、ボールに息を吹きかける行為を水谷選手が行なったとして、試合結果に異議を申し立てるハッシュタグもトレンド入り。拡散された投稿には、4万近いコメントが付けられている。


一方でこの中にも、「実際、試合自体は素晴らしかった」「最終セットはあれだけ点差が離れていた。勝ち負けには関係ない」などと指摘する声も見られた。また、ポータルサイト「新浪」は「尊敬すべき対戦相手。日本チームおめでとう」と祝福した。



中国メディアもこぞってこの結果を報道している。中国新聞網は、今大会から実施競技に加わった混合ダブルスは中国が「戦略的に放棄」していた分野だったと指摘。「最も獲得しづらい金だった」としたうえで、中国勢が圧倒的だった卓球において、日本勢が東京大会を契機に組み込んだ「突破口」だったと分析した。


そして、「日本側が混合ダブルスを大会実施競技に積極的に推薦した時点で、今回の日中対決のシナリオは書きあがっていたのかもしれない」とした。


また毎日経済新聞は日本チームについて「ここ数年の成長はめざましく、今大会ではホームの利も得て、各試合で中国勢の脅威となるだけの能力を備える」と分析した。

Share:

金メダル候補・桃田賢斗が韓国選手に敗れ…前哨戦で格下相手に敗退ken

 男子シングルスの1次リーグで、世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)は、世界38位の許コウ熈(韓国)に15―21、19―21のストレートで屈し、1勝1敗の2位で1次リーグを終戦。2戦全勝の許が首位で突破し、桃田は1次リーグで五輪から姿を消すまさかの結末となった。桃田は第1ゲームから相手の強打に手を焼き、6点差で落とした。第2ゲームはリードして11点に到達したが、終盤に競り負けた。



桃田は、当時世界ランク2位だった16年リオ五輪で金メダル候補として期待されていたが、自身の違法賭博問題で出場できず。今大会は「恩返し」の大会として位置づけ、初五輪を迎えていた。昨年1月にはマレーシア遠征中の交通事故で右眼窩底を骨折。シャトルが二重に見える症状が出て、手術。一時は「もう頑張ったし、やりきったからいいんじゃないか」と現役引退も考えた中で、気持ちを立て直して舞い戻った。


世界ランク1位で臨んだ今大会。優勝候補として、全ての選手から警戒される存在としての苦しさもあった。伸び伸びとプレーする世界38位の勢いの前に、桃田の五輪制覇への夢はついえた。



桃田賢斗「試合の入りはよかったけど、途中から引いてしまった。そこのメンタルの持ち方が自信を持てずに、プレーできなかった。(相手の)流れを止めれなくなってしまって、自分でもどうしていいかわからず、1ゲーム目終わってしまって、その流れのまま相手に、いい勢いのままプレーされて、最後まで苦しい展開だった。悔いはないかって言われたら、そうではないけど、このコートに立つまでに、いろんな人に支えてもらった。苦しかったですけど、やり切ったかなと思う」



自身の過去についてこう振り返っている。


「この5年間を振り返ると正直、五輪に出場できないのではないかと思うこともあった」



違法カジノに手を染めて資格停止処分、2016年リオ五輪への出場が絶たれた。その後も不運に見舞われ、20年1月のマレーシア遠征では交通事故に巻き込まれ全身打撲、右眼窩底(がんかてい)骨折などの重傷を負い、一時は選手生命の危機に。同年12月の全日本総合選手権で戦列復帰を果たし、世界ランキング1位をキープし続けたが、今年1月には新型コロナウイルスへの感染が判明。本人も含めた日本代表は予定していたタイでの国際大会への出場辞退を余儀なくされた。


■前哨戦で格下相手に敗退


五輪、世界選手権に次ぐ格付けで、東京大会の前哨戦と位置付けられた今年3月の全英オープンでは、準々決勝で当時世界10位のリー・ジージャ(マレーシア)にストレート負け。五輪本番に向けて不安を残した。しかし、この敗戦が桃田には薬になったという。



長らく世界ランク1位をキープし続けた慢心もあり、自分が得意とする「ディフェンス中心の試合運びをすれば勝てる」とたかをくくっていたからだ。五輪が1年延期されて桃田同様、海外勢も強化する時間が増えた。昨年はコロナ禍で国際大会が中止となり、トップ選手の多くは技術向上に努め、同時に徹底して桃田対策に励んできた。


■「桃田の技術は突出している」


バドミントン関係者は、「海外勢のレベルアップを痛感させられ、王者としての自信を失った全英オープンでの敗戦が桃田には相当、ショックだったといいます。全英後は、冷静に自身と向き合い、ライバルのプレーを分析するようになった。ライバルたちは実力を付けているとはいえ、桃田の技術は突出している。本番では相手を甘く見ることなく実力を発揮できれば、金メダルは間違いない」


一度は諦めかけた5年越しの夢舞台で頂点に立てるか。

Share:

韓国選手、ぼろぼろな段ボールベッドの映像投稿「一週間だけ耐えてくれ」…もしかしてわざと壊した?109

 「2020年東京オリンピック」重量挙げ109kg級に出場する韓国代表のチン・ユンソン選手が壊れた段ボールベッドを公開した。



チン・ユンソンは去る27日、SNSを通して「一週間だけさらに耐えてくれ…試合までは」という文言と共に映像を投稿した。


映像には壊れかけた段ボールベッドを触る姿が映し出されている。



これを見たネットユーザーらは「はやく交換したほうが…」、「もっと頑丈に作ってほしい」、「呆れてものが言えない」などの反応を見せた。


200kgまで耐えられると伝えられていた段ボールベッドだが、それに対する物議は途絶えていないようすだ。


西洋の選手たちも「床で寝る練習をしなければ」などと不満を漏らし、座ってすぐに崩れたベッドの状況を投稿している。



他の海外の選手のSNSでは2人でベッドに座って飛び跳ねていても全然壊れなかったけどね。もしかしてわざと壊した?


一方、男子アーチェリー韓国最年長選手の提案で実現したメダリストたちの「セルカ(自撮り)撮影」。カメラに向けられた日本・韓国・台湾の選手たちの笑顔が、韓国でも話題だ。


韓国メディア「ヘラルド経済」は28日、東京オリンピック・アーチェリー男子団体授賞式で撮影された「メダリストたちのセルカ写真」について報じた。



同メディアによると去る26日、アーチェリー男子団体戦で金メダルを獲得した韓国の主将オ・ジンヒョク(39)が授賞式後、銀メダルの台湾、銅メダルの日本選手らに「一緒に写真を撮ろう」と提案し、その場で全員が1枚の写真に収まった。


この写真がアジアアーチェリー連盟のSNSで公開されると、ネット上では「とてもすてきな写真」、「これぞ五輪の精神」、「全世界に贈りたい写真」などのコメントが寄せられた。



また、一部ネットユーザーは「日韓関係もそうだが、国家間の対立があったとしても、スポーツは別。両国の関係がいつかこの写真のようになることを願う」、「こういう姿が見られるから、オリンピック開催には意味がある」と主張。


カメラに向けられた日韓台9人の輝く笑顔は見る人の心に感動を与え、五輪の開催意義を表現している。


素晴らしい写真ですね。オリンピックを開催することの意義を体現していると思います。五輪ボイコット、選手村での食材選別、表彰式での花束拒否などなど軽々しく口にしてきた韓国の反日の皆さんには、この写真を見て、自らの了見の狭さ、度量の無さ、思慮の浅はかさを猛省していただきたいです。

Share:

中国株大暴落の兆候…中国と香港の株価が暴落開始v

 東京五輪の裏でとんでもない事態が発生していた。ロイター報道によれば、中国と香港の株価が連日のように暴落しとうとう年初来安値を割り込んでしまったという。中国政府による教育産業と不動産セクターへの締め付けが原因とされ、外国人投資家が続々と逃げ始めているようだ。



CSI300とハンセン指数は2020年12月以来の最低終値だった。教育指数は16カ月ぶりの低水準、不動産セクターは6年ぶりの低水準に近付いた。Reutersが報道した。


中国政府の規制に対する投資家の懸念が教育、不動産、技術セクターの株式への打撃となった。中国と香港の株式は月曜に今年最低の価格まで急落した。


特に香港のScholar Education Groupの株は45%も下落したし、New Oriental Education & Technolody Group Incは金曜日に米国株式市場で時価総額の半分を失った後に47%急落した。同社は中国で個別指導と試験準備サービスを提供している。



中国本土のCSI Education Indexは-9.61%下落し、16カ月で最低の終値となった。週末にテクノロジーと不動産を対象とした新たな規制措置が発表され、月曜に大きな売りを引き起こすことになった。


香港のWealthy SecuritiesのディレクターであるLouis Tseは、収益性の高いセクターの混乱を防ぐために抑制が必要だと述べた。


「中国政府は業界を規制しようとしている。投資家はそれほど稼ぐことはもうできないだろう」



上海と深圳の両方の株式市場も外国人投資家の大量売りに見舞われた。月曜日だけでA株からの流出金額は13.9億ドルを超えているという。香港でもハンセン指数が-4.13%下落し2020年12月22日以来の最低値をつけた。ハンセンテック指数は-6.57%急落し、2020年7月以来の上昇幅をすべて打ち消すことになった。


中国政府は土曜にTencentに対する独占的な音楽著作権契約を禁じると発表し、オンライン音楽市場における不公正な慣行について同社に罰金を科すことになった。また不動産規制として、中国の中央銀行が上海の貸し手に住宅ローンの金利を引き上げるように命じた。これによりCSI 300の不動産指数は2015年9月以来の最低値にまで落ち込んだ。



中国や香港のこうした株式市場に関する混乱はほとんど報道されていないが、事態は確実に悪化してきているようだ。オリンピックの裏で起きている経済危機の兆候にも目を向けるべきと言える。


日本では中国のコロナまでは報道されても、その先の株価下落までは全然何もない状態だね。中国+株だとコロナの記事ばかり見つかる。


中国国家衛生健康委員会が27日発表した新型コロナウイルスの新規感染者数(26日報告分)は71人となった。デルタ型変異株への感染が東部江蘇省の省都、南京市で拡大している。



25日報告分の新規感染者は76人で、1月末以降で最多だった。


新規感染者のうち国内で感染した人は31人で、全て江蘇省で確認された。前日の40人から減少した。


南京市当局は封じ込めに向け、930万人の住民を対象に大規模検査第2弾を実施。また一部主要地域では第3弾も実施している。



統計に含まれない新規の無症状感染者も前日の24人から20人に減少した。このうち国内感染は3人で、いずれも東北部の遼寧省で確認された。


中国本土の累計感染者数は9万2676人、死者は4636人。

Share:

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ