Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

出だしから振れるように…渋野日向子が打撃練習場で行う!努力と工夫shi

 プロアスリートとしては当たり前のことだろうが、それを毎日きちんとこなすからこそパフォーマンスを保てる。努力と工夫、渋野さんに再び栄冠あれ。がんばれ、渋野日向子、ずっと応援しています。



スタート前にはほとんどの選手が打撃練習場に行き、体を動かすためのウォーミングアップや、その日の調子を確認するためにボールを打つ。そのなかで、スイングを変えるなど、新スタイルに取り組む渋野日向子の朝の準備は、ひと際目立つ。


多くのプロはボールを打つ前に軽いストレッチや素振り器具を振ってから、ボールを打ち始める。渋野は打撃練習場に入ると、クラブを使うなど、体を伸ばすストレッチから始める。ここまでは見慣れた光景だが、その後は、片足立ちでバランスを保ちながら体を動かしたり、バンドを引っ張ったり、スイング動作に近いウォーミングアップも行う。10分ほどの時間だが、20種類のメニューをこなしてから、ボールを打ち始める。ゴルフ場の駐車場で走ったりアップする選手はよく見かけるが、打撃練習場でボールを打つ選手たちの後ろで入念なウォーミングアップを行う選手は、あまり見かけない。



打撃練習場で入念に体を動かすことについて渋野は、「最近ずっとやっています。早めにウォーミングアップをやるとどうせ固まるかなという感じで、練習前に早めに行ってやっている感じです」。体を温めてからすぐにボールを打つのは、効率がいいと納得できる。


渋野の専属トレーナーの斎藤大介氏に聞くと、「ラウンド後半のほうがいつも振れてくるというので、朝からいろいろ動かして、いろいろ試したんですけど、あれが一番よく振れるということで、6月くらいから、ずっとやっています」。宿舎でもストレッチ系を行うため、ウォーミングアップを2回に分けている。渋野のスイングイメージと合わせてメニューを作成。「ボールを打つ前に使いたい動きを全部、いろんな方向に刺激を入れています。ある程度振ってからならすのではなくて、振る前にならしてから振るという感じです」。打撃練習場でのウォーミングアップを取り入れたことで、出だしホールから振れるようになったという。



ボールを打ち始めると、後方からスイングを撮影して、すぐに見る。プロゴルファーがスイングチェックの際に、スイングを撮って見るのは当たり前だが、渋野はスタート前に頻繁に行っている。「毎日スイングは動画を取ってもらっています。自分が向きたいほうに向けているかが分からないので、向きの確認だったり、自分のスイングがちゃんとできているかの確認です」と渋野は話す。「自分が向きたい方向に向く」ことは渋野が今テーマにしている一つのことだ。スタート前に行うことで、その日の感覚を確認できる。また、弾道計測器を使って、その日の番手ごとの飛距離もチェックしている。スタート前の1時間程度の間あいだが、徹底した準備を行ってからティオフに向かっているのだ。

Share:

15日に続き日本海落下…北朝鮮が今年6回目の飛翔体発射

 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は28日、日本海に向けて正体不明の飛翔(ひしょう)体を発射した。



日本の防衛省も、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたと発表した。


北朝鮮は15日にも鉄道を利用した発射台から日本海へ短距離弾道ミサイル2発を発射しており、石川県沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとされる。


韓国軍合同参謀本部は「北朝鮮が東海(日本海)に不詳飛翔体を発射した」と発表しましたが、出入り記者団に送ったテキストメッセージ(おそらくカカオトーク)で詳しい説明も無しというのが午前7時前後の状況です。日本の海上保安庁からは緊急警報は出ていないので(自衛隊が探知した情報を海上保安庁経由で船舶に警告するもの)、北朝鮮のミサイルはあまり長い距離を飛んでいないのかもしれません。



北朝鮮は11、12日の両日には新型の長距離巡航ミサイルの発射実験を実施。9月に入り、ミサイル発射の動きを活発化しており、軍備増強を本格化させている。28日には北朝鮮では国会に相当する最高人民会議が開催される。


金正恩朝鮮労働党総書記の妹、金与正党副部長は24、25の両日、南北関係改善に前向きな姿勢を示す談話を発表。この中で、米韓などが北朝鮮のミサイル発射を「挑発」などと非難したことに反発していた。今回の発射には、韓国側の出方や反応をうかがう狙いもありそうだ。



金与正氏は「終戦が宣言されるためには双方の尊重が保障され、他方に対する偏見的な視覚と敵対視政策、不公平な二重基準から先に撤回されなければならない」とし、「先決条件がまとまってから向き合って意義のある終戦も宣言でき、北南(南北)関係、朝鮮半島の前途の問題についても議論できる」と条件をつけた。


その上で、「南朝鮮(韓国)がわれわれを刺激し、二重基準で文句をつけた過去から離れ、今後の言動を熟考し敵対的ではなければいくらでも北南の間で再び緊密な意思疎通を維持し、関係回復と発展の展望に関する建設的な議論をする用意がある」とした。



談話で繰り返して言及した「二重基準」は、韓国が韓米合同軍事演習や潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射実験、国防費増額などを行いながら北朝鮮の巡航・弾道ミサイル発射などは挑発行為だと規定したことを指摘するものとみられる。


金与正氏は「自分たちの行為の当為性と正当性は美化し、われわれの正当な自衛権の行使は是が非でも罵倒しようとする二重的で非論理的な偏見と悪習、敵対的な態度は捨てなければならない」と主張。「現存する不公平とそれによる深刻な対立・敵対関係をそのままにしながら終戦宣言文などを朗読し、写真など撮ることが誰かには切実かもしれないが、真の意味がなく、仮に終戦を宣言するとしても変わるものは何もない」と強調した。



北朝鮮のリ・テソン外務次官は同日午前、終戦宣言を「時期尚早」とし、「終戦宣言は現時点で全く役に立たず、米国の敵視政策を隠蔽(いんぺい)するための煙幕として誤って利用されかねない」と主張する談話を発表していた。


リ氏の談話は米国に対し、敵視政策を撤回するよう主張する内容が柱だったが、金与正氏の談話は韓国に向けた内容だった。談話のトーンも弱めたとみられる。

Share:

アジア杯史上初5連覇へバスケ女子日本、インドに大勝…順当に行けば決勝で中国と対戦

 開幕し予選ラウンドが行われ、世界ランク8位で東京五輪銀メダルの日本が、五輪後初の国際大会で136-46と快勝発進した。



世界ランク70位のインド相手に、第1Qから41-14と圧倒。五輪メンバーのオコエ桃仁花が前半だけで4本の3点シュートを決めるなど貢献した。


24年パリ五輪へ向けた初陣を100点ゲームの快勝で飾った。恩塚亨監督の初陣ともなる一戦。東京五輪メンバーは、オコエのほか、林咲希、宮崎早織(ともにENEOS)、赤穂ひまわり(デンソー)、東藤なな子(トヨタ紡織)の5人だが、前線から果敢にプレッシャーを掛け、高確率の3点シュートで一気に突き放すスタイルは健在だった。最年長が26歳と若手中心のメンバーながら「世界一のアジリティ」を目指すスタイルの片鱗をのぞかせた。



女子アジア・カップは、グループAとグループBに分かれて予選ラウンドを戦い、各組1位は準決勝へ、2・3位は準々決勝へ進出。決勝トーナメントで順位を決める。


日本が入ったグループAは、世界ランク19位の韓国、36位のニュージーランド、70位のインドの4カ国。グループBは同3位オーストラリア、7位中国、34位台湾、51位フィリピン。W杯開催国のオーストラリアを除く上位3チームが来年2月開催予定の同予選出場権を獲得する。


日本は2013年大会から4連覇中で、前人未到の5連覇を目指す。日本は大会史上初の5連覇が懸かる。



東京五輪銀メダルメンバーからは5選手が出場。そのうち林咲希、宮崎早織、赤穂ひまわり、オコエ桃仁花の4人に、3人制で東京五輪代表の馬瓜ステファニーを加えた5人が先発起用された。日本は持ち味である3点シュートを高確率で決め、66-25と大量リードで前半を折り返した。後半も着々と得点を重ね、第3クオーター終盤には得点を100点台に乗せ、相手を圧倒した。


オコエは前半だけで7本の3点シュートを放って4本成功させるなど19得点。後半に入っても存在感を示した。


1次リーグ2、3位で準々決勝に進み、1位通過なら準決勝に直行する。



改めて思うが、五輪女子バスケで銀メダルって凄すぎる事

だよね。球技で対格差がものを言う競技なのに、東京五輪のメダルの中でも、指折りの奇跡/成績じゃないかな。


順当に行けば決勝で中国と対戦。中国は五輪メンバーがほぼ揃ってる。日本も中国も若いチームではあるが経験値としては中国の方が上。この中国に勝てたら相当すごいと思います。

Share:

日本代表DF冨安躍動も韓国メディアは辛辣な論評を展開した!負けを認めず酷評

 イングランド・プレミアリーグで実現した〝日韓戦〟でアーセナルの日本代表DF冨安健洋が活躍したが、韓国メディアは辛辣な論評を展開した



冨安は26日に行われたトットナム戦にフル出場し、堅守で3―1の快勝に大きく貢献した。


見事な活躍ぶりにアーセナルOBで元イングランド代表DFのトニー・アダムス氏が英スポーツ専門放送局「スカイ」で「トミー(冨安)が大好きだよ。今日はポジショニングが素晴らしかったね」と絶賛するなど評価はうなぎ登りだ。


そして今回の一戦は、トットナムのエースが韓国代表FW孫興民だったことから〝プレミア日韓戦〟としても注目を集めていた。



トットナムは敗れたが、孫は1ゴールを奪って面目を保ったことで、韓国メディアは孫を絶賛。「スポーツ韓国」は「孫はアーセナルキラーだ!」と直近の試合における相性の良さを強調したり、「インターフットボール」は「孫が一人だけ輝いていた」と孤軍奮闘ぶりを称えた。


さらに同メディアは、冨安について辛口批評。「冨安は日本代表、孫は大韓民国代表で、北ロンドンダービーでミニ韓日戦が繰り広げられた」としたうえで「孫は攻撃陣をけん引した。一方で富安も悪くない活躍ではあったが、孫のゴールによる失点の場面ではミスが見られ、FWハリー・ケーンとのマッチアップでも簡単に倒れるなど1対1の機会では物足りなさを残した」と厳しいジャッジをくだした。



やはり〝日韓戦〟となると、韓国メディアはどうしても負けたくないようだ。


そんな冨安の活躍を受けて、北アイルランドメディア「Daily Cannon」は「冨安健洋、ある統計で早くもリーグトップに」と見出しを打ち、空中戦のスタッツに注目。「ノリッジ・シティとバーンリーとの対戦で、冨安は空中戦で多くの勝負を演じ、勝利した。両チームとの空中戦で多くの勝利を収め、11回の空中戦のうち10回を制した」と綴ったうえで英データサイト「Whoscored.com」の公式ツイッターが伝えたデータにも焦点を当てている。



「Whoscored.com」によると、空中戦を10回行った116人の選手の中で、冨安は成功率90.9%をマーク。この数字は単独トップだといい、記事では「冨安の90.9%を超える割合で勝利した選手はいないということになる。すべての兆候は、この22歳が空中戦に非常に優れていることを示している。6フィート2インチの身長を持つ彼が、その身長を最大限に活用していることは喜ばしいことだ」と、能力の高さを称えた。

Share:

白鵬は物議を醸すことが多くありましたが引退へ…右膝限界45

 大相撲の第69代横綱・白鵬が現役を引退する方向であることが26日、分かった。進退を懸けて出場した7月の名古屋場所では、最多を更新する45回目の優勝を16回目の全勝で飾った。しかし、右膝の状態が思わしくなく、土俵を去ることになった。優勝回数、横綱在位84場所、通算1187勝、幕内1093勝など数々の最多記録を打ち立てた大横綱が、約20年の力士生活に別れを告げる。



最強横綱が現役生活にピリオドを打つ方向となった。白鵬は、所属する宮城野部屋に新型コロナウイルス感染者が出た影響で秋場所を全休したが、場所後にも最終的な話し合いや手続きなどが進められるもようだ。


数々の激闘で肉体の至るところが限界に近づいていた。特に今年春場所の途中休場の原因になった右膝は思わしくない状態だった。名古屋場所では、当時大関の照ノ富士との千秋楽全勝対決を制し、V45を決めた。優勝インタビューで自ら「右膝がもうボロボロで、言うことを聞かなかった」と語るほどだった。



一方で「横綱としてこれで899勝。あと1勝で900勝なので、1勝目指して頑張っていきたい」と今後への意欲も示していた。ただ8月下旬の合同稽古は参加こそしたが、胸を出すだけにとどまった。右膝については「日によりますね。良くなったり悪くなったり」と話すなど、劇的な改善には至らなかった。


白鵬は角界入りを夢見て2000年10月に来日。大阪にあるアマチュア相撲の名門・摂津倉庫で稽古しながら大相撲から声がかかるのを待った。父・ムンフバトさんはモンゴル相撲の大横綱で同国初の五輪メダリストの英雄。ただ白鵬は当時175センチ、68キロと細い15歳の少年。仲間が次々とスカウトされる中、全く声がかからなかった。同年12月、角界の道を諦め、帰りの航空券も購入。だが帰国する前夜、モンゴル力士のパイオニア・旭鷲山の紹介で突然、宮城野部屋への入門が決まった。



猛稽古に耐え、次第に頭角を現した。01年春場所で初土俵。04年初場所で新十両。同年夏場所に新入幕。06年春場所後には昭和以降4位の21歳0か月の若さで大関昇進。07年夏場所後には、22歳2か月の史上3位の年少記録で横綱になった。


10年春~11年技量審査場所まで史上最多タイの7連覇。10年には史上2位タイの63連勝も記録した。最強の名をほしいままにしたが、近年はけがが目立ち、休場も増えた。その状況に昨年11月場所後には横綱審議委員会が「引退勧告」に次ぐ重さの「注意」を決議。かち上げなどの取り口や土俵態度で物議を醸すこともあった。ただ数々の記録で大相撲の歴史に名を残した。



◆白鵬 翔(はくほう・しょう)本名同じ。1985年3月11日、モンゴル・ウランバートル市生まれ。36歳。2001年春、宮城野部屋から初土俵。04年初、新十両。同年夏、新入幕。07年夏場所後に第69代横綱昇進。10年に史上2位タイの63連勝。同年春から11年技量審査場所(八百長問題による夏場所の代替開催)にかけ、史上最多タイの7連覇。19年9月に日本国籍を取得した。得意は右四つ、寄り。192センチ、155キロ。


実は、場所前から「白鵬関が引退するのではないか」と、一部関係者でささやかれていたのですが、7月場所優勝インタビューで「あと1勝で900勝」ということにも言及しており、次の場所での出場を見据えているのだろうと個人的には信じていたので、正直ショックを隠せません。



横綱は、その立ち振る舞いが物議を醸すことが多くありました。近年も、土俵上でのガッツポーズをはじめ、土俵上での振る舞いに賛否両論が巻き起こったことは記憶に新しいと思います。しかし、数々の大記録、記憶に残る多くの名場面と、その功績の大きさは計り知れません。横綱の引退は、角界のひとつの時代の幕引きであると考えます。


白鵬の功績は横綱としての強さを見せ続け、史上最強と言って差し支えないほどの記録を残したこともさることながら小兵の相撲を横綱が取ること。つまり相撲の定石を変えたことではないかと思います。


張り差しやカチ上げ、後方からの仕切り、猫だましなど、エピソードを上げるときりがありません。批判も多いですが相撲の可能性を拡げたということは本当に大きな功績だと思います。



この新たな相撲が一つのスタンダードとなり、後年「令和の相撲の父」として振り返ることになるか、白鵬一代のみの相撲となるかはこれから次第です。


しかし凄い横綱でした。全身がボロボロになるまで戦い抜いてくれたこと、長年角界を牽引し支え続けてくれた横綱に、心から感謝いたします。本当にお疲れ様でした。いまはどうかゆっくり休んでくださいと声をかけたいです。

Share:

モンワンジョウファーウェイCFO帰国…中国は「外交的勝利」宣言

 米当局に起訴されていた中国通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)の孟晩舟(モンワンジョウ)・最高財務責任者(CFO)が、帰国を認められた。米中対立の象徴として注目されてきた事件に幕が下ろされ、緊張緩和が進むとの観測もある。ただ、米国はファーウェイを安全保障上の脅威とみなして圧力を強めており、中国側も態度を軟化させるかどうかは不透明だ。



バイデン政権は、中国に対して強硬姿勢を維持しつつ、国益にかなう分野では協調を模索する方針を取っている。バイデン大統領は21日の国連演説でも、「新冷戦を望んでいない」と言明。中国を名指しで批判することを封印し、気候変動対策などでの協力を呼び掛けた。


今回の司法取引は、バイデン氏と中国の習近平(シージンピン)国家主席の対面での首脳会談実現に向けた環境整備との見方もある。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は24日、「バイデン政権と中国の間にある摩擦の原因を取り除く可能性がある」と報じた。



一方でバイデン政権は、トランプ前政権の政策を受け継ぎ、米国からファーウェイなど中国製機器の排除を進めている。安保上の問題に加え、ハイテク技術を巡る覇権争いの観点からも、圧力を緩めることはできない。米司法省も24日の発表で、「ファーウェイに対する裁判の準備は続けていく」と、孟氏とは切り離して追及する考えを強調した。


中国は、孟氏の帰国を外交的勝利として宣伝している。中国中央テレビは、孟氏が25日夜、深センの空港に到着した場面を生中継した。赤いワンピース姿で登場した孟氏は、「偉大な祖国と国民に感謝する。関係部局が中国企業と国民の正当な権利と利益を守ってくれた」と、感極まった様子で語った。



中国外務省は孟氏が拘束されてから1000日目となった8月26日、「中国国民に対する政治的迫害であり、中国企業に対する意図的な圧迫だ」と、改めて解放を求めていた。


中国が、自国の主張が認められたことを誇るばかりで、米国が示した緊張緩和のシグナルに反応しなければ、「米中関係は改善に向かうどころか、緊張が高まる可能性がある」(香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポスト、電子版)との指摘も出ている。



中国外務省の華春瑩(フアチュンイン)報道局長は25日、「孟氏が『詐欺』を行ったとする訴えは純粋なる捏造(ねつぞう)だ。米国とカナダによる恣意(しい)的拘束の典型だ」と反発した。中国側が、かたくなな姿勢を改める気配はない。


トランプからバイデンに代ればファーウェイCFOは帰国出来るだろうと言われたが、やはりそのようになったな。バイデンの本当の正体が見えてきたな。中国には最終的には腰抜けになるような人物だ。日本は表面的なトップ同士の話し合いを信じることなく、自国は自国の対中国政策をとれるようにすべき。バイデンは裏で中国と手を結び日本を裏切る時がいつか来ることを覚悟しておくべき。

Share:

台風16号は猛烈な勢力に、関東への最接近…毎年被災地増えてくんだけど

 台風16号(ミンドゥル)は沖ノ鳥島近海で発達し、9月26日(日)15時に最も強いランクである「猛烈な」勢力になりました。猛烈な勢力まで発達するのは、2号、14号に続いて今年3つ目です。



衛星画像では中心付近に非常にはっきりとした台風の目が形成されていて、密集した積乱雲が大きな雲の渦を作り出しています。


台風の接近時は電車の遅延や運休、高速道路の通行止めなどの可能性も考えられるため、最新の台風情報や交通情報を確認の上、早めに対応するようにしてください。


非常に強い勢力で関東最接近か



28日(火)にかけて勢力をさらに強めながらゆっくりと北上する見込みです。30日(木)頃からは進路をやや東よりに変えて、10月1日(金)にかけて伊豆諸島近海を通過する予想となっています。


30日(木)15時の時点の中心気圧は925hPa、最大風速が50m/sと非常に強い勢力で、関東の最接近する1日(金)も非常に強い勢力を維持する予想です。暴風域も半径150km以上が見込まれるため、陸地から少し離れた所を通っても影響の出るおそれがあります。



次第に進路は絞られつつあるものの、少しの進路の違いで本州への影響が変わってきますので、こまめな情報の確認が必要です。


関東沿岸部は暴風域に入る確率が30%以上


26日(日)15時に気象庁が発表した5日先までに台風の暴風域に入る確率の分布を見ると、30~70%の赤い領域が伊豆諸島から関東の南部沿岸や静岡県まで広がっています。



最も確率が高いのは伊豆諸島南部の八丈島で59%、台風の進路によっては中心がかなり近く通ることも考えられますので、その場合は厳重な警戒が必要です。千葉県や神奈川県、静岡県の一部も30%以上、東京23区も東部が28%と、台風に近い沿岸部ほど影響が大きくなる可能性があります。


台風が非常に強い勢力のまま近づいてくることから、暴風域の外側でも風雨の強まるおそれがありますので、確率の小さい所も油断はできません。


台風16号の名前「ミンドゥル(Mindulle)」は北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が提案した名称で、「たんぽぽ」を意味する言葉からとられています。


毎年被災地増えてくんだけど。復興復興って国はいうけど地震以外にしたってすごいペースで被災地でてくるじゃん。

Share:

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ