Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国企業2100社がイランへの輸出を禁止される!年間4400億円の輸出がダメになってしまうとか


イラン中央銀行に開設していた韓国の銀行の2つの口座が凍結されてしまって、これ以上輸出代金を受け取れなくなってしまったそうです!影響を受ける企業数は2100社にも及んで、年間4400億円の輸出がダメになってしまうとか。韓国経済はどうなってしまうんでしょうか?

5月の関連業界によると、KOTRAは3日、輸出企業に“韓国・イラン間ウォン決済システム中断案内”を通知した。

イラン産原油輸入全面禁止とともに輸出代金決済通路だったウリィ銀行・中小企業銀行のイラン中央銀行口座も凍結した。効力は通知日である3日から発生した。


“ウリィ銀行と中小企業銀行のウォン決済システム運営が中断され韓国とイラン間のウォン決済口座を利用した輸出入交易はできないことをお知らせします”。

KOTRAは5月3日、対イラン輸出企業にこうした内容の通知文を送った。輸出代金を受け取るウォン決済口座が凍結されたことでこれ以上イランへの輸出はできないという内容だ。イラン輸出の道が閉ざされた企業は地団駄を踏んでいるが、韓国政府は“これといった対策がない”という反応を出している。韓国輸出に“警告灯”が灯る中で年間40億ドル(2017年基準)に達した対イラン輸出市場まで失う危機にさらされた。


昨年には2111社の韓国企業がイランに製品を輸出した。サムスン電子など大企業も一部あるが、ほとんどが生活必需品や電子・機械部品などを製造する中小・中堅企業だ。昨年イランに輸出した韓国の製品は自動車部品が5219万ドルで最も多かった。次いで機械類が4100万ドル、プラスチックが3432万ドル、鉄鋼が2064万ドル、電子部品が1611万ドルなどの順だった。

KOTRA関係者は“イランでは中国製品は人気がなく、日本製はとても高く韓国製品の人気が高い。中国製でも韓国の貿易会社が保証すればイランで人気が高まるため輸出企業の中には仲介貿易会社も多くある”と話した。

ウォン口座がすべて凍結されイランに輸出する2100社の韓国輸出企業は厳しい状況だ。韓国政府はこれと関連し企画財政部と産業通商資源部などが参加する会議を開き対策をまとめている。イラン輸出企業に流動性を支援し新たな販路を探すのに助けになる方策を検討中だ。

韓国政府のこうした対策が中長期的にはわからないがすぐに役立つものではないというのが該当企業の不満だ。イラン輸出企業関係者は“韓国製品の人気があるイランに代わる市場を探すのは言葉ほど簡単ではない。輸出販路開拓には長い時間がかかるのがわれわれとしてはまず今年が心配”と訴えた。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ