Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

中国で、韓国サムスンが独占禁止法違反で課徴金80億ドル(約9000億円)の可能性

サムスン電子とSKハイニックスが半導体分野で独占禁止法に違反してると中国が言ってきてるみたいです!証拠資料も多数確保してるらしく、法的検討も進められるとのことです。課徴金の額は最高で9000億円になる可能性があるとか。

韓国のサムスン電子とSKハイニックス、米国のマイクロン・テクノロジの半導体メモリ3社に対して独占禁止法違反関連調査をしてきた中国当局が2018年11月、“(独禁法違反に関する)多数の証拠資料を確保し、重要な進展があった”と明らかにした。

中国当局は2018年5月末からこれら3社に対して独占・寡占的地位の乱用がないか調査してきた。今回の発言は、どのような形であれ、市場支配力の乱用の責任を問うことを示唆したものと見られている。

“鳳凰網”など中国のインターネット・メディアによると、中国国家市場監督管理総局と国務院反独占局の呉振国局長は、中国独占禁止法施行10周年を迎えるにあたり、同日行われた記者会見で、“サムスンなどに対する調査はどのようになっているのか”との報道陣の質問に、“メモリ3社とこれらの製品を使う企業など、合計数十社からの資料を確保して分析・評価を行い、これら3社に対して調査状況を通知した。調査は重大な進展をしており、その次の段階としてメモリ3社の市場支配的な地位などに対する法的検討を進めている”と答えた。

中国当局は、2018年5月から北京・上海・深センなどにあるサムスン電子・SKハイニックス・マイクロンの事務所に対して捜索を開始し、3社が市場支配的地位を乱用したかどうかなど反独占容疑について調査を行ってきた。調査対象となった3社は全世界のD-RAM市場の90%、NAND型フラッシュメモリ市場の50%以上を占めている。

中国のスマートフォン・メーカーは2017年末、中国最高位の反独占当局である国家発展改革委員会に“半導体メモリ価格が上がり続けているため、部品確保に苦労している”と陳情した。これにより、中国政府はサムスン電子などに価格引き上げの自粛を要求したと伝えられた。

現地メディアの“21世紀経済報道”は、中国当局が調査に着手した時、“これら3社が市場支配力を乱用するような行為をしたと判断されれば、2016年から現在までの半導体売上から見て、課徴金の額は8億-80億ドル(約902億5600万-9025億6000万円)に達するだろう”と報道している。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ