Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国現代重工が、45カ月「受注ゼロ」!世界中が韓国を信用しなくなったと話題に

現代重工の海洋プラント部門、仕事がなくなるため工場を閉鎖。2014年に受注したUAE分を作り終わったら、もう先がないわけだ。この状況はサムスン重工も大宇造船海洋も同じらしい。

現代重工業は低い人件費を前面に出した中国などに押されてナスルプラント受注から45カ月にわたり海洋プラントを1件も受注できなかった。

2018年3月に英国の石油会社ブリティッシュペトロリアム(BP)が発注したトルテュ海洋プラントを中国コスコに奪われたのが代表的だ。現代重工業関係者は“トルテュプラントはわれわれと厚い関係を維持してきた欧州のエンジニアリング企業が製作費の安い中国企業と組んで契約を結んでおりさらに衝撃的だった”と打ち明けた。

プロジェクト1件が数兆ウォンに達し、未来の収益源に挙げられる海洋プラント分野で現代重工業、サムスン重工業、大宇造船海洋の韓国造船ビッグスリーが深刻な“受注の崖”に苦しめられている。ドリルシップ(海洋ボーリング設備)など7基を建造中の大宇造船海洋は2014年にカザフスタンのTCOプロジェクト(原油生産設備)を獲得してから海洋プラントの新規受注がない。サムスン重工業も2017年6月にモザンビークのコーラルFLNG(浮体式LNG生産設備)プロジェクトを受注したのが最後だ。

韓国企業の受注が途絶えた理由は中国とシンガポールなど競合国に比べて高い人件費のためだ。2017年12月に韓国の造船大手3社を抜いてヨハンカストバーグ(原油生産設備)プロジェクトを獲得したシンガポールのセムコープマリンの入札価格は韓国の造船会社より20%近く低かった。

シンガポールの造船会社は人件費が低い東南アジアの労働者を雇用して原価競争力で韓国をリードした。現代重工業のカン・ファング社長が最近従業員に“人件費がわれわれの3分の1水準である中国とシンガポールなど海外の競合企業に勝つためには原価を低くしなければならない”と訴えた理由だ。

高賃金構造が受注の崖を呼び起こしたという指摘にもかかわらず、造船会社の労組は賃金引き上げを要求して将来をさらに暗くしていると指摘される。

海洋プラント工場が止まれば2000人ほどの遊休人材が生じるが、現代重工業労組は過去最悪となる1兆9232億ウォン(約1700億円)の営業損失を出した2014年から今年まで5年連続でストをした。

中国企業の受注価格が安いのもそうですが、韓国はそれ以上に信用できないというイメージが世界中で定着していますね。韓進海運の件もそうですし、2010年のメキシコ湾で原油が流出した事故も韓国企業が原因と特定されています。本件でも出てくる現代重工がまさにそうですね。受注がなくなるのは当然のことかと思いますが。
Share:

1 件のコメント:

  1. ベトナムでのライダイハン、カンボジアでのダム決壊、パラオでの橋の倒壊、色々あるけど、企業も国も一切謝罪も、賠償もしていないよ。
    近頃では大統領が、条約を結んでも、それで終わりでは無いと、世界に発信したからね、著作権も、特許も無断使用して、韓国の司法は、それを罰しない、こんな国や企業が世界で通用するわけがない。
    通商や国交は信頼関係がなければ、いずれ破綻するし、約束を破れば、それなりの制裁を受けるのは、世界の常識だよ。
    信頼が欲しければ、態度や行動で示さないとね。

    返信削除

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ