Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国大統領府はGSOMIA破棄すると決定した!文在寅の支持率も暴落開始

青瓦台は22日午後3時から国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を延長しない方針を固めた。

これで日米韓の安全保障体制での協力関係に亀裂が入った。日米の韓国との信頼関係はどん底状態だ。

日本と韓国は現在、ともにアメリカと軍事同盟を結んでおり、準同盟国の関係にある。3カ国の枠組みを図に例えれば、日韓はアメリカを頂点とした二等辺三角形の底辺にあたる。GSOMIAは、この二等辺三角形の底辺を支える要(かなめ)として必要なものだ。

ただし、韓国大統領府はGSOMIA破棄すると決定した。

だから、日韓の問題は、通商分野に続いて安保上の協力関係にまで影響が拡大した。

韓国大統領府の関係者は、破棄の決定はあくまで“日本が先に優遇対象国の除外という措置を取ったためで、その後、韓国の外交努力にも応じなかった”と繰り返し非難している。

一方、日米両政府は北朝鮮への対応などを念頭に協定継続を求めてきた。

北朝鮮問題をにらんだ日米韓の連携が揺らぎかねず、河野太郎外相は韓国政府の発表を受け、“現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応と言わざるを得ず、極めて遺憾だ”との談話を出した。

河野氏は22日夜、南官杓(ナムグァンピョ)駐日大使に抗議した後、記者団に“北朝鮮問題を考えた時、協定の重要性は誰しもが理解していると思う。(破棄は)安全保障環境を完全に見誤っていると言わざるを得ない。断固として抗議したい”と語った。

ポンペオ国務長官ら米政府高官も、協定の延長を求めたとされる。

訪問先のカナダでポンペオ米国務長官は22日、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことについて“失望した”と表明した。

米国防総省はこれに先立つ声明で“情報共有は共通の防衛政策と戦略にとってカギになる”と破棄への懸念を表明。日韓問題に関し“私たちは日本と韓国に意見の違いを解決するよう促している!彼らがそれを早く実現するよう望んでいる”と訴えた。

一方、日本政府内には“日米がしっかり情報交換すれば影響がない!困るのは韓国だ”(政府高官)と強気な分析もある。だが、防衛相経験者も“米国を介した情報交換になると、迅速性が失われる”と指摘する。

俺は日米だけで何も困らない説の方を支持している。

さらに、GSOMIA破棄は韓国でも一線を踏み越えたという認識のようだ。投票数が最も多くついている京郷新聞の記事を見てみると、グッジョブが7,000票あまりなのに対しアングリーが10,000票を超えていることが分かる。それと祖国疑惑が重なり文在寅の支持率は落ち、不支持率が上回る事態となっているようだ。

むしろ韓国が日本に機密情報を渡さなくてよくなることを喜ぶ人が多いと思う。何しろ韓国の中では日本が韓国の機密情報を奪ってるとする意見も横行してるからな。
Share:

1 件のコメント:

  1. 文在寅の韓米同盟破棄が、現実味を帯びてきたな。
    サウスコリアでは、中国の属国で、核を持った北朝鮮による
    併合を望んでいる様だね。
    併合皿たら若者の失業率は0%になるよ、すべて炭鉱労働者になれるからね。
    良かったね、労働環境の改革まであと少しだよ、おめでとうね。

    返信削除

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ