Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

米国、在韓米軍予算7000万ドルを削!トランプ大統領、韓国には「感謝しない」

米国防総省が、メキシコとの“国境の壁”建設に投入するため、在韓米軍の施設2カ所の事業予算7050万ドル(約75億4000万円)を転用すると決めたことが9月4日(現地時間)に確認された。これに日本・グアムから転用する予算まで合わせると、米国が壁の建設のために転用する軍事予算36億ドル(約3800億円)のうち、およそ20%に当たる7億3352万ドル(約784億3500万円)が韓半島周辺から引き抜かれたものと判明した。

米国防総省が9月4日に公開した127項目の予算転用事業リストには、京畿道城南市にある極秘バンカー(掩蔽壕〈えんぺいごう〉)“タンゴ(TANGO)指揮所”の関連予算1750万ドル(約18億7000万円)、群山空軍基地の無人機格納庫関連予算5300万ドル(約56億円)が含まれていた。米国防総省は前日、127の事業から計36億ドルを転用し、メキシコ国境に175マイル(約280キロ)の壁を作ると表明した。

在韓米軍の予算転用額は、日本など主要国に比べて少ない方だ。しかし、有事の際におけるB1、B52戦略機の出動など、韓半島への戦力支援を担当する米領グアムで削減される金額も8事業2億5734万ドル(約275億1700万円)に上るなど、韓国・日本・グアムから引き抜かれる予算だけでも7億3352万ドルに達する。これは、壁の建設のため転用される予算のおよそ20%に当たり、韓半島有事の際の対応態勢に悪影響を及ぼしかねないという分析もある。

城南タンゴ指揮所は韓米連合司令部の戦時指揮統制所で、有事の際には韓米両軍の頭脳にして心臓部となる。韓米両軍は、竜山基地が平沢に移転しても作戦統制権(統制権)が韓国軍に移管されるまではタンゴを引き続き維持し、施設を改善する計画だった。

また群山空軍基地の無人機格納庫は、MQ1C“グレイ・イーグル”無人機1個中隊(12機)を収容するためのものだ。米軍は昨年2月からグレイ・イーグルを配備しており、今年初めに完全な作戦運用に入る予定だった。だが予算削減に伴い、本格的な作戦運用が遅れかねないという懸念が持ち上がっている。

続いて“米国防総省は、今回の措置は防衛費分担金に影響ないとしており、予算転用は当該事業の取り消しではなく延期だと伝えてきた”と明かした。海外にある米軍基地の予算が転用される国は韓国を含め計19カ国で、転用額は合わせて18億3675万ドル(約1964億370万円)規模。

同時に、米国のトランプ大統領が9月4日(現地時間)“韓国や日本などを助けるため多くの金を使っているが、彼らは感謝しない”と発言した。今月中に始まる韓米防衛費分担金交渉を前に、本格的な圧力をかけてきたものとみられる。

トランプ大統領は“多くの場合、彼ら(同盟国)がわれわれ(米国)のためにしていることは多くない。しかしわれわれは絶対に感謝しない全世界の多くの人たちを助けている”と述べた。同盟国からより多くの金を受け取らねばならないという意味だ。トランプ大統領はさらに“われわれは彼らに感謝を要求する指導者を持ったことがない”“私は『あなた(同盟)は感謝すべきだ』と言う”とも語った。

韓米両国は今年2月、今年の防衛費分担金を前年比8.2%増の1兆389億ウォン(約926億円)にすることで合意し、また来年度の分担金交渉は今月中に始める予定だ。米国は今年7月と8月に来韓したホワイトハウスのボルトン国家安保補佐官やエスパー国防長官らを通じ、韓国に対し防衛費の大幅引き上げを要求してきたという。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ