Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

国際パラリンピック委員長が韓国側の主張を全否定

日本が来年の東京オリンピック・パラリンピックのメダルに、旭日旗を連想させる模様を入れて議論を呼んでいる中、国際パラリンピック委員長(IPC)が「問題がない」という立場を明らかにしました。

アンドリュー・パーソンズIPC委員長は、12日、東京で開かれた「パラリンピック選手団長会議」が終わった後、記者たちと会い、「デザインはまったく問題ない」とし、「是正は必要ない」と述べました。

続いて、「東京オリンピック・パラリンピックのメダルは、日本の扇子をモチーフにした美しいデザイン」とし、「IPCは、デザインの変更を考えていない」としました。

パーソンズ委員長は、特に旭日旗の競技場搬入についても、「これは政治的な問題であり、政治とスポーツを混同するつもりはない」とし、「IPCは旭日旗の競技場搬入を禁止する規定を特に設けていない」と言いました。

パーソンズ委員長はまた、「旭日旗の競技場搬入禁止を要求する韓国側の資料を昨日受け取った」と説明しました。

また韓国側からIPCへ11日、大会会場に旭日旗を持ち込ませないように要望する書面が届いたことも明かした。パーソンズ会長は「旗を持ち込めないルールはそもそもIPCにない。あくまでも政治問題なので、混同することは決してない」と語った。
Share:

1 件のコメント:

  1. 当たり前だ‼️
    論ずるに値せず。ってところだろ。
    馬韓だけだ。こんなので騒いでいるのは。恥ずかしくないか?バカじゃないか?いい加減にしろ。毎回毎回疲れるわ。お前ら劣等感丸出しじゃないか。世界はお前らを意味嫌っているのをまだわからんのか?どこの大学の教授か知らないが、恥丸出しだな。祖国の中で騒げ。半島から出るな。恥を晒すだけだ。他人を巻き込むな。うんざりなんだよ。

    返信削除

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ