Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

トランプが在韓米軍撤収でノーベル賞を狙っている!韓国終わったな

トランプがノーベル平和賞受賞を狙うために在韓米軍の撤収に踏み切るんじゃないかという考察だ。実際にトランプはノーベル賞への意欲を口にしているだけに説得力がある。トランプの予測不可能な動きのせいにしようとしてる向きもあると思われる。

ドナルド・トランプ米大統領が23日(現地時間)、“ノーベル平和賞が公正に審査されるならば、さまざまな点から私がノーベル賞を受賞することになるだろう”と発言した。トランプ大統領は過去にもノーベル賞問題に数回言及したことがあり、主要な国際的懸案を自身のノーベル賞受賞問題に結びつけているのではないかとの見方がある。

トランプ大統領は同日、米ニューヨークで、国連総会に合わせて行われたパキスタンのイムラン・カーン首相との首脳会談冒頭、ある記者が“(パキスタン・インド間の)カシミール問題を解決したらノーベル賞を受賞できるだろう”と言ったところ、“彼ら(ノーベル委員会)は公正でない”と答えた。そして、“彼らは(バラク)オバマが大統領になった直後にノーベル賞を与えた。彼(オバマ)は自分がなぜ賞をもらったのか分かっていなかった。それは私と彼の意見が唯一、一致した部分だ”と言った。

トランプ大統領はこれまで、北朝鮮の核問題に関して、ノーベル賞に対する意欲を隠すことなく言及してきた。トランプ大統領は今年2月にベトナム・ハノイで行われた第2回米朝首脳会談の前、“(日本の)安倍晋三首相はノーベル平和賞を与える人々に送った非常に美しい5枚つづりの書簡のコピーを私にくれた”と語った。

また、昨年5月に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が青瓦台の会議で、“ノーベル賞はトランプ大統領が受け取るべきだ”と述べたことについて記者が尋ねると、“提案に感謝する。非常に寛大な言葉だ”と言った。昨年4月に米ミシガン州で行われた遊説では、支持者が“ノーベル”と連呼すると、トランプ大統領は“すてきなことだ”と話した。

トランプはノーベル平和賞をもらいたい。彼は北朝鮮に平和をもたらすことさえできれば平和賞をもらえると考えているだろう。私が心配するのは在韓米軍撤収だ。トランプがボルトン補佐官を韓国に送り50億ドルの防衛費を分担するよう要求するのは在韓米軍撤収の最初の段階とみられる。

こうした方法に賛成する人はあまりいないがそれでも多くの米国人が在韓米軍は長く駐留しており、韓国は自ら防衛できるほど十分に強い国だと考えるのは事実だ。中国と北朝鮮を念頭に置かなければならないが、トランプがノーベル平和賞にあまりにも執着し良くない結果が起きかねない。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ