Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

トランプが安倍首相に文在寅の愚痴をこぼしていた!トランプは韓国自体を信用してないからな


日本の話題が1ミリも出なかったとされる米韓首脳会談とは異なり、日米首脳会談では主に韓国文在寅の扱いについて話し合われたようだ。韓国とうまくいってないのかとトランプから聞かれ安倍首相が一通り説明。それに対しトランプが文在寅は北朝鮮からも信用されず、尊敬もされていないと共感しながら批判する姿勢を見せた。もはや文在寅は周辺国すべてから信頼されなくなったというわけだ。

25日(現地時間)に米国ニューヨークで行われた日米首脳会談では2国間貿易交渉、中東情勢とともに韓日関係が議題となった。ホワイトハウスは報道資料を通じて“両国首脳が米日韓の安保協力の重要性に言及した”と明らかにし、日本首相官邸も同じ内容を確認した。

首相官邸側は関連の記者会見で“日韓関係について最初に振ったのはトランプ大統領”と伝えた。続いて“日本と韓国が抱えている課題について安倍首相が日本の基本的な立場をはっきりと説明し、トランプ大統領がうなずきながら聞く姿が印象的だった”と説明した。しかし“具体的にどの懸案について対話が交わされたのか、また対話内容については、外交上の対話であるだけに説明しない”と述べた。

北朝鮮問題と韓日米安保協力について安倍首相は“北朝鮮の相次ぐ短距離弾道ミサイル発射は国連安保理決議違反という点が明確”と述べ、日米両国の安保理決議の完全な履行を強調したという。また、両首脳は“拉致、核、ミサイルなど懸案解決のために日米が緊密に連携し、韓国を含む3カ国が対応していく”という方針を確認したと、NHKは報じた。

ただ、首相官邸側は韓日米3カ国が絡んでいる韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)については“具体的にGSOMIAというワーディング(言葉)は出てこなかった。全体的な日韓関係に関する説明が行われた”と伝えた。

今回の会談は、韓日関係が全く言及されなかった2日前(23日)の韓米首脳会談とは全く違う結果だ。

韓国が先月終了を決めて米国政府が失望を表示したGSOMIAについては少なくとも議論が行われると予想されたが、韓米首脳会談に参加した韓国政府関係者は“日本の話は一切なかった”と伝えた。ホワイトハウスの発表文に儀礼的に含まれてきた“米韓日安保協力”関連内容も2日前には抜けた。

トランプ大統領がうなずきながら真摯に傾聴したという安倍首相の説明が何かについて、首相官邸側は“敏感な問題なので明らかにすることはできない”と話した。しかしそのヒントは会談終了から4時間後に行われた安倍首相の記者会見に表れている。トランプ大統領にした説明を繰り返した可能性が高いからだ。

海外記者から“徴用問題と輸出規制、GSOMIAなどで悪化した韓日関係をどう解決するのか。他国との貿易関係に影響を及ぼすのではないのか”という質問を受けた安倍首相は“輸出管理と徴用問題は全く別の問題”と一線を画した。

政府関係者によると、トランプ大統領は、日本時間の26日午前に行われた会談で、安倍首相に対し、“最近、韓国とうまくいっていないんだって?”と切り出したという。

これに対し、安倍首相は、韓国をホワイト国から除外した経緯や、いわゆる徴用工問題について、日本の立場を説明した。

それをうなずきながら聞いていたトランプ大統領は、“文大統領は、北朝鮮からも信用されていない”、“尊敬されていない”、“最近は金委員長から電話もかかってこないらしい”と、文大統領を批判したという。

時事通信によると、当初45分間の予定だった日米会談は約2倍の1時間30分続いたという。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ