Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

グリーン副所長は「韓国、米国の同盟から離脱の可能性」!中国が機会をうかがっている


米戦略国際問題研究所のマイケルグリーン氏の発言だ。現地時間の9月4日に開催された米中関係検討公聴会の席で韓国が米国の同盟国から離脱するかもしれないと述べたという。中国がそれを強圧的に求めているという体でだ。インド太平洋戦略にも消極的なうえ、南北統一に中国の協力が不可欠だという思い込みがあるかららしい。米国政府関係者から公然とこういう発言が出てくる時点で米韓同盟は終わりと言っていいだろう。

“韓国は日本とは非常に異なる歴史を持ち、非常に異なる地政学的状況にある。こうした要因から中国は韓国が米国との同盟から離脱する可能性がはるかに大きいと見ている”。

米シンクタンク米戦略国際問題研究所(CSIS)のマイケル・グリーン上級副所長は9月4日(現地時間)、米議会傘下の米中経済安保検討委員会が主催した“2019年米中関係検討公聴会”に出席し、このように述べた。

韓国は日本など他のアジアの国に比べて米国から脱同盟する可能性がある環境にあり、これを知る中国が機会を眺めているという主張をしたと、米政府系放送のボイス・オブ・アメリカ(VOA)が9月5日報じた。

この公聴会は米中関係を研究する専門家らが議会に専門的な助言をする席で、米国が経済・安保分野でどのように中国に対して優位を維持するかに焦点が合わされた。

グリーン副所長は議会に提出した陳述書で“中国の習近平国家主席が執権した後、中国は韓国が米国との同盟から離脱するよう強圧的に接した”と診断した。2017年のTHAAD体系事態当時の韓国企業への圧力および中国人観光客の訪韓禁止政策を例に挙げた。

韓国は中国の要求に降伏したわけではないが、中国の強要に対抗すべきという姿勢では日本・豪州政府より慎重な方だと評価した。また、韓国が米国のインド太平洋戦略への参加に消極的である点も指摘した。

グリーン副所長は“韓国が中国に対する貿易依存度が他国に比べて相対的に高いという理由もあるが、朴槿恵(パク・クネ)政権から文在寅(ムン・ジェイン)政権まで中国が韓半島(朝鮮半島)統一において重要な役割をするという信念を抱いているため”と分析した。

続いて、中国は同盟国が関与しない“独立的”統一を支持するが、これは韓日米の立場とは矛盾すると指摘した。にもかかわらず、韓国は中国との関係改善が北朝鮮の問題を管理するのに役立つという考えを維持していると伝えた。

ここではあえてGSOMIAの話題は出さなかったようだがな。総体的な話として韓国が日本など他の諸国に比べて米国の同盟国でなくなる可能性が高く、中国がそれを求めているという見方をしている。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ