Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

米国「GSOMIA破棄、韓国に極めて不利」!韓国は独自の北朝鮮偵察用の衛星を持っていない


米国の専門家が日韓のGSOMIA破棄は韓国にとって極めて不利となるという見解を残したらしい。韓国には日本と異なり衛星を使った北朝鮮内の偵察をする能力がないからだという。GSOMIAがなくても問題ないとする韓国政府の見解とは大きく異なるようだ。

韓国の日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄は日韓両国にどのような影響を与えるのか。さまざまな意見が飛び交うなか、朝鮮半島の情勢に精通した米国の専門家が、同協定の破棄は韓国側にとってきわめて不利になるという見解を公表した。

日本は偵察衛星を使って北朝鮮内部の問題の動向などを探知できるが、韓国にはその能力がないからだという。元米軍高官の同専門家は、今回の韓国の措置は米韓同盟を傷つけ、北朝鮮や中国を有利にするだけだとして厳しく非難している。

同専門家は、現在ワシントンの安全保障研究機関“民主主義防衛財団(FDD)”の上級研究員を務めるデービッド・マックスウェル氏である。マックスウェル氏は韓国のGSOMIA破棄についての見解を、防衛問題専門紙の“ディフェンス・ニュース”(8月29日号)に論文として発表した。

マックスウェル氏は米国陸軍の将校として在韓米軍・参謀本部に勤務した経験を持つ。在韓米軍では特殊作戦部長を務めたほか、在日米軍や国防総省にも勤務した。陸軍大佐として2011年に退役した後は、米国防大学やジョージタウン大学で朝鮮半島の安全保障などについて教えると同時に、FDDの研究員としても調査や研究を続けてきた。

“韓国は北朝鮮とその支援国の手中に陥っている”というタイトルの同氏の論文は、韓国が日本との軍事情報を交換する協定の破棄を決めたことの誤りや危険性を強調していた。

同論文がとくに注目されるのは、韓国には人工衛星で北朝鮮内部の軍事動向を探知する偵察能力がまったくないという指摘だった。一方、日本にはその偵察能力があるから、GSOMIAの破棄はむしろ韓国にとって不利な状況を招くという。

その点について同氏の論文は以下のように述べていた。

“韓国と日本は2016年11月に、北朝鮮の問題と通常戦力作戦に関する秘密情報を含めた軍事情報を交換する協定『GSOMIA』に調印した。だが韓国側の人工衛星による情報取得の能力は、南北軍事境界線の南側の領域対象だけに限られている。一方、日本の自衛隊は、軍事境界線の北側の北朝鮮軍の動向を偵察できる偵察衛星数機を保持している。GSOMIAはこうした両国間の情報収集ギャップを埋める協定だった”

マックスウェル氏はこれ以上は韓国の偵察衛星の能力には触れていなかったが、韓国が現在にいたるまで北朝鮮領内を偵察できる独自の人工衛星を保有していないことは韓国側からの情報でも明らかとなっていた。

さすがに北朝鮮の問題を探知できないのはまずいと思い始めたのか、韓国も2017年には衛星を他国から借りられないかと打診した。だが見事に断られてしまった。いくら韓国寄りとされるイスラエルやドイツにフランスといえども軍事機密を提供したくはなかったんだろう。

韓国の中央日報などの報道によると、韓国政府は2017年8月に、レーダー搭載衛星4機と赤外線センサー搭載衛星1機の計5機の偵察衛星を2021年から3年の間に打ち上げて運用するという計画を発表した。しかし、この計画が完成する2023年まで、つまり2017年から約6年間は、北のミサイル発射の兆候を探知する方法がない。そこで、韓国軍は偵察衛星の“レンタル”というアイデアを思いつき、諸外国に打診したという。

このあたりの実情は日本でも産経新聞の岡田敏彦記者が2017年9月に詳しく報道していた。韓国政府はイスラエル、ドイツ、フランスの3国に偵察衛星の借用を求めたが、いずれも断られたというのだ。その結果、現在にいたるまで韓国は独自の北朝鮮偵察用の衛星を持っていない。

一方、日本は北朝鮮の問題の自衛策として、2003年頃から北朝鮮の軍事動向を探知できる人工偵察衛星の打ち上げ計画に着手した。

2013年には光通信衛星とレーダー衛星という2種類の偵察衛星を打ち上げて組み合わせることで、北朝鮮内部の動きを探知できるようになった。

人工衛星はその後、機能強化、追加の打ち上げなどを経て、現在も光通信衛星2機、レーダー衛星5機の運用体制が保たれているという。つまり、北朝鮮内部の問題を察知する人工衛星の情報収集能力は、韓国よりも日本のほうがずっと高いということなのだ。

ただし、日本にとってのGSOMIAのメリットは韓国の機密情報を米国を介して入手できることだ。つまり韓国軍が妙な真似をすれば日本にもそれが即座に伝わる。ところがGSOMIAが破棄された場合韓国軍の機密情報入手はまず不可能になるだろう。米国も機密を守る義務が生じるから日本には教えられないことが増えるはずだ。

韓国が直接日本に教える情報と、韓国から話を聞いたアメリカから日本に情報が伝わるのと2パターンあるって事です。

ところがGSOMIAがなくなれば日本はこれらの作戦を知る術を失うってわけ。米国が勝手に日韓のお互いの情報をもう一方に伝えられなくなるのが大きな変化だと思う。だから俺は年末年始辺りにも韓国軍の動きに注意しろと今から警告している。

日韓にGSOMIAを締結させることにより日本と韓国の双方に情報を行き来させて、お互いが妙な真似をしないように相互監視状態にさせるというのがGSOMIAの隠れた目的と言っていいだろう。韓国だけでなく日本についてもある日突然竹島に進撃しても限らないからな。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ