Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国LCC「累積赤字が数十億円」!乗務員に無給休暇の取得要請 損失拡大で

韓国のLCCイースター航空が日本不買問題で乗客の大半を失い非常経営に突入しているという。累積赤字だけで数十億円にのぼるとし、最悪の場合会社が倒産してしまう事態も想定されるらしい。これにより10月から3カ月間従業員の“無給休暇”を実施するそうだ。事実上の一斉リストラと言っていいだろう。

17日の業界によると、イースター航空のチェ・ジョング社長は16日に社内掲示板を通じ“本日付で非常経営を宣言し、危機克服経営体制に転換する”と明らかにした。チェ社長は“現在までの累積赤字だけで数百億ウォンで、この状況が続くならば会社の存立が深刻に脅かされかねない”と付け加えた。

イースター航空はタスクフォースチームを中心に、状況別・分野別に危機克服案をまとめる方針だ。これと別に10月から3カ月間従業員の無給休職も実施する。イースター航空関係者は“一部路線の運休と米ボーイング社のB737MAXの運航中断で人材に余裕ができ希望者に限り進めるもの”と話した。

イースター航空を含む韓国系航空会社8社は需要鈍化とウォン安ドル高の余波で4-6月期にいずれも赤字を記録した。航空業界では“日本など短距離路線に集中したLCCのうち不渡りを出す航空会社が出てくるかもしれない”との見通しまで出ている。

韓国の人達が日本旅行をやめればやめるほど自国の航空会社にダメージがいくとまたしても証明されてしまったわけだ。

一方、韓国も日本ホワイト国除外、両国半導体に続いて自動車影響拡散。

韓国政府が18日から日本を輸出審査優遇国、ホワイト国リストから除外します。

これにより、既存のホワイト国“カ地域”と非ホワイト国“ナ地域”の二つに区分してきたのを、“カ地域”を細分化し、輸出規制基準を適用します。審査期間も従来の5日から15日に増やされ、両国間の貿易の問題が当分続く見込みです。

今回の規制で、日本企業だけでなく、韓国企業100カ所の影響も予想されると報道しました。韓国政府が支援を約束したが、通常のサイクルの回復は難しいと予想しました。

日経新聞では、日本と韓国の自動車業界が部品備蓄に拍車をかけているという記事を報道しました。日本と韓国の自動車メーカーは、両国間の貿易制限措置が半導体から自動車へ拡散することを懸念し、他国で調達した部品を備蓄していると伝えました。

新聞は、両国が自動車サプライチェーンに深く依存していると伝え、現代とトヨタ両国の自動車産業主軸担う企業は、両国の部品を輸入して品質の発展を成し遂げたと分析しました。実際、日本は昨年785億円の部品を韓国から輸入しており、701億円規模の部品を輸出したことが分かっています。新聞は貿易紛争が自動車分野に拡大されると、中国などで代替資源を見つけることができますが、この切り替えには時間がかかると見られ、品質も低下することがあると懸念しています。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ