Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国企業、フッ化水素の国産化で赤字が膨らむ

LGディスプレーの7月~9月の業績見通しが出たんですけど、営業赤字が2558億ウォン、日本円で230億円くらいになってしまったそうです。前年同期比は利益が出てたので、赤字転落してしまいました。売り上げも0.4%しか増えてなくて、役員の25%のリストラを決めたそうです!フッ化水素の国産化を先月から始めてるんですけど、大丈夫なんでしょうか?

韓国ポータルサイトのニュース1コリアの記事です!SKハイニックスが日本の輸出規制品目の一つである液体フッ化水素(エッチング液)の国産化に成功した。10月初めから国内企業の製品を一部半導体生産ラインに投じている。液体フッ化水素は半導体の原版であるウェハーを削って不純物を除去する際に使用される核心材料だ。

日本政府は韓国向け輸出規制を始めた7月以降、気体フッ化水素の輸出は3件承認したが、液体製品輸出はまだ1件も許可していない。産業界では半導体企業による核心素材の韓国産化と輸入処の多角化が予想より早く進んでいるという評価が出ている。

ディスプレー業界では半導体業界よりも早く液体フッ化水素の韓国産化が進められている。LGディスプレーは先月初め、液体フッ化水素の一部国産化を知らせた。今月には生産ラインに投入される液体フッ化水素100%を国産化する予定だと伝えた。サムスンディスプレーも最近、国産液体フッ化水素テストを終わらせて近く生産ラインに投じる予定だ。

日本政府は先月30日、気体フッ化水素輸出2件を許可した。日本の輸出規制が始まってから半導体核心材料3品目関連の輸出承認件数は合計7件だ。今回輸出の承認が下りた気体フッ化水素はSKハイニックス、サムスン電子がそれぞれ輸入するという。SKハイニックスの輸入物量が許可を受けたのは今回が初めてだ。SKハイニックス関係者は“初めて日本政府から輸出承認を受けたのは間違いない”とし“まだ製品が国内に入ってきてはいない”と説明した。

ただし、液体フッ化水素の一部に国産品を9月初めから使い始めたものの、それまでの2カ月間のフッ化水素枯渇による生産縮小からくる売り上げ低下には耐え切れなかった…という話ではないようだな。韓国企業は、みんな業績不振だと思います!フッ化水素の国産化で、業績の悪化に拍車がかかったんです!日本の輸出管理強化は、何も関係ないので、日本のせいにするのはやめましょう!

一方、直接の原因は、LCDパネルの価格が落ちて低価格の中国製に押されたのに加えて、有機パネルの販売も期待を下回ったからです。8月に、LCD生産を半減させるって報道されてます。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ