Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

米朝協議決裂で韓国民が心配状態

米朝決裂の報道が一斉に出てきているが、ここは敢えて韓国ポータルサイトの記事から見てみることにする。韓国民の反応を探りたかったからだ。決裂の理由は米国が手ぶらで来たからだとされているが、具体的な中身は特に明らかにされていない。北朝鮮の主張内容に含まれる米韓軍事演習の中止が履行されていないのが大きいものと思われる。来年にも文在寅の理想とは真逆の朝鮮有事が始まる可能性も出てきた。

北米が2月にベトナムのハノイ会談決裂以来7ヶ月ぶりに再開した交渉が再び決裂に伴い、昨年から続いてきた非核化交渉は最大の危機を迎えた。

北米実務交渉の北側交渉代表的なギムミョンギル外務省巡回大使は実務交渉が行われた5日(現地時間)午後6時30分頃、スウェーデンのストックホルム郊外北朝鮮大使館の前で声明を発表し、同日、北米実務交渉は決裂したと発表した。

金大使は交渉の場を去り、15分に発表したこの日の声明で、“交渉は、私たちの期待に応えず決裂した”とし“私は非常に不快に思う”と語った。

彼は“今回の交渉が何の結果も導出されず、決裂したのは、全面的に米国が旧態依然の立場と態度を捨てられないことにある”と付け加えた。

続いて彼は“米国はこれまで、柔軟なアプローチと新しい方法、創発的な解決策を示唆して期待感を精一杯膨らまたが、何も持って出ておらず、私たちを失望させ、交渉意欲を落とした”と述べた。

キム大使は“我々はすでに米国側にどのような計算が必要なのかを明確に説明し、時間も十分に与えたにもかかわらず、米国が手ぶらで交渉に出てきたのは、最終的に問題を解く考えがないことを示している”と主張した。

彼は“シンガポール乾燥首脳会談以降だけでも、米国は15回に渡って、私たちを狙った制裁措置を発動して、大統領が直接停止を公約した合同軍事演習さえ一つ二つ再開し、朝鮮半島(韓半島)の周りに先端装備をドラッグかけ、私たちの生存権と発展権を公然と脅した”と非難した。

それで、今年末までに何とかしてほしい、って韓国の財閥が泣き付いているんですね。何となく、先の事が読めるようになってきました!

日韓のGSOMIA破棄も同じく朝鮮のフラグだね。日米が韓国に機密情報を与えることができなくなるのは、韓国がどうなっても構わないという意思表示に他ならないからだ。韓国自身がそれを望むという点も含めて日米の想定通りだろう。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ