Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国代表、メダル獲得選手を多数含む15人が摘発される……

韓国が柔道種目だけでメダルを14個獲得した昨年のジャカルタパラアジア大会。ところが、障害者柔道国家代表選手たちが虚偽の障害等級を受け取った容疑で警察に摘発されたことが確認された。障害者柔道代表として出場する視覚障害のスポーツグレードを受けなければならが、視力検査の際に実際より目が悪いかのように欺いたとのことです。

国際視覚障害者スポーツ連盟が定めた障害のスポーツグレードは、すべてで3つ。もっとも低いB3の評価は、よいほうの目の視力が0.1から0.04の間、または片目の視野角が5から20度の狭い選手に与えられます。

今回摘発されたB3評価選手の中には、直接車を運転するほどに目がよい選手もいました。警察は彼らが定期的に点検を受けた場合、視力がはるかに良く出てきたものと見ています。

また、警察は韓国障害者柔道協会所属関係者が大会でメダルの期待できる選手について等級判定に関与したものと見ています。しかし協会は全く関与したところないと述べています。

一部選手は警察調査過程で虚偽で診断を受けた事実を認めているとのことです。警察は選手15人と前職・現職指導者5人など20人余りについて偽計業務妨害疑いで起訴意見を付けて事件を検察に送付しました。

柔道競技は基本的に視覚障害者のみが行われています。組み手を取らせてから試合開始になるというだけで、あとはほぼ通常の柔道と同じ。視力の区別もなく体重別のみで行われるそうです。全盲だろうと弱視だろうと区別なく行われる……というところに韓国がつけいる隙があった、ということですね。

選手15人が摘発されたってことは、ほぼ出場した全員ですからね。アジア大会では男女で個人14階級。パラ大会も同じ階級別になっているかは不明ですが。

あとアジアパラ大会では男女別団体があるようなので、団体で出場した選手からも摘発されているってことでしょうかね。韓国に関してはこうした“自己申告”とか“紳士協定”は通用しないのです。

野球のオリンピック予選で日本のメンバー表を見てから先発メンバーを書き換えたなんてことはその典型例として挙げられるでしょうけども。これからは“パラ大会で障害の申告で選手ほぼ全員が嘘をついていた”ということができますね。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ