Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

ノーベル化学賞の日本人受賞!韓国が失望した

スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年ノーベル化学賞を、京都大工学部出身で旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)ら3人に贈る、と発表した。授賞理由は“リチウムイオン電池の開発”。吉野氏はコバルト酸リチウムを使い、高性能のリチウムイオン電池を開発した。リチウムイオン電池は携帯電話やノートパソコンのバッテリーなどIT社会に不可欠な電源となり、自動車にも利用が広がっている。太陽光や風力で発電したエネルギーを蓄積でき、地球温暖化を進める化石燃料の浪費から脱却する技術であることも高く評価された。

共同受賞は、米テキサス大教授のジョン・グッドイナフ氏(97)とニューヨーク州立大特別教授のマイケル・ウィッティンガム氏(77)。グッドイナフ氏はノーベル各賞を通じ最高齢受賞となった。

日本のノーベル賞受賞は27人目。化学賞は2010年の鈴木章氏と根岸英一氏に次いで8人目。出身や大学の在籍など京都にゆかりの受賞者は15人になる。授賞式は12月10日にスウェーデン・ストックホルムで開かれ、3人に賞金計900万クローナ(約1億円)が贈られる。

受賞内容がまたダイレクトに韓国民の愛国心を揺るがすよね。韓国の精神的支柱であるサムスンの核となる技術の1つは日本人により発明されていたというだけでもパニック状態だろう。韓国ポータルサイトでも案の定一斉に報道されていた。


一方、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政運営に対する支持率が32.4%であることが分かった。これに比べて、およそ半分(49.3%)は“うまくできないでいる”と回答した。

韓国の明日新聞と西江(ソガン)大学現代政治研究所が韓国リサーチに依頼して先月26日から今月2日まで全国の成人1200人を対象に実施した世論調査の結果だ(標本誤差は95%信頼水準で±2.8%ポイント)。“よく分からない”という回答は18.3%だった。

このような支持率は最近の調査のうち最も低い数値だ。他の調査の場合、4点標準(非常に肯定-肯定-否定-非常に否定)で尋ねているのに対し、今回の調査は2点標準(肯定-否定)だ。また他の調査とは違い、質問過程で回答項目として“よく分からない”を提示する。この場合、肯定・否定に対する回答が減り、“分からない”とする回答が増えることが知られている。実際、4日に発表した京郷新聞-韓国リサーチ調査で、文大統領が国政運営を“うまくやっている”とする回答は46.4%だったのに比べて、“うまくできないでいる”という回答は49.4%で、“分からない”は4.2%だった。単純比較が難しいということだ。

ただし、同じ手法の1月の明日新聞-西江大学現代政治研究所-韓国リサーチの調査では“うまくやっている”という回答が39.1%で“うまくできずにいる”という回答(39.4%)とほぼ同じだった。“よく分からない”は5人に1人(21.6%)の割合だった。当時と比べて最近文大統領の国政支持率が下落したと判断できる根拠になる。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ