Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

日本政府、韓国の市民団体を入国拒否し拘束!政治活動をしようとした疑い

羽田空港の入国管理局が韓国市民団体の活動家3人を入国拒否し “抑留”したそうだ。理由は明らかにされていないものの、公共施設への損傷を行なう可能性があったと判断されたものとみられる。外国籍の活動家がそういった政治活動をする予定だと判断された場合には事前に入国拒否することが可能になるらしい。詳しい経緯と3人がいつ送還されるかなどは今後明らかになっていくだろう。

日本の独島(ドクト、日本名・竹島)領有権主張に抗議するため日本を訪れた市民団体が日本の空港で入国拒否された。

独島守護全国連帯のチェ・ジェイク議長と会員ら3人は28日正午に仁川(インチョン)国際空港を出発し午後2時ごろに東京の羽田空港に到着したが、入国を拒否され抑留されたと明らかにした。

これに先立ち独島守護全国連帯はこの9月29日午前ソウルの日本大使館向かいにある平和の少女像前で日本の2019年版防衛白書『日本の防衛』採択を糾弾する記者会見を行った。

彼らは「日本政府は独島が日本固有の領土だと記述した防衛白書を15年にわたり発表している。歴史ねつ造防衛白書を直ちに廃棄せよ」と主張した。

ただし、政治活動は禁止ではないが後から退去対象になる可能性も。禁止ではなく、後から送還や入国拒否の対象になる可能性があるってこと。単なる政治活動であれば実は問題はないそうだ。“問題のある政治活動”をやるか、もしくはやったとされる人物にのみ入国拒否が適用されることがあるという話だ。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ