Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国、7-9月期の経済成長率0.4%「ショック」

韓国の7-9月期の成長率が発表されたようだ。0.4%だった。この値は想定よりはやや高いものの、年2%を守りきるためにはあまりにも小さい数字だ。愛国日報が0.4%ショックとして嘆き記事を書いている。前期は大きく寄与した政府部門も今期は鳴りを潜めて0.2%にとどまった。歴史上成長率が2%を割ったのは4回しかなく、それだけに2%がマジノ線と認識されてきたという。愛国心崩壊の危機ってわけだ。

韓国銀行(韓銀)が24日に発表した“7-9月期の実質国内総生産速報値”によると、7-9月期の実質国内総生産(GDP)は前期比0.4%成長した。専門家らが予測した0.6%を大きく下回る数値だ。

経済主体別には民間と政府の成長寄与度が0.2%ずつで同じだった。4-6月期のサプライズ成長(前期比1.0%)を牽引した政府の寄与度(1.2%)は財政執行動力が落ち、0.2%に減少した。7-9月期の政府の財政執行規模は96兆6000億ウォン(約9兆円)と、1-3月期、4-6月期と比較して30%ほど少ない。

民間の寄与度は前期はマイナス(-0.2%)だったがプラスに転じた。しかし0.2%と低い数値だった。

項目別には内需の成長寄与度が-0.9%だった。建設投資を中心に民間投資が振るわないのが内需が成長率を低めた主な要因だ。その代わり4-6月期にー0.2%だった“純輸出”寄与度は1.3%に改善した。輸出は減少したが、それだけ輸入が大幅に減少した影響と分析される。

7-9月期の成長率が0.4%にとどまり、今年の成長率は2%に達しない見込みだ。韓国経済が今年2.0%の成長率を達成するためには7-9月期の成長率が少なくとも0.6%になってこそ可能だったからだ。18日に米国を訪問した洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相が“今年の成長率は国際通貨基金(IMF)と経済協力開発機構(OECD)の予測水準になる”と述べたが、IMFとOECDの予測値の2.0%、2.1%達成は難しい。

実際、GDP成長率が2%を割ったのは1954年以降4回しかなかった。1956年(0.7%)、1980年(-1.7%)、1998年(-5.5%)、2009年(0.8%)と、主に経済危機を迎えた年だ。年2%成長が心理的マジノ線と見なされてきた理由だ。

ユジン投資証券のイ・サンジェ投資戦略チーム長は“7-9月期の成長率は政府の支出や錯視効果のような要因が大きく作用せず、経済の本来の成長速度をそのまま表わした数値”とし“米中貿易紛争による経済的不安心理から、こうした成長率低下は来年も続くだろう”と予想した。

それでも、脱日本構想を進めないといけないんです。ムン大統領の理想を実現させる事でしか、今の韓国は救われないと思います!異次元の政策で未知の世界へ行こう、夢は大きい方がいいと言っている人までいるんです!
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ