Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

米国議会で香港人権法案が可決される

続く香港の状況を踏まえ、米国議会が香港の自治権を検証するための法案などが可決されました。Hong Kong Human Rights and Democracy Actと呼ばれるこの法案により香港への優遇措置の是非が決められることになります。上院での採決は未定ですが、数週間以内にも本会議で採決されるとしています。その後トランプ氏の署名を経て成立となります。

米下院は15日、香港が高度な自治を維持しているかどうか米政府に毎年検証することを求める“香港人権・民主主義法案”など中国への圧力を強める4つの法案および決議案を可決した。

法案・決議案は全て、超党派の支持を得て全会一致で可決された。民主・共和両党は、中国により強固な姿勢で臨み、香港で4カ月続く抗議デモを支援することが必要だとの認識で一致した。

香港人権・民主主義法案は、香港への優遇措置継続の是非を判断するため、一国二制度に基づく高度な自治を維持しているかどうか、米国務長官に毎年検証することを義務付ける内容となっている。

また、香港警察がデモ隊に対して使う可能性のある軍用品などの輸出を禁止する法案“Protect Hong Kong Act”も可決した。

上院での採決日はまだ未定だが、法案が可決されればトランプ大統領に送付され、トランプ氏が署名すれば成立する。上院の外交関係委員会関係者は、数週間以内に上院本会議で採決されるとの見通しを示した。

さらに、香港と米国の関係に関する拘束力のない決議も可決。決議は、中国政府の香港への干渉を非難し、香港市民の抗議する権利を支援するとしている。

また、カナダで逮捕された中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)の身柄引き渡しに関して、カナダ政府の行動を称賛する拘束力のない決議も可決した。

こうして見ると米国議会って一体何なんだろうという気がしてくるね。トランプ弾劾で中国に都合悪い流れを変えるかと見せかけて、こういう中国に圧力をかける法案では一致団結するという。

香港の自治権を保証することが中国当局には求められており、その前提で香港は世界中から資金を集めることが可能になります。中国当局が一線を越えて前提を覆す姿勢を見せましたので、全会一致となるのは当然と言えるでしょうね。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ