Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

お笑い韓国軍:国際射撃大会にも持っていけない韓国の誇るK3軽機関銃

いわゆる“軍人のオリンピック”とも呼ばれる国際的な射撃大会。毎年、オーストラリアで開かれ、現役の軍人が自国の制式銃を持って参加するのが原則です。

ところが、今年3月に開かれた大会では韓国軍機関銃チームがオーストラリア軍に銃を借りて射撃したことが確認された。大会準備期間にK3機関銃を修理をしたが、正常に発射することができずに機関銃をオーストラリアに持っていくことすらできなかったとのことです。このような不合理な状況は、すでに予見されたも同然でした。30年前から生産されたK3は、現在も約1万丁配備されているが、初期から問題が絶えませんでした。実際、昨年の陸軍試験評価でも50余発を撃つと弾詰まりが発生していました。米軍の許容基準は1600発に一度ていど。韓国では事実上、機関銃が機能していないわけです。

理由は、韓国の機関銃であるK-3の慢性的な機能障害のためでした。


結論:各国の陸軍が参加する射撃競技会がありまして。毎年、オーストラリアで行われています。今年はAASAM19が4月に行われました。日本の陸上自衛隊も参加しており、戦闘射撃部門で3位になったとのことです。

各国がそれぞれで制式採用している銃器を持ち寄り、競技会に参加するわけですが。韓国陸軍だけはオーストラリア陸軍のM249を借りて参加したそうです。というのも韓国が採用しているK3軽機関銃は当初から故障しがちで、参加チームがいくら整備してもまともに動作しなかったから、とのこと。

設計はミニミでよく知られているベルギーのFN社。韓国陸軍のアサルトライフルであるK2と操作性を共通化させているところが本家のミニミ(M249)とは異なるところ。ただ、配備当初から信頼性の低さに定評があり、2018年の陸軍試験評価でも2000発を連射するという試験でも6~35回もの弾詰まりを起こしたというニュースがありましたね。最悪の場合は50数発で連射が終わる、というわけです。

韓国軍が派兵されたイラク(韓国軍が犬の薬を地元民に配布したことでも知られている)でも奇襲された際にジャミングを起こして戦闘不能に陥ったなんて話が韓国独自のwikiwikiであるnamuwikiのK3軽機関銃/評価に書かれています。

ちなみに、K3軽機関銃はいくつかの国にも輸出されています。最近ではフィリピンにも輸出されているのですが、その際の評価でも“信頼性が低すぎる”ということで採用を却下されていたのですよね。

その後、“解決した”ということで、いつの間にやら制式採用されていたのです。不思議ですね。でも、本家では協議会に参加できないほどに信頼性が低いまま。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ