Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

米大使公邸に親北大学生団体が乱入!条約で定められた義務をガン無視

18日、親北朝鮮団体メンバーの男女17人が米国大使公邸の塀を乗り越えて侵入した。一行は大使一家が生活している公邸の建物の玄関前を占拠し、1時間以上も反米デモを繰り広げた。

当時、ハリー・ハリス駐韓米国大使とその家族は公邸を空けていた。政治的目的の米大使公邸乱入は、1989年に起きた全大協(全国大学生代表者協議会)の占拠・立てこもり事件以来、およそ30年ぶりだ。

ソウル・南大門警察署は18日、“韓国大学生進歩連合(以下『大進連』)メンバー19人を、米国大使公邸に侵入した容疑など(共同住居侵入、『集会および示威に関する法律』違反など)により現場で全員逮捕した”と発表した。

大進連は今夏、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長を称賛する大会をソウルで開いた団体だ。

大使公邸はウィーン条約に基づき、韓国警察が保護すべき“特別な義務”を有している。しかし現場警備に立っていた義務警察(兵役の代わりに警察で勤務する警察官)は、デモ隊の乱入を積極的に阻止することはなかった。

大進連メンバー19人がソウル市中区の徳寿宮近くにある米国大使公邸前に最初に現れたのは、18日午後2時55分ごろ。反米プラカードを掲げて“ハリス(駐韓米国大使)はこの地を去れ”、“米国反対”などのスローガンを叫び始めた。

さらに、準備してきた鉄製のはしご2基を設置し、高さおよそ3メートルの公邸の石塀を乗り越え始めた。男性2人が警察官3人を体で阻止する間に、女性11人を含む17人が塀を越えて行った。

警察は“はしごをむやみに取りのけた場合、乗り越えている学生らが落ちて大けがをしかねない”と主張した。

大使公邸侵入に成功したデモ隊17人は、大使公邸“ハビブ・ハウス”の玄関前に陣取ってデモを続けた。警察官およそ70人がデモ隊を追って公邸に入ったが、デモ隊の中にいた男性だけを連行し、女性11人は数十分間デモするがままにしていた。

“女性の体に手を出しと問題になりかねず、女性警察官の到着を待っていた”として、“ほかの場所へ行かないよう包囲はしていた”と主張した。

そうしている間にデモ隊はデモ場面の動画を撮り、リアルタイムでインターネットにアップした。女性警察官25人が到着してデモ隊を全員連行した時刻は、塀の乗り越えが始まってから70分が過ぎた午後4時5分だった。

駐韓米国大使館は、18日に発生した大使公邸乱入事件に関連して“大韓民国が、全ての駐韓外交公館を保護するための努力を強化することを強く促す(urge)”という声明を出した。

外国公館が接受国の政府に向けて、何らかの措置を“強く促す”というのは、外交的には極めて強い表現だ。元外交官は“urgeという表現は通常、敵性国に使うもので、同盟の間ではあまり使わない”と語った。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ