Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

10大グループの第3四半期営業利益4分の1書きは最大減少幅

7月~9月の韓国企業の業績が出てきたんですけど、思った以上に落ち込みが激しくてビックリしてます。主要なグループの利益を合計したら75%も暴落してて、LGグループに関しては99%も暴落してしまったそうです!10大グループから金融系を除いた営業利益が、たったの5700億円しかないのは、明らかに少ないと思います!どうしてこうなってしまったんでしょうか?

米中貿易紛争の世界的な需要不振、製造業景気低迷などで、過去3四半期の国内の主要なグループの上場企業が営業活動に稼いだ利益が昨年より75%も急減する最悪の不振を経験した。

グループ別では、LGグループの営業利益が99%減少するなど、現代車グループを除いた9つのグループの営業利益が減少した。

17日、大企業集団の専門データサービスインフォビックスが10大グループの金融会社を除く上場会社90ヶ所の第3四半期報告書を分析した結果、これらの第3四半期の別枠の営業利益は6兆1623億ウォンで、前年同期(25兆2862億ウォン)より75.63%減少した。

昨年第3四半期には、時価総額1位企業のサムスン電子の営業利益が、13兆9127億ウォンを記録したが、今年第3四半期には10代のグループ上場企業の営業利益の両方を加えても、その半分にも満たないだろう。

今年の初めから第3四半期までの累積営業利益も27兆4600億ウォンで、前年同期(71兆1041億ウォン)より61.38%減少した。

10大グループの上場企業の第3四半期の営業利益率は3.75%で、昨年(14.28%)より3分の1以下に急減し、1~3四半期の累積営業利益率も5.63%と、昨年(13.92%)の半分に落ちた。

昨年、世界メモリー半導体市場の好況に支えられ、サムスン電子などが良い実績を出したことによる、逆基底効果もあるが、ほとんどのグループの営業利益が均等に減ったのは、私たちの企業が苦戦していることを示している。

米中貿易紛争が長期化して半導体業況不振が続き、昨年12月から今年10月まで11カ月連続で月間の輸出が1年前と比べて減少し、今年の国内総生産(GDP)成長率は1%台にとどまることが確実視されてている。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ