Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

日本のヒラメ輸入検査強化で韓国の輸出が24%激減

韓国産ヒラメが価格下落に耐えられず市場崩壊の憂き目に遭っているという。主な理由は日本が輸入時の検査を強化したことだ。食中毒防止のために講じた措置で検疫手続きが複雑化し待機時間も長くなったことで、対日輸出額が前年同期比で24%も激減してしまったからだ。これにより供給過剰となり価格が下落したために、需給調整としてやむなく200トンを廃棄することになったらしい。ちょっと検査強化しただけであまりにも効果が出ていて逆に驚く。

“国民刺身”の待遇を受けたヒラメが価格下落を勝てず、最大の危機を迎えた。国産ヒラメ最大輸入国である日本が水産物検疫を強化しながら、輸出は減少のに生産量は増えているからだ。ここでサケのような他の水産物の人気が高まることもヒラメ回消費量の削減幅を拡大する要因である。

ヒラメは対内外の要因に危機を迎えている。最近、日本が韓国産ヒラメ検疫を強化しながら、輸出不振が深刻化したことが主な理由だ。

日本は食中毒を起こす“工藤アチュン”を遮断するために分析標本を増やすという名分で、6月から韓国産ヒラメ検疫の割合を20%から40%に引き上げた。

韓国だけでなく日本の研究グループが工藤アチュンを分析したところ、食中毒を誘発しないことが分かった。しかし、日本は検疫強化措置を強行し、検疫手続きが複雑になり、待機時間が長くなり、対日ヒラメ輸出は大幅に減少した。ヒラメの場合、生きている状態で輸出するため検疫期間が長くなると、弊社の確率も高くなる。ヒラメ物量が適時輸出されず譲り受けながら循環が円滑ではない状況である。

実際に関税庁輸出入統計によると、昨年9月ヒラメ類の対日輸出額は181万4000ドルで、前年同期より24%減少した。日本は全体ヒラメ輸出量の80%ほどを占める主要販売国と輸出の減少がヒラメ量消費量の削減に大きな影響を与えている。


“クドア”というのが、食中毒を引き起こすって書いてあります!韓国産のヒラメからは、クドアがいっぱい見つかったって事ですよね?

韓国側はクドアは食中毒を引き起こさないという意味不明な研究結果を出してるがな。仮にそうなら厚労省のページに文句の1つでも言うべきだがなぜかそうはしない。“日本の研究グループ”も含めて背後関係が怪しいと思われる。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ