Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国自動車の5社すべての販売台数が崩壊

韓国の自動車産業がいよいよ終焉を迎えそうな気配だ。今年に入ってやや調子を取り戻していたヒュンダイや起亜も含めて、10月には5社すべてが販売台数を落としてしまったという。米国や中国での販売不振に直面しているのに加え内需もついに落ち始めたからだ。大規模リコールからの補償金騒動などを経てすっかり信頼性を失ってしまったのも大きいと思われる。

韓国の完成車メーカー5社の先月の販売台数がすべて減少した。5社の先月の総販売台数は70万3777台で、前年同月比4%減の数字だ。今年に入って現代・起亜自動車は基底効果、内需維持などで月当たりの販売台数が1-2%台の増加傾向を維持してきたが、10月はこうした流れさえ止まってしまった。

現代自動車は国内(-2.1%)、海外(-2.6%)販売とも減少、合計2.5%下がった。起亜自動車は国内販売が2.3%増えたが、市場が4倍大きい海外の売上台数(20万1609台)は1.5%減少し、全体の売上高は0.8%減少した。現代・起亜自動車の関係者は“米国・中国での販売苦戦があまり解消されていない。内需で大きな比重を占めるグレンジャーの新車発売で、従来のモデルの販売が大幅に減少した面もある”と語った。

韓国車は欠陥だらけだという印象を多くの米国ユーザーに持たせることになっただろう。それによるものかどうかは知らないが米国では販売に苦戦しているそうだ。日本車と似て非なる存在だとばれたのも大きいね。

ルノーサムスン、韓国GM、双竜自動車の状況はさらに深刻だ。韓国GMの先月の販売台数(3万158台)は前年同月比25.5%、ルノーサムスン(1万4826台)は20.4%、双竜自動車(1万135台)は24.1%減少した。業界関係者は“マイナー3社の新車発売は活発でなかった上、ルノーサムスンの輸出契約が満了するなどの悪材料が重なっている。すぐに回復するのは難しいと思われる”と語った。

それから注目すべきなのが11月13日に自動車関税の猶予が切れることだ。今月に入ってから自動車関税の話題が特に出てきてないが、今週から徐々に増えてくるんじゃないかと思っている。その経過を見守りつつ韓国自動車産業が崩れゆくさまを克明に記録しようじゃないか。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ