Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国が貿易赤字に転落!航空業界が730億円の損失を出した

韓国の11月の輸出が、また暴落してるそうです!10日までの実績なんですけど、前年同期比で20.8%暴落してて、半導体については33.3%暴落してるみたいです。アメリカと中国向けの両方が大きく減ってて、他の品目も減少幅が大きかったとか。そして、10日までの実績では、貿易赤字に転落してしまったそうです。韓国経済は一体どうなってしまうんでしょうか?

昨年12月の1.7%減から続いた“輸出マイナス”の流れが12カ月連続するだろうとの観測が出ている。

関税庁が11日に明らかにしたところによると、今月1~10日の輸出は118億8200万ドルで、前年同期比20.8%減った。操業日数が昨年より1日少なかった点を考慮すると9.5%水準の減少幅だ。

輸出の20%前後を占める半導体の不振が続いたのが最も大きな原因に挙げられる。半導体輸出は前年同期より33.3%減少した。このほか船舶が64.4%減、石油製品が27.1%減、無線通信機器が5.6%減など減少幅が大きかった。国別では2大輸出先である中国向けが17.1%減、米国向けが18.4%減とともに大幅に減った。

同じ期間に輸入は123億3700万ドルで21.5%減少した。原油が25.8%減、ガスが17.1%減、機械類が8.0%減など大きく減った。貿易収支は4億5500万ドルの赤字だった。産業通商資源部関係者は“来年1-3月期には輸出が増加傾向に転じるだろう”と期待した。

さらに、韓国企業が総崩れの様相を呈している。商品が売れないまま在庫ばかりが積み上がり、減っているのは現金だけという皮肉な結果になりつつあるようだ。

今年上半期の韓国国内上場企業の在庫が過去最高となった。企業の半分は保有する現金が減少した。

全国経済人連合会傘下の韓国経済研究院によると、上場企業592社の連結財務諸表を分析した結果、今年上半期の上場企業の在庫資産は過去最高の229兆6000億ウォン(約21兆7000億円)だった。製造業の在庫は今年上半期だけで12兆2000億ウォン増えた。これは昨年1年間の在庫増加分とほぼ同じ。

在庫が売り上げにつながるまでにかかる期間も長くなっている。今年上半期の製造企業の在庫資産回転率は3.7回と、在庫が売り上げにつながるのに49日かかったことが分かった。2017年上半期に比べ1週間以上増えた。

一方、現金性資産は昨年上半期の296兆9000億ウォンから289兆ウォンに減少した。

また、韓国航空協会は11日、ソウル市内で政策討論会を開き、日本旅行ボイコットによる路線減少などで10月に韓日路線の旅行客が前年同期比で43%減少した点を挙げながら、国際線の被害額は年間で7829億ウォン(約732億円)に達するとの試算を明らかにした。9~12月の月平均旅客見通しと国際線平均運賃に基づき算出した数値だ。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ