Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国の司法機関信頼度、OECDで最下位に

実に興味深いね。OECD加盟国の国民に対して司法機関への信頼度を調査したそうだが、韓国がなんと世界で最下位になってしまったという。韓国民1000人に“裁判所を信頼するか”という問いかけをした結果がこれだ。しかも韓国の最高裁に9月届いた草案の中で判明した話だというから興味深い。韓国最高裁がOECDに働きかけて韓国の順位を除外するように申し立てているからだ。こうして朝鮮日報の手により表に広まってしまった時点で無意味な隠蔽工作と言えるだろう。

韓国大法院に今年9月、一通の公文書が届いた。標題は“一目で見る政府2019”。経済協力開発機構(OECD)が加盟37カ国を対象に各国の司法機関に対する信頼度を調べ、ランキングを付けた調査結果の草案だった。韓国は最下位だった。OECDが加盟国ごとに国民1000人に“裁判所を信頼するか”を尋ねた設問で、“信頼する”との回答は韓国が最も少なかった。

大法院は大騒ぎになった。裁判所関係者は“(大法院の)幹部の間で韓国の順位をどうにかして削除すべきだ”という話が出た。大法院は9月中旬、外交部を通じ、OECD本部に異議を申し立てた。異議は質問事項が正確ではないという趣旨だった。OECDは司法機関への信頼度を調べる際、“韓国の司法システムと裁判所を信頼するか”と尋ねたが、“司法システム”には裁判所だけでなく、検察や刑務当局も含まれるため、裁判所だけに限った信頼度調査とは言えないというものだった。大法院関係者は“裁判所と検察でどちらの信頼度が低いのかあいまいだ”と話した。大法院の問題提起を受け、OECDは近く発行予定の最終報告書の司法機関信頼度ランキングから韓国を除外する方針とされる。

大法院は異議申し立てには一理ある。ドイツなど欧州の多くの国々では韓国とは異なり、法務省傘下に裁判所と検察がある。OECDはその点に考慮し、2012年12月から2-3年に1回、加盟国の司法機関の信頼度を調査する際、“裁判所”と検察が含まれると解釈可能な“司法システム”に対する信頼度も同時に尋ねる設問にした。

論争を受け、2年前にもOECDの司法信頼度調査から韓国が除外された。大法院関係者によると、梁承泰(ヤン・スンテ)元大法院長の時代の17年にも大法院がOECDに同様の異議を申し立て、結局最終報告書から韓国が除外されたと説明した。当時韓国の裁判所に対する信頼度は最下位ではなかったが、下位圏だったとされる。

ただ、今年の調査が示唆する点は大きいとの指摘も多く聞かれる。金命洙(キム・ミョンス)大法院長は17年9月の就任以降、司法改革を目指した。しかし、その2年間の人的な清算が裁判所の信頼回復ではなく、信頼低下につながった格好だ。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ