Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

国際金融資本の韓国撤収ラッシュが始まる

GSOMIA破棄が迫る中、米国がいよいよ撤収ラッシュに舵を切ったようだ。この2年間だけでゴールドマン、バークレイズ、マッコーリーなどの国際金融資本が次々とソウル支店を閉鎖してしまったという。加えて海外からの外国人直接投資も減り、韓国企業の海外直接投資は逆に増加し続けているらしい。文在寅の失政で韓国経済がパニック状態に陥ろうとしている。

過去30年間にわたりソウルで勤務したグローバル金融CEOの言葉だ。“朴槿恵(パク・クネ)の創造経済や文在寅(ムン・ジェイン)の平和経済が何であるのか全く分からない。一つ確実なことは、国際資本が韓国経済に完全に興味を失っているという点だ”。JPモルガン資産運用コリアは11年目で韓国ファンド事業を終えた。

役職員も半分近く減らした。スイス投資銀行のUBSも保有していたハナUBS資産運用の株式を売却した。このCEOは“かつて外国資本は『食い逃げ』という非難を受けた。これからは頼まれても来ない。食えるものがなくなったからだ”と語った。“食い逃げ”という表現もぜいたくなほど韓国経済が枯れているということだ。

最近、外国資本の“韓国エクソダス(大脱出)”が目立っている。この2年間にゴールドマンサックス、バークレイズ、マッコーリー銀行などが次々とソウル支店を閉鎖して離れていった。かつて海外本社から低い金利に借りたドルを運用して利益を得ていたが、韓国にも低成長と低金利が定着したからだ。

もう黄金の卵を産む競争力を持った産業や企業も探すのが難しくなった。それで韓国経済に冷めた視線を向けている。その結果、韓国企業が外国に抜ける海外直接投資は今年上半期150億ドルを超えるなど連日過去最高を更新し、国内に入ってくる外国人直接投資は100億ドル以下にとどまっている。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は一昨日、任期2年半に“崩れた国を立て直した”と自慢したが、少なくとも経済分野では正反対だ。堅調だった経済が崩れる兆候が目立つ。成長率が1%台に落ちるなど主要経済指標が通貨危機やグローバル金融危機以来の最悪水準となった。政府は米中貿易摩擦など外部環境のせいにするが、問題は内部にある。

今は政策金利1.25%と過去最低であるうえ、今年469兆9000億ウォン(約44兆円、前年比9.5%増)のスーパー予算が投下されている。為替レートも1ドル=1165ウォンとウォン安ドル高だ。以前なら輸出が増えて成長率も上昇する環境だ。にもかかわらず輸出は11カ月連続で前年同期比で減少し、設備投資も6期連続マイナスとなり、成長率まで落ちた。これは韓国経済が深刻な慢性疾患を抱えていることを意味する。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ