Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

日本政府「韓国がホワイト国に戻るには最低でも数年かかる」

日本が韓国との輸出管理強化の撤回に関する協議に応じたと韓国が言っていることについて、日本側から具体的な立場が報道されている。毎日新聞によれば局長級協議が来月にも行なわれるとしているが、ホワイト国復帰には日本が課す3つ厳しい条件をクリアしなければならないそうだ。具体的には輸出管理体制の不備などを改善させることなどが含まれ、それらが守られていると日本が見なすまで数年間の時を経なければならないという。韓国民が数年間待てるとは思えないし、日本に承認を得なければいけないという事実も愛国心が許さないだろう。

日本の輸出規制問題を議論する韓日両国の課長級協議、局長級の政策対話が、それぞれ12月上旬と下旬に開かれる方向で検討されていると、毎日新聞が26日報じた。

政府関係者を引用した報道で、毎日新聞は“課長級協議は韓国で、局長級は日本で開催する見通し”とし“12月下旬に日中韓首脳会談(北京で開催)前に行う方向で調整している”と伝えた。

しかし同紙は▼フッ化水素など3品目に対する輸出規制強化措置の撤回▼ホワイト国への韓国復帰については“日本政府は即時に認めない方針で、韓国への輸出の適切な実施や、韓国側の輸出管理体制の整備を条件とする”と伝えた。

これに関連し日本経済産業省の関係者は25日、自民党の関連会合に出席し、“ホワイト国復帰のためには▼両政策対話が開かれていないなど信頼関係が損なわれている▼通常兵器に関する輸出管理の不備▼輸出審査体制、人員の脆弱性--が解消されなければいけない”という3つの条件を挙げた。さらに“3つがクリアされない限り、ホワイト国に戻すことはない”と述べた。

同紙は特に“(両国間)対話を繰り返す必要があり、グループA(ホワイト国)復帰のためには数年かかるだろう”という日本政府関係者の話も伝えた。

同紙は“韓国が22日に輸出規制をめぐるWTO(世界貿易機関)提訴手続きを停止すると正式に日本に通知し、これを受け、両政府は輸出管理をめぐる政策対話を行うことで合意した”と報じた。

一方、菅義偉官房長官は26日午前の会見で、両国間の対話日程について“具体的な日程が決まったという報告はまだ受けていない”と述べた。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ