Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

中国企業のデフォルト率が過去最悪に!総額1.5兆円規模

今年は、中国企業のデフォルトが急増してるそうです!11月まででデフォルトを起こした民間企業の比率は、過去最悪の4.9%になってて。2014年の0.6%より8倍も増えてるとか。債券のデフォルト規模も、141億ドルを超えてて、日本円で1.5兆円規模になるそうです。

格付け会社フィッチは10日、今年に入ってから中国民間企業のデフォルト(債務不履行)率が過去最高となっており、2020年も同様の傾向が続く可能性があると指摘した。

フィッチの発表によると、オンショアで債券を発行した中国の民間企業のうち、19年1─11月にデフォルトを起こした比率は過去最高の4.9%となり、14年の0.6%から上昇した。

発行体数でも元本規模でもデフォルト債券の8割以上を民間企業が占めたという。フィッチによると、中国企業が発行したオンショア債のデフォルト規模は今年1─11月に元本ベースで総額994億元(141億2000万ドル)となった。

フィッチ・レーティングスの中国企業調査部門ディレクター、ジェニー・フアン氏はブリーフィングで、民間企業のデフォルト率は“2020年にこの過去最高水準前後にとどまる”見通しだと明らかにした。

中国におけるデフォルトの拡大は、景気減速で債務返済と新規借り入れが困難になるなど、民間企業の苦境を反映している。

一方、米上下両院の軍事委員会は9日、2020会計年度(19年10月─20年9月)の国防予算の大枠を定める国防権限法(NDAA)案について、数カ月に及んだ協議後、合意に達したことを明らかにした。合意案にはロシアや中国を念頭に置いた措置や、トランプ大統領が提唱する宇宙軍創設に向けた措置が盛り込まれた。

年末の休会までに議会を通過する見通し。

法案の規模は総額7380億ドル。国防総省とエネルギー省の国家安全保障プログラム向けの6584億ドル、戦費に相当する“海外作戦経費(OCO)”の715億ドル、異常気象や自然災害など緊急時の復旧経費53億ドルが含まれる。

NDAA案は、トランプ氏の政策を巡り、民主党が主導する下院と共和党が多数派の上院で見解に大きな隔たりがあることから58年ぶりにまとまらないのではとの懸念が出ていた。

NDAA案は議会が毎年承認する数少ない重要法案で、広範な政策提案の手段として利用される傾向がある。

今回の法案には、ロシアの欧州向けガス・パイプライン事業“ノルドストリーム2”と、ロシアとトルコをつなぐパイプライン“トルクストリーム”に関連した制裁や、ロシアとの軍事協力を禁止する措置が盛り込まれた。

中国の海外投資やロシアとの軍事関係に関する報告の義務付けなど、中国からの脅威に対応する一連の措置も含まれている。

米軍兵士への給与の3.1%引き上げも盛り込まれた。引き上げ幅は10年ぶりの大きさとなる。また今回初めて、連邦政府職員向けの12週間の育児休暇も盛り込まれた。民主党が強く要求していた内容だ。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ