Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

日本と韓国の首脳会談、特に進展なし!文議長の徴用工解決法案は成立するのか?

日本と韓国の首脳会談は最初から最後まですれ違いっぱなしだったという。冒頭のあいさつの時点でそれは始まっていた。30分という短い時間の中で日本側は手短にあいさつを済ませたが、韓国側は長々と3分以上を使ってお祝いの言葉などを述べたためか日本側が報道陣に退席するように求めたそうだ。肝心の中身についても具体的な進展はほぼ何もなかった。韓国との関係はこれっきりとなるだろう。

人口1600万人を誇る中国の地方都市、成都。中心部に立ち並ぶ巨大な建築物にはクリスマスの装飾が色とりどりに煌めいている。12月24日、実に1年3か月ぶりとなる日韓首脳会談が行われ、安倍総理と文在寅大統領が45分間に渡って相まみえた。

首脳会談の冒頭、多くのフラッシュがたかれる中で、両首脳はやや硬い表情で握手を交わした。ここまでは想定内の動きだったが、その後の展開は意外なものだった。今回の日韓首脳会談は中国で行われた日中韓首脳会議の日程の中で時間が割かれて行われたのだが、安倍首相が2泊3日の訪問だったのに対して、文大統領は1泊2日だった。そのためタイトなスケジュールになってしまい、日韓首脳会談の予定時間はわずか30分だったのだ。

カメラ撮影が許された冒頭の場面、安倍総理は短い会談時間を意識してか、通訳を含めて1分の短い挨拶を述べた。一方文大統領は、安倍首相が歴代最長任期となった事へのお祝いの言葉や両国関係や対話の重要性などを縷々述べた。文大統領の発言が3分を超えた時に、日本の外務省職員がしびれを切らしたかのように韓国側通訳の発言中に報道陣に退席を求めたのだ。

首脳の発言の最中に慌ただしくカメラを外に出すのは、あまり無い事だ。報道陣のいない場所での虚心坦懐な議論が出来る貴重な時間を無駄にしたくない日本側と、カメラの前で自分の主張をしっかり出したかった韓国側との思惑がかみ合っていないように見えた。現在の日韓のすれ違いを象徴するようなシーンで会談は始まった。

日本政府によると、会談で安倍総理は“日韓関係は非常に厳しい状況にあるが、根本原因は元徴用工問題にかかる最高裁判決にある”と従来からの立場を述べたという。文在寅大統領は“解決の重要性は認識していて、早期に問題解決を図りたい”と応じたが、具体的な解決策の提示は無かった。

一方韓国政府によると文大統領は日本の輸出管理強化について“早急に原状回復しなければならない”と求め、安倍総理は“今後も輸出当局間の対話を通じて問題を解いていこう”と述べたという。首脳会談は予定を15分越えて45分間に渡って行われ、日本側の出席者は“張り詰めた空気があったが、とげとげしくもなく、極めて率直な忌憚のない会談だった”と評している。双方がそれぞれの主張を述べたが、具体的な解決に至る道は示されなかった。

ただ、今後当局者間の対話を通じて解決していくということでは一致した形だ。

元々この会談一つで懸案が解決するとの見通しは日韓双方ともに少なく、予想通りの内容と言える。1年3か月ぶりに開いた首脳会談だったが、結局は対話による解決が重要だと双方が確認するだけに終わった。ただ議題に上るのか注目されながらも、今回の首脳会談では議論されなかった事がある。それは、徴用工問題の解決策になり得るのか注目されている、いわゆる“文喜相案”だ。

ムン大統領は、解決策を提示しなかったんですけど、失礼議長の策は採用しなかったみたいですね。

韓国側はどう受け止めているのか?原告や市民団体からは、“日本企業の責任が明確でない”と反対する声が相次いで出ていて、労働組合に至っては文議長を罵っている。当の文議長も12月22日、自身のホームページに“『文喜相案』とは『日本の真の謝罪』を前提とした法です”“市民団体による『日本の謝罪が抜けている』という指摘には同意できない。日本の謝罪は政治的なもので首脳間の合意と宣言に含まれなければならない”との声明を発表した。法案が成功するのかどうかは日韓首脳会談での日本の謝罪次第だとし、突然日本側にボールを投げてきた形だ。

一方ソウルの街中で一般市民に聞いてみると、法案の中身を把握している人はほとんどいなかった。関心が低いのだ。韓国国会議長室の世論調査によると、法案賛成が53.5%で、反対の42.1%を上回ったというが、法案審議が進む中で、関心や知識が乏しい人たちは声の大きい市民団体や活動家の意見に引っ張られ、反対世論が高まる可能性は高い。

法案発表当時は、“立法府の事についてコメントしない”という立場だった韓国政府だが、大統領府関係者は12月20日“日本の加害企業が寄付しなければ問題は解決しない。被害者の意見が重要だ”と述べ、寄付を強請しない文議長法案に否定的な立場を示した。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ