Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国の物価安が通貨危機当時より深刻!韓国ウォンも暴落開始か

11月の消費者物価指数が、前年同期比で0.2%上昇だったんですけど、これで11カ月連続の0%台になってしまったそうです!物価上昇率がここまで長期間低迷しているのは、通貨危機当時よりも深刻だとか。

消費者物価上昇率が11カ月連続で0%台を超えることができなかった。1965年に関連統計を集計し始めてから最長記録だ。

統計庁が2日に発表した“11月の消費者物価動向”によると、先月の消費者物価指数は前年同月比0.2%上昇の104.87を記録した。4カ月ぶりにプラスに転換したが、依然として0%台の上昇率だ。物価は8月にマイナス0.04%で史上初のマイナスを記録し、9月にはマイナス0.4%と下落幅が大きくなった。10月は0%で横ばいを記録した。11カ月連続0%台を超えることができない物価上昇率は通貨危機直後の1999年2~9月に8カ月連続0%台を記録したより長い。

韓国政府がこれまで物価下落の主犯に挙げてきた農畜水産物価格は2.7%下がり、9月の8.2%、10月の3.8%より下落幅が鈍化した。それでも低物価状況は続いた。農産物・石油類などを除いた物価であるコア物価指数が依然として低いためだ。

内需景気の“体温計”の役割をするこのコア物価指数は先月0.6%の上昇にとどまった。過去初めて消費者物価が後退した9月と同じ水準で、1999年12月の0.5%以降で最低だ。今年が1カ月しか残っていないことを考慮すると、年間消費者物価上昇率は0%台を記録することが確実視される。過去最低値を記録する可能性も大きくなった。年間上昇率が1%に満たなかった年は中東呼吸器症候群(MERS)問題で景気が萎縮した2015年の0.7%と通貨危機に襲われた1999年の0.8%が唯一だ。

一方、12月に入って韓国の株式市場は下落の一途だ。

KOSPIで外国人投資家の買い傾向がなかなか回復の兆しを見せずにいる。

韓国取引所によると、2日に外国人投資家はKOSPIで3922億ウォンを売り越した。機関投資家が3097億ウォンを買い越して支え、個人投資家も496億ウォンを買い越した。

外国人投資家の売り攻勢はこの日まで18取引日連続で続いている。先月7日から4兆3363億ウォン相当を売った。2015年末から2016年初めにかけた22取引日連続売り以降で最長だ。当時は米国の基準金利不確実性から新興国からの資金離脱の恐れがあり、中国証券市場も急落するなど目立ったイベントもあった。売り越し額も今回より少ない3兆7055億ウォンにとどまった。

先月26日にモルガンスタンレーキャピタルインターナショナル(MSCI)指数への中国A株追加編入が終われば外国人が戻ってくるだろうという観測があった。だがその後も売りが続き、“韓国市場は躍動性を失った”という話まで出てきている。

専門家らは15日の米国の対中追加関税賦課に対する不確実性などの対外変数が隠れており、国内問題より対外問題がもっと大きく作用するとみている。

ウォン安も負担だ。この日ソウル外国為替市場では前取引日より1.90ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1183.10ウォンで取引を終えた。KOSPIから抜け出た資金の本国向け送金需要が流入したものと市場はみている。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ