Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国、ブルームバーグ・イノベーション指数で2位に後退…7年ぶりに明け渡す

韓国政府が経済政策の成果の一つとして掲げてきた“ブルームバーグ・イノベーション指数”の順位で、韓国は7年ぶりに1位から2位に後退した。同指数は米ブルームバーグ通信が毎年発表してきたイノベーション成長評価指数だ。今年の1位はドイツだった。

ブルームバーグが18日発表した“2020年イノベーション指数”によると、韓国は88.16点となり、対象60カ国で2位に入った。同指数は生産性、研究開発の集中度、製造業の付加価値、先端技術の集中度など7種類の指標を基準に順位を決める。

今年韓国は生産性分野で昨年(18位)より11段階後退し、29位にとどまった。製造業の付加価値(2位→3位)、教育の効率性(7位→16位)も昨年より順位が低下した。研究開発の集中度(2位)と先端技術の集中度(4位)は前年並み、研究の集中度(7位→5位)、特許活動(20位→11位)は順位が上昇した。ブルームバーグは“韓国の順位後退がすぐに韓国のイノベーションの没落を示すものではない”と指摘した。

1位だったドイツは先端技術の集中度(3位)、特許活動(3位)が高い評価を受けた。INGのチーフエコノミスト、カルスデン・ブルジェスキー氏はブルームバーグに対し、“製造業分野は競争が激しい分野であり、イノベーションの源泉だ。ドイツはこの分野で強みがある”と評価した。3-5位はシンガポール、スイス、スウェーデンの順だった。米国は9位、日本は12位、中国は15位だった。

ブルームバーグ・イノベーション指数は韓国政府がこれまでイノベーション成長の成果として誇ってきた指数だ。青瓦台のユン・ジョンウォン元経済首席秘書官は青瓦台のライブ放送に出演し、“ブルームバーグのイノベーション指数で韓国が数年連続でトップだったと聞いた”と語っている。青瓦台も昨年1月に公式ツイッターとフェイスブックを通じ、同指数で韓国が6年連続で1位になったと広報した経緯がある。

韓国企画財政部は“難しい対内外環境に伴う相対的な生産性・教育効率性の下落などで順位が1ランク下落した”とし“革新成長を拡散・加速する一方、生産性や革新人材養成など相対的に不足した領域を補完していきたい”と説明した。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ