Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

「韓国は5億ドル多く払った」…トランプ氏、金持ち国の韓国、防衛費をさらに支払うだろう

ドナルド・トランプ米大統領が“韓国は金持ち国だ。お金をさらに多く支払わなくてはならない”という論理を再び持ち出した。

今月14日と15日にワシントンD.C.で鄭恩甫(チョン・ウンボ)韓米防衛費分担交渉代表と米国務省のディハート防衛費分担交渉代表を首席代表にして行われる第11回韓米防衛費分担特別協定(SMA)の第6回交渉を前に、再び韓国に防衛費引き上げの圧力を加えたものだ。

トランプ大統領は10日(現地時間)、フォックス・ニュースのインタビューで、中東地域への追加派兵問題に関する質問に、“サウジアラビアは既に(防衛費分担金として)10億ドル(約1095億円)を預けている。私はサウジアラビアに『あなたたちは非常に豊かだ。より多くの(米軍)兵力を望むなら、私たちに(費用を)支払わなければならない』と話した”と主張した。

トランプ大統領はその後、突然“韓国は私たちに5億ドル(約548億円)くれた。(以前は)彼らは決してくれなかった”と言った。トランプ大統領は昨年からずっと“韓国が5億ドル多く払った”と主張している。しかし、実際には韓国は昨年、防衛費1兆389億ウォン(約981億円)を負担した。前年の9602億ウォン(約907億円)より約787億ウォン(約74億円、ドル換算では約6800万ドル)多く払ったものだ。

トランプ大統領は、自身が韓国を説得して5億ドル多く払わせたと説明した際、在韓米軍兵力の規模も伝えられているものと違う数字で言った。大統領は自身が韓国に“私たちはあなたたちを北朝鮮から守るために兵士3万2000人を駐留させている。あなたたちは(費用を)支払わなければならない”と言ったという。

米議会などを通じて分かっている在韓米軍の駐留規模は2万8500人だ。だが、トランプ大統領は昨年からずっと在韓米軍が3万2000人だと言っている。外交消息筋は“トランプ大統領は韓国に圧力を加え、自身の実績を誇張するため意図的に在韓米軍の数字や防衛費分担金の増額分を膨らませている可能性が高い”と語った。

ところが、実際に韓米間防衛費交渉の場では、双方が意見の歩み寄りを進めていることが分かった。米議会もトランプ大統領の“同盟脅迫”にブレーキをかけている。米上院は8日の本会議で、“韓米同盟の重要性を再確認する決議案”を満場一致で可決した。昨年4月に共和・民主両党の議員が超党派的に発議した決議案だ。下院でも同様の決議案が係留中だ。

在韓米軍に循環配置される米陸軍第1歩兵師団所属の第2戦闘旅団も11日、韓国への移動を開始した。米第2戦闘旅団は11日(現地時間)、“韓国に循環配置される装備を、鉄道を使って輸送し始めた”と明らかにした。トランプ大統領が韓米防衛費分担金交渉の結果に満足できない場合、戦闘旅団の韓国循環配置をまず中止する可能性があるとの懸念があったが、ひとまずそうした懸念は解消されたことになる。

興味深いのはトランプ大統領は策士ではなくビジネスマン。言われた通り払ってくれたらラッキーだし、相手がうまく値切ってきてくれればそれも歓迎する。最悪なのは商談だけ長引いて見込みのない客!韓はどうなるの?
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ