Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

「生産停止した中国製部品を日本で代替生産する」と日本企業が動き出す!韓国ヒュンダイ、ついに自動車生産停止

トヨタ自動車グループの大手部品メーカー各社が、新型コロナウイルスによる感染拡大への対策に追われている。春節(旧正月)休暇で稼働停止している中国の工場は、地方自治体からの通達や、主要顧客であるトヨタの工場再開延期に合わせて10日以降に稼働を再開する予定。しかし状況は刻々と変化しており、予定通り生産を再開できるかは不透明だ。サプライチェーンの混乱に備え、中国で作っている製品を他国で代替生産する検討も始めている。

トヨタグループでは、例えば豊田自動織機は江蘇省の工場で生産したエンジン部品、トヨタ紡織はシートカバーやドアトリム、豊田合成はハンドルの革製品やエアバッグの袋製品などを、日本や海外に輸出している。各社とも1週間程度の生産延期なら在庫で対応できるが、“1カ月を超えると状況は変わる”(豊田自動織機の河井康司執行職)。そこで代替生産も視野に、サプライチェーンの精査に乗り出した。

デンソーは災害時などに備えて、複数拠点で製品を供給できる体制をすでに整えている。松井靖経営役員は“生産のウエートを変えることは考えている。状況を見て対応する”と説明する。愛知製鋼は上海市で東南アジア向けの鍛造品を手がけるが、日本での代替生産が可能だという。

アイシン精機の塚本和哉グループ経営管理本部副本部長も“どんな製品にリスクがあるかを洗い出している”とし、日本を中心に代替生産の検討を始めた。ジェイテクトは軸受製品で中国から海外への供給が一部あるが、影響は限定的。状況を注視する構えだ。

現在、中国武漢市内は事実上“封鎖”され、上海市も企業に9日まで休業させる措置を決めたが、期間が延長され、企業に新たな判断を迫る可能性がある。

一方、韓国のヒュンダイが自動車生産を完全に停止させることになった。必要な部品が枯渇したからだ。韓国内の3カ所の工場すべてを停止させるとなれば輸出には痛手どころでは済まないだろう。韓国経済はいよいよ窮地に追い込まれる。

韓国の現代自動車は4日、中国で新型コロナウイルスによる肺炎が拡大した影響で部品の在庫が尽き、韓国南東部・蔚山など国内全3カ所の工場の生産ラインを順次停止することを明らかにした。

聯合ニュースによると、中国で感染拡大の防止対策として春節(旧正月)の連休が延長されたため、中国内にある韓国系部品工場が操業を停止し、この部品の在庫がなくなった。

韓国の双竜自動車も4日、同様に中国での工場停止による部品調達難でソウル南方の平沢の工場の生産を一時停止させると発表した。

SARSの時よりも韓国は中国経済への依存度を深めていただけにパニック状態どころでは済まないかもね。製造業もサービス業も中国にどっぷり漬かっていた。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ