Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国、偽マスクを100万個も販売していた!郵便局モール・クパン・オークションも「偽マスク」売却

韓国でついに恐れていたことが起こった。偽のマスクが販売されていたそうだ。抗菌効果が誇張されていたということで、具体的に何がどう偽なのかはあまり分からなかったが、とにかく偽物らしい。この偽マスクが韓国中のオンラインショッピングサイトで販売されまくっていて、累計で100万個以上に及ぶ可能性があるらしく韓国民が激怒している。

中小ベンチャー企業部傘下機関であるTVショッピングチャンネルである公営ショッピングが抗菌効果が誇張された「偽のマスク」を販売していた事実が一歩遅れて明らかになって苦労した中で、ロッテドットコムとクパン、オークション、11番街ドゥンソも大挙販売されたことが確認された。 特に公営ショッピングのような公的販売店である郵便局ショッピングモールも「偽マスク」が販売されて新たな議論がされている。 「偽マスク」の販売に問題を起こした公営ショッピングは前日公開謝罪と販売された、そのマスク製品の払い戻しすることにした。

3日、関連業界によると、「偽マスク」論議を巻き起こした「韓紙リフィルマスク」がロッテドットコムとクパン、オークション、11番街、テンバイテン、インターパーク、Gマーケットは、上記メプなどの民間流通プラットフォーム8ゴトソも、2月一ヶ月間販売されたことが確認された。 ここで公営ショッピングや郵便局モール、NSホームショッピングが運営するショッピングモールなどを合わせると、11ヶ所の流通チャネルを介して「偽マスク」が広く流通したものである。 業界では、ロッテドットコムやクパンなどと比較すると認知度が比較的低い公営ショッピングが2月の一ヶ月間、2万9,000人に「偽マスク」を販売したことを勘案すれば、11個賞味プラットフォームで売れた全体量は少なく握っても60万~70万個は超えると推定される。

去る2月は感染症の懸念が大きくなり、マスクの需要が急増して深刻な品薄状態をビトドンときだけ、市販の「偽のマスク」が120万本が流通されたという分析も出ている。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ