Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国「米国とのスワップ10年ぶりに復活か!」ウォールストリートジャーナルもフェイクの常習犯

愛国日報がスワップスワップと連呼する鬱陶しい季節がまたやってきた。今度は日本ではなく米国がターゲットだ。米国のウォールストリートジャーナルの社説で韓国や他のアジア諸国とのスワップを締結すべきという主張が出てきたことに目ざとく反応し、トランプ政権がまだ何も言ってないうちから”10年ぶりに復活か”という愛国的なタイトルをつけてしまっている。

為替レートの変動性が大きくなる中、韓米通貨スワップなど韓国が外貨流動性を確保できるかどうかが注目されている。

ウォールストリートジャーナル(WSJ)は10日(現地時間)、“米連邦準備制度理事会(FRB)の市場安定策”と題した社説で、10年ぶりに発生した金融市場パニックを収拾するためにFRBが韓国、中国、台湾、香港、豪州などの中央銀行と通貨スワップ契約を締結すべきだと主張した。

これに関し韓国企画財政部の関係者は12日、韓国日刊紙ソウル経済に“現在、対外健全性に問題はないと考えるが、安全網は多いほど良く、シグナル効果が大きいため、米国の通貨スワップ対象拡大はプラス”とし“米国政府の立場がまだ出ていない中で、今すぐ我々が米国に先に提案するのはおかしく見える可能性がある”と述べた。

韓国は2008年に300億ドル規模の韓米通貨スワップを締結し、グローバル金融危機に対応した。しかし韓米通貨スワップは2010年2月に終了した。米国は現在、欧州連合(EU)、英国、日本、カナダ、スイスの5カ国・地域と通貨スワップ契約を維持している。

韓国は年初、今年満期が到来する通貨スワップを延長する対外経済政策方向を定めた。韓国が締結した通貨スワップのうち今年満期が到来するのは1月のマレーシアとの約47億ドル、2月の豪州との77億ドル、3月のインドネシアとの100億ドル、10月の中国との560億ドルなど。韓国はこれらの国と通貨スワップ契約を延長した。

一方、韓国と日本は2001年に初めて通貨スワップ契約を締結し、2011年には700億ドルまで規模を拡大したが、2012年8月に李明博(イ・ミョンバク)元大統領が独島(ドクト、日本名・竹島)を訪問したことで韓日関係が悪化し、2015年2月に完全に終了した。2016年末に韓日間で関連の協議があったが、2017年1月に釜山(プサン)日本領事館前に慰安婦少女像が設置されたことを受け、日本側が一方的に交渉を中断した。

トランプなら韓国は豊かな国だし外貨準備高も十分だと言いながらにこやかに突き放すだろうね。ウォールストリートジャーナルの社説なんぞでは考えを変えないだろう。韓国が通貨危機に陥ると米国の民主党にも影響が出ると白状しているようなものだしね。つまり大統領選での再選に有利になるってわけだ。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ