Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国2位の自動車部品会社マンドも大規模な人員削減…自動車部品業界の状況はますます悪化している

ハルラグループ系列の自動車部品会社マンドが生産職の職員全体を対象に希望退職と循環休職を進める。生産および販売の急減で韓国自動車産業が危機を迎えている中、人員削減に踏み切ったという分析だ。

自動車業界によると、マンドは最近、労働組合に“遊休人員解消案”を提示した。全生産職を対象に希望退職を施行し、それでも遊休人員があれば循環休職および転換配置を推進するという内容だ。マンドが生産職全体を対象に希望退職を推進するのは2008年にハルラグループに再買収されて以降初めて。部品業界ではマンドを皮切りに大手部品会社が次々とリストラに入るという見方が出ている。ある部品会社代表は“経営環境が予想よりはるかに深刻”とし“今年の最大目標は生存”と話した。

◆国内自動車生産が毎年減少 大手部品会社も中国で不振

ハルラグループ系列の自動車部品会社マンドが“リストラ”に入る。深刻な不況で自動車販売が急減する中、自動車産業の危機が長期化すると判断した結果だ。マンドは事業の一部を整理して雇用人員を減らす方針だ。部品業界の関係者は“国内最大の部品会社の一つのマンドまでが大々的なリストラをするほど状況が深刻”とし“自動車部品会社の連鎖倒産が現実化する可能性が高まっている”と懸念を表した。マンドは世界47位(2018年売上高基準)の部品会社。現代自動車グループ系列会社を除けばハンオンシステム(旧ハルラ空調、46位)と共に国内最大規模の自動車部品会社だ。

◆“リストラしなければ倒産も”

自動車業界によると、マンドは先月初めから労働組合と一部の事業整理および遊休人員解消案を協議している。会社は労働組合に▼江原道原州(ウォンジュ)鋳物工場および関連事業の売却▼全生産職対象の自発的希望退職施行▼希望退職以降に遊休人員が発生すれば循環休職および転換配置--などの内容のリストラ案を伝えた。会社関係者は“自動車産業をめぐる環境が悪化していて、会社がさらに大きな危機を迎えるのを防ぐ必要がある”と話した。使用者側の交渉代表のキム・グァンホン副社長は“マンドが絶体絶命の危機を迎えている。現状況をそのまま放置すればいつ市場で淘汰されるか分からない”と述べた。

マンドは昨年、事務職を対象に希望退職を施行するなど規模を縮小するために努力したが、大きな成果はなかった。事務職は人員が多くないうえ、希望退職を申請した人も少数だった。会社関係者は“希望退職は希望者に限り施行する計画”とし“どれほどの申請があるかは予測しにくい”と話した。

自動車部品業界の状況はますます悪化している。韓国国内で生産する自動車は毎年減少している。2015年の455万台から昨年は395万台に縮小した。マンドをはじめとする国内部品会社は中国でも不振だ。北京現代や東風悦達起亜など主要顧客の販売台数が毎年減少しているからだ。

◆部品業界の雇用、2年間に2万人減少

国内および中国自動車工場が長くて3週間ほど閉鎖する状況が生じたからだ。先月の韓国国内の自動車生産台数は前年同月比26.4%減の18万9235台。2月基準では通貨危機当時の1999年以降で最も少ない。中国の自動車企業の生産台数は前年同月比80%ほど減少した。

今月以降も生産規模の回復は容易でないという見方が多い。消費心理が極度に萎縮しているからだ。韓国自動車産業協会の調査によると、今月に入って国内部品会社の稼働率は50-70%にとどまっている。

人員削減が自動車部品業界全般に拡大するという見方も出ている。中小部品会社はすでに人員削減に入っているという。ある部品会社代表は“先月は工場をほとんど稼働できず、資金事情が急激に悪化した”とし“近いうちに労働組合と協議する計画”と述べた。別の部品会社代表は“すでに役員および幹部の半分以上を減らし、一般職員を対象に希望退職を施行する時期を考えている”とし“今年を無事に過ごせるか心配”と吐露した。

一部の地域で“部品業界発の大規模失業”が発生するかもしれないという懸念も出ている。韓国雇用情報院によると、1月基準で国内自動車および部品業界の雇用人員は37万8135人と、2年前に比べ2万人ほど減少した。2012年1月(37万6835人)以降の最低水準だ。2年間に減少した2万人の雇用の大半が部品会社だと業界は推定している。

大きな事ばかり言ってる韓国政府は何の手助けもせず、いつもの事く見捨てるだけでしょう。

ムンちゃんの経済政策の成果ですね。良く出来ました。路線変更せず、このまま突き進んで下さい。必ず明るい未来が開けます。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ