Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

仁川-成田・関西を除いて韓日航空路線がすべて中断…就航30年で初めて日本行き全路線を運航中止

1951年に国籍機(フラッグ・キャリア)が初めて韓国・日本両国の空をつないで以降、初めての事態を迎えた。韓国と日本の航空路線がほとんど中断する。アシアナ航空、ティーウェイ航空、ジンエアー、エアソウル、エアプサン、イースター航空など韓国航空6社は6日、日本行き路線を全面中断することにした。チェジュ航空と大韓航空だけがそれぞれ2路線、1路線で縮小運航する。韓日間の57路線が3路線に急減したのだ。

韓日間11路線を運航していたアシアナ航空。しかし安倍晋三首相が5日、韓国・中国入国者を対象に検疫強化を発表すると、半日ですべての日本路線の運航を暫定中断することにした。来週月曜日(9日)から日本に向けたすべての航空機が運航をストップする。アシアナ航空が日本に就航中のすべての路線の運航を中断したのは、1990年に同航空会社がソウル-東京路線に就航して以降初めて。

国内で最も多い韓日間17路線を運航中の大韓航空も9日から仁川(インチョン)-成田路線を除いた日本路線の運航を全面中断する。大韓航空は1951年10月30日に韓国の航空会社では初めて韓日路線(ソウル-東京)を運航した航空会社。1964年には初の定期路線(金浦-大阪)を開設した。韓日6路線を運航するティーウェイ航空と5路線を運航するジンエアーはすべての路線を暫定中断することにした。

国際線は日本路線だけを運航している3社(エアソウル、エアプサン、イースター航空)も日本路線をすべて中断する。これでLCC(格安航空会社)3社はすべての国際路線を“シャットダウン(閉鎖)”した。

このほか韓日間10路線を運航中だったチェジュ航空は8路線の運航を9日から中断する。仁川-成田と仁川-大阪の2路線だけを維持する。韓国航空会社が日本行き航空機を中断したのは、日本政府の措置が事実上、韓国人の入国を全面的に制限する効果をもたらすと判断したからだ。日本政府は“韓国人は指定された空港(成田空港・関西空港)だけを利用でき、検疫所長の指定場所で2週間待機しなければいけない”という内容を発表した。この場合、観光目的で日本を訪問することは事実上不可能になる。

航空業界の不況はさらに深刻になる見通しだ。日本を最後に国際線の運航をすべて中断したエアプサンのハン・テグン社長は社内掲示板に“すべての航空機をストップさせても月230億ウォン(約21億円)の固定費用が発生する”とし、全職員を対象に有給休暇の申請を受けることにした。休暇を申請する場合、基本給の70%が支払われる。

LCCは政府のお金を使い尽くしてから倒産お願いしますね。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ