Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国、マスク工場社長、流通業の息子に350万枚運転くれ15倍」暴利」

感染症の事態によるマスク品薄現象を悪用して買い占めや無資料大量取引などを通じて莫大な利益を得た業者が国税庁から強度の高い税務調査を受ける。

国税庁は、独自の現場点検と政府合同取り締まりの結果をもとに、売店・売り惜しみ、脱税の疑いがあるマスクオンライン販売店と2・3次販売代理店52所の税務調査に着手したと3日明らかにした。

これらは去る1月以降のマスクを集中仕入れた後、高値に無資料で取引したり、包み上・観光客を介して外国に搬出した業者である。感染症の拡散マスク注文が殺到すると虚偽 “一時品切れ”の通知と一緒に一方的にご注文をキャンセルした後、インターネットカフェなどを通じて現金取引条件にマスクを高価に板人々も対象に含まれた。

具体的事例を見ると、マスクメーカーオペレータAは、マスクの価格が急騰すると、既存の取引先の供給を全面停止し、生産量の大部分(約350万個)を息子が運営する販売代理店に安値(供給が本あたり300ウォン・イルバンガ750ウォン)で運転与えた。

息子はこのように確保したマスクを自分の代理店オンラインホームページや地域の心のカフェ共同購入などを使って約12〜15倍の価格(3000 500~4千500ウォン)で販売して代金を子供や配偶者名借名口座にされた。

俺はマスク転売については一定の理解を示していて、物資が不足している時に物の値段が高くなるのは当たり前だと思っている。言ってみれば世の中の多くの商売は安く仕入れて高く売る“転売”だからな。ただその利幅がえぐかったり、送料で50万円とかを取るのは悪質だと思うがね。

今まで取引していた代理店さんを、裏切るなんてひどいです!ところが韓国の場合はそもそも商品が偽物だったり、既存の代理店との関係を断ち切ってまで違法に横流しして家族だけで儲けようとしていたわけだ。これは完全にルール違反、秩序の崩壊とみなされる事例だよ。商売以前の問題だ。

韓国民の場合こういったことを日本人相手とかじゃなく自国民にも平気でやらかすからな。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ