Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

現代重工業、韓国海軍の新型護衛艦を受注…韓国の防衛費は、日本を抜き、着々と拡大させている

現代重工業は防衛事業庁と計4000億ウォン(約350億円)規模の“蔚山(ウルサン)級Batch-III詳細設計・先導艦建造契約”を締結したと16日、明らかにした。

今年に入って世界の商船発注が減少した中“恵みの雨”のような契約だ。現代重工業は今年(1-2月)、商船部門で6億ドル(約640億円)を受注し、前年同期(9億ドル)比で33%減少した。

蔚山級Batch-III事業は、海軍の計6隻規模の3500トン級新型護衛艦建造プロジェクトの最初で、2024年に引き渡す予定。新型護衛艦は全長129メートル、幅15メートル、重量3500トンで、最大時速55キロで運航できる。また360度全方向探知・追跡が可能な4面固定式多機能位相配列レーダーを搭載し、従来の蔚山級護衛艦に比べ対空防御能力を強化した。

さらにハイブリッド推進システム方式を採用した電気推進方式で、騒音が小さいとう長所がある。電気推進方式は潜水艦の脅威を避けることができ、有事の際、ガスタービン推進を利用して高速運航が可能だ。

今回の新型護衛艦受注で現代重工業は昨年のイージス艦(広開土-III Batch-II)以来5カ月ぶりに護衛艦の受注に成功した。護衛艦の設計・建造経験をもとに次期韓国型イージス駆逐艦(KDDX)開発事業にも拍車を加える計画だ。

現代重工業のナム・サンフン特殊船事業本部長は“海軍の中枢的な役割を遂行する最新型護衛艦の設計・建造に最善を尽くす”と述べた。

現代重工業は1975年の大韓民国初の戦闘艦“蔚山”をはじめ、初のイージス艦“世宗大王(セジョンデワン)”、次世代護衛艦“仁川(インチョン)”など、これまで約80隻の戦闘艦・潜水艦を建造している。

張り子の虎のようなものを大量に作って意味があるのか疑問です。韓国の武器はまともなものがまったくない。

水中ソナーの信頼性がなく、20年前のものを取り付けたり、K2戦車は現代自動車で変速機がまともなものができなくて、馬力を落としてみたり、ドイツ製で間に合わせたり笑わせてくれます。また稼働率は30%位で、いざという時には全く役立たずの唯の鉄の塊になってしまいます。

韓国の防衛費は、日本を抜き、着々と拡大させている。 

返せる見込みのない負債は予想以上に国や個人の力を削いでしまうんだがムンちゃんには関係ないようだな。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ