Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国のサムスン生命が破綻危機!サムスングループ全体が連鎖破綻する危機に

韓国のサムスン生命が深刻な状態になりつつある。自社の株価から計算した時価総額が、保有株すべてを合計した時価総額の4分の1になってしまったそうだ。つまりサムスン生命という入れ物自体に深刻な負債が発生している可能性があるわけだ。もし破綻するようならその衝撃は計り知れないものになるだろう。

“私の株式だけ売っても25兆ウォンが出てくる私の財産の価値が7兆ウォンがならないならない。”

論理的には到底説明できないことが、韓国国内の生命保険業界1位、三星生命で起きている。

去る20日基準三星生命の株価は3万3950ウォン。 年初に比べて株価は半分たし、歴代最高だった2017年11月(13万8500ウォン)に比べて4分の1書きが出た。

時価総額順位も空しく押し出されている。 2010年5月の上場当時4位だった時価総額順位は今年に入って20位に下がってくると、今29位(6兆7900億ウォン)で30位から押し出される状況だ。

業界では三星生命の株価が理解するのは難しいレベルに落ちた見ている。 低金利で保険業種自体が困難な時期を過ごしているとも現在、サムスン生命の株価は、投資家たちでさえ首をかしげるしかないからである。

三星生命が保有する株式を見てもそうだ。 サムスン電子の株式保有率8.84%(昨年9月時点)である三星生命は、国民年金(10.49%)に次いで、サムスン電子の2大株主だ。 三星生命が握っているサムスン電子の株式価値だけでも23兆9600億ウォン(3月20日現在)である。 6兆7900億ウォンである三星生命時価総額の3.5倍の水準だ。

三星生命が持っている株はこれだけではない。 三星生命はホテル新羅(7.7%)、エスワン(5.4%)、サムスン重工業(3.3%)の大株主だ。 サムスンSDI(0.3%)、サムスン電気(0.2%)、サムスン物産(0.1%)、サムスンSDS(0.1%)などの株式も持っている。 この株式の価値だけでも5000億ウォンを超える。

結果的に、サムスン生命が保有する株式の価値だけでも24兆5000億ウォンである。 それでも三星生命時価総額は保有株式の価格の27%の水準である6兆7900億にとどまっている。

要するにサムスン生命という保険会社が保有する株式の総額よりも、サムスン生命そのものの時価総額が下回ってしまっているという話だ。

サムスン生命の株価も先週は連日のように10%超の大暴落だったようだ。そのせいで年初から株価が半分になってしまっている。当然史上最安値だ。

サムスングループ全体が連鎖破綻する危機に。

サムスンの他の企業について調べたんですけど、サムスン重工の株価も暴落してますね。年明けから半分になってます!

サムスン生命と同様7,000ウォン超あった株価が3,480ウォンにまで暴落している。これまでどんなに下がっても6,000ウォン台は維持してきたサムスン重工が今は3,000ウォン台ってわけだ。サムスングループ全体の危機だね。

サムスン物産の株価は、7万5000ウォンを19日に割りました!2月には12万ウォン近くあったのに、半分近く暴落してますね。

サムスン電子以外はどれも似たり寄ったりだね。サムスン生命の何が問題かというと、今後もし破綻危機が訪れるようなら保有している株を投げ売りせざるを得なくなる可能性があるってことだ。つまりサムスン電子も暴落する。

サムスン電子の株は、8.84%も持ってるみたいです!全部売ったら、確かに暴落しそうですね。ひょっとして、それを見込んでの時価総額ですか?

ぶっちゃけそれらすべてが合算された場合だね。サムスン生命の本業の保険業が壊滅的になり赤字が発生するリスクとか、サムスン電子株を投げ売りすることによりサムスン電子の時価総額が暴落して結局サムスン生命の時価総額も減るというようなリスクなどを加味しての今の株価ってことだ。サムスングループ内で連鎖的に株価暴落が発生するのが最も恐れられるシナリオだと思う。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ