Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

孫正義が追証でパニック状態!出資先の英企業も破産申請

韓国経済に崩壊の時が迫るのと同時に、孫正義にも破滅の時が迫っているようだ。融資の追加担保を要求されて、ソフトバンク株を追加で1,010万株差し入れたという。時価で400億円近くもの金額になるそうだ。いよいよ資金繰りが怪しくなってきたものと思われる。これとは別にソフトバンクが出資した英国の大企業も破産申請をしたことが分かった。孫正義はさらなる窮地に追い込まれるだろう。

ソフトバンクグループの孫正義社長は過去2週間に、融資の担保として同社株式1010万株を追加で差し入れた。27日の規制当局への届け出で明らかになった。

これで担保となっているソフトバンクG株は合計2億2700万株、約80億ドル(約8700億円)相当となる。これは孫氏が保有する同社株の約40%に相当する。同氏はソフトバンクG株の約27%を保有している。今回差し入れた株式の価値は、27日の終値に基づくと約3億6000万ドル相当になる。ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、孫氏の資産は120億ドル。担保となっている株式の価値はこれに含まれない。同氏の資産価値は今年、36億ドル減少している。

ソフトバンクG広報担当の抜井武暁氏はコメントを控えた。

おそらく最近の現金化を急ぐ動きを見て銀行が傘を奪おうとしてるんだよ。追加担保を出すなら傘を貸し続けてやってもいいということ。ここ最近の株価暴落と合わせて考えれば、追証を求められたのに等しい。

韓国経済が苦しんでいるならソフトバンクも同様だというのはすぐ分かるからな。1兆5,500億円ものアリババ株を売却しようとするし、かなり資金繰りに窮しているのが分かる。

とにかく孫正義は今大嵐の真っただ中にいる。ウィーワークの件でも真っ赤っ赤の状態だし、英国の投資先が新たに破綻したことも分かっている。これで2,000億円以上がパアだ。

ソフトバンクグループ(SBG)が出資する英衛星通信企業“ワンウェブ”は27日、米連邦破産法の適用を申請したと発表した。金融市場の混乱などで資金調達が難しくなり、資金繰りに行き詰まったという。

ワンウェブは人工衛星を打ち上げ、世界の様々な場所で高速インターネットを使えるようにする計画を進めてきた。米CNBCテレビによると、SBGはワンウェブに約20億ドルを投じる筆頭株主だが、新たな資金支援は難しいと判断したという。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ