Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国の外貨準備高が崩壊!ドル不足が深刻な状態に

韓国自慢の外貨準備高があっという間に崩れた。コロナウイルスの感染拡大が加速し韓国株が暴落した3月中だけで一気に90億ドルも減ってしまったのだ。日本円にして約9,700億円、つまり1兆円激減ということになる。ドル建て以外の外貨資産が大きく価値を減らしたのも一因としているが、それにしても減りすぎだろう。一体どれだけ為替介入で溶かしたんだ?

先月、韓国の外貨準備高が世界金融危機以降、最大幅の減少を記録した。

韓国銀行は3日、先月末現在の外貨準備高が4002億1000万ドル(約43兆2500億円)で、1カ月前より89億6000万ドル減ったと発表した。2008年の金融危機以降、最大幅で減った。

韓銀は“外国為替当局の市場安定化措置、ドル強勢に伴うその他通貨表示外貨資産のドル貨幣換算額の減少が背景”と説明した。これに先立ち韓銀は3月19日、米連邦準備制度理事会(FRB)と600億ドル規模の通貨スワップ契約を結んだ。契約期間は9月19日まで6カ月で、今後延長される可能性もあるという。これで韓国の通貨スワップ総額は既存の中国、オーストラリアなど7カ国1332億ドルを含めて1932億ドルに増えた。

韓国、融資増加幅“過去最大”に

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の影響で個人はもちろん、大企業まで都市銀行に手を出している。

国民(ククミン)・新韓(シンハン)・ウリ・ハナ・農協銀行の3月韓国ウォン融資残額は1170兆7335億ウォン(約103兆円)で2月より19兆8688億ウォン増えた。5大銀行の韓国ウォン融資が前月より10兆ウォン以上増えたのは2015年10月(14兆2840億ウォン)、11月(13兆1099億ウォン)、2019年10月(10兆4353億ウォン)など3回だけだ。

企業融資は3月1カ月間13兆4568億ウォン増えた。2月増加分(3兆6702億ウォン)の4倍近い金額だ。特に、大企業融資残額は82兆7022億ウォンで、前月より8兆949億ウォン増えた。大企業融資の増加幅は過去最大水準だ。

大企業は普通会社債などを増やして市場から直接資金を調達する。銀行融資より費用面で有利であるためだ。このため、通常銀行の大企業融資増加幅は2兆ウォン前後だった。新型肺炎の影響で会社債市場が萎縮して資金調達が容易ではなくなった。今後の景気鈍化などに備えて非常資金を確保しようとする企業も多いという。このため、大企業はかつて増やしておいた限度融資を利用して融資を受けた。限度融資とは、個人に例えるとマイナス通帳のようなものだ。

中小企業の融資は5兆3619億ウォン増加した。この中で個人事業者の融資は2兆7755億ウォンが増えた。

家計融資も6兆6801億ウォン増えた。2015年11月(10兆1822億ウォン)以降増加幅が最も大きい。家計融資は住宅担保融資と信用融資がいずれも増加した。

住宅担保融資は4兆6088億ウォン増えた。2015年12月(5兆6238億)以降最も大きな増加傾向だ。住宅担保融資は不動産規制の影響で最近増加傾向が鈍化した。今年に限っても1月1兆2557億ウォン、2月9564億ウォンに増えた。伝貰(チョンセ)資金の需要だけでなく、最近景気が悪くなり生活安定資金の名目などで融資を受けたと分析される。

個人信用融資は3月1カ月間2兆2408億ウォン増えた。5大銀行の個人信用融資が2兆ウォン以上増加したのは2018年10月(2兆1171億ウォン)以降初めてだ。新型肺炎によって所得減少にともなう融資が増えたと分析される。

株式市場に個人投資家が大きく流入したのも要因の中の一つに選ばれる。個人が今回の下落相場をきっかけに非対面融資など手続きが簡単な信用融資で資金を調達して株式投資を始めたという分析だ。1月20日から先月末まで証券会社の顧客預託金は28兆1000億ウォンから43兆ウォン規模に増えた。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ