Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国、再び貿易赤字に転落!7年ぶり経常赤字の去年よりさらに状況が悪化

韓国の輸出が新型コロナで崩壊している。4月1日から10日までの韓国の輸出額が前年同期比18.6%減った。輸出減少傾向は世界的な新型コロナウイルス感染拡大の影響とみられる。

関税庁が13日に明らかにしたところによると、今月1~10日の輸出額は122億ドルで前年同期比18.6%(28億ドル)減少した。この期間の操業日数は8.5日で昨年と同じだった。

半導体が1.5%減、乗用車が7.1%減、石油製品が47.7%減、無線通信機器が23.1%減、自動車部品が31.8%減など、主要輸出品目のほとんどが振るわなかった。

輸出相手国別でも中国が10.2%減、米国が3.4%減、EUが20.1%減、ベトナムが25.1%減、日本が7.0%減、中南米が51.2%減、中東が1.2%減など主要市場で一斉に輸出が萎縮した。

一方、輸入も146億ドルで前年同期比13%(21億8000万ドル)減少した。これに伴い今月に入り10日までの韓国の貿易赤字規模は約24億ドルとなった。

4月と言えば去年も経常赤字を叩き出して話題になったが、今年もすでに貿易赤字が24億ドルに達しているようだ。中でも石油産業の輸出落ち込みが激しく、新型コロナによる原油の需要激減の影響をもろに受けていることになる。韓国株式市場の暴落も再開しそうな気配だ。

7年ぶり経常赤字の去年よりさらに状況が悪化。

韓国銀行(中央銀行)が2019年6月5日発表した2019年4月の国際収支(暫定値)によると、海外とのモノやサービスなどの取引を表す経常収支は6億6000万ドル(約710億円)の赤字だった。18年4月は13億6000万ドルの黒字。2012年4月以来、7年ぶりの赤字に転落した。世界貿易の減速に伴う輸出の減少が響いた。

輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は56億7000万ドルの黒字で、前年同月に比べて41%減った。輸出は主力の半導体の価格低下などで同6%減った一方、輸入は同2%増えた。原油など原材料価格が上昇したほか、家電など消費財の輸入が増えた。

所得収支は43億3000万ドルの赤字だった。赤字は前年同期よりは23%減ったが、前月比ではほぼ6倍の増加だ。18年12月決算企業による外国人投資家への配当の支払いが集中するため、4月は例年、所得収支の赤字が膨らむ。

大企業の配当が重なって所得収支が大幅な赤字になったことで貿易黒字を相殺したんだ。それでも7年ぶりの経常赤字だったのは、輸出で稼ぐ力が大幅に落ちていたからだと指摘されている。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ