Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

トランプ大統領は、文在寅大統領について「私の友人」!たが「韓国の提案を拒否した」

韓国の防衛費案を拒否したことをトランプが自ら述べた。お決まりの韓国はお金持ちだというお世辞フレーズを出しながらだ。さらには韓国との関係はよく、総選挙で圧勝した文在寅のことを友人だとまでべた褒めしているようだ。にも関わらず防衛費の交渉はまとまらない。素人文在寅にはお世辞の意味が分からず困惑するしかないだろう。

米国のトランプ大統領が20日(現地時間)、韓米防衛費分担金交渉について「彼ら(韓国)はわれわれに一定の金額を提示したが、私が拒否した」「韓国は高い比率を負担すべきだ」と発言した。ロイター通信は10日、韓国が防衛費分担金を前年比最大で13%引き上げる案を提示したが、トランプ大統領がこれを拒否したと報じた。

昨年、韓国が負担した1兆389億ウォン(約906億円)を1兆1700億ウォン(約1021億円)台にまで引き上げるということだったが、トランプ大統領がこれを拒否したということだ。昨年9月から始まった韓米防衛費分担金特別協定(SMA)に向けた交渉が今後長期化することも懸念されている。

トランプ大統領はこの日、ホワイトハウスで開催されたコロナ対応関連のブリーフィングで「防衛費問題で在韓米軍削減を検討するという報道があるが、確認できるか」との質問に「私が(大統領に)就任する前、彼ら(韓国)は金をほぼ支払ってこなかったと思う」とした上で、上記のように述べた。

ただしトランプ大統領は在韓米軍削減の可能性については「それ(交渉)は(在韓米軍)削減に関する問題ではない」として「それ(防衛費追加負担)は自国の防衛のために彼らが寄与するという意志に関する問題」と指摘した。防衛費と在韓米軍削減は連携させないという意味だ。

トランプ大統領は「われわれはそこ(韓国)に3万2000人の米軍を置いている。われわれは8500マイル(1万3700キロ)離れた国を守るために軍事費を支出しているのだ」として「われわれは数十年にわたり、80年以上彼らを守ってきた」とも主張した。トランプ大統領は「韓国は非常に金持ちの国だ。彼らはテレビを製造し、船を作り、全てを作っている」「(韓国との)関係は素晴らしいが、公正な関係ではない」とも指摘した。

トランプ大統領はさらに「われわれは非常に多くのサービスを行っており、互いに素晴らしい感情と関係を持っている」としながらも「しかしわれわれは公平で公正な待遇を受けるべきだ」との考えを示した。トランプ大統領は「これが現在、それ(交渉)がとどまっている地点だ」「何が起こるか近いうちに分かるだろう」と説明した。

トランプ大統領はこの日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領について「私の友人」と呼び「彼は選挙で素晴らしい勝利を手にし、私も非常にうれしい」とも述べた。これは韓国で総選挙が終わっただけに、早い時期に防衛費問題を結論づけたいという意味のようだ。

韓国外交部(省に相当)のキム・インチョル報道官は「交渉中の事項」とした上で「(韓国)政府は合理的なレベルの公平な分担という原則的な立場を持って交渉に臨んできたし、その立場を持って引き続き努力している」とコメントした。

Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ