Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国、対策の失敗を認める!今後防疫に成功したと自慢できなくなる

韓国がついに白旗を上げたようだ。相次ぐ再感染の事例を受けて、韓国当局が隔離解除後の管理を強化するそうだ。つまりこれまでの隔離方法は失敗だったと認めたことになる。韓国の防疫は素晴らしいと絶賛していた文在寅政権にとってはあまりにも痛手だ。

中央防疫対策本部のチョン・ウンギョン(鄭銀敬)本部長が行った記者会見でのこと。新型コロナウイルスによる感染症が完治し、隔離が解除された後、再び陽性判定を受けた人が計111人になったと言う。

クラスタ感染が大量に発生した韓国南東部のテグ(大邱)市などで再陽性の報告が多かった。再陽性の原因がウイルスの“再活性化”なのか、或いは“再感染”なのかの謎を調べている。また、国内の調査結果を世界保健機関(WHO)などにも共有するとしている。

再陽性の確認が続ていることを受け、当局は感染者の“自主隔離”解除後の管理を強化する方針である。そのためにはウイルスの排出期間あ最も長い●●を通じて“●●検査”の完治検査を義務化すべきとの意見もある。

現在、韓国の感染者は24時間の間隔で2回のRT-PCR(リアルタイム遺伝子増幅)検査で陰性が出てから隔離解除となる。しかし、体内に微量のウイルスが残る場合、“完治判定”の後も、何らかの原因により再活性化があり得る。

また、新型コロナウイルスの感染症が弱かった場合、完全に免疫が出来ない可能性もある。これなら無症状の感染者であるほど、再感染の可能性が高いとの解釈となる。

再感染と口で言えば簡単だが、要するに感染者を完治させないまま放流していたことを意味するからな。それだけ韓国の検査方法が杜撰だったのかもしれないが、韓国としては人類共通の問題として昇華させたいところだ。

24時間ごとに2回検査して陰性だったら退院という流れだけど、その”陰性”が信用できない時点で何をやってもだめだろうね。昨日のネットユーザーのコメントで韓国はスピードモードで検査してるとかいう話があったけど、日本だと結果が出るまでに1~2日かかるよな。韓国はそれよりも速いんだろうか?
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ