Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

中国が香港の一国二制度を崩壊させようとしている

中国にとっては予定通りの動きだが、その動きに司令官トランプがどう対応するかに国際社会の注目が集まっている。中国を止められるのは米国しかいないからだ。

中国は21日、扇動や破壊行為を禁止することを目的とした、新しい国家安全法を導入する方針を示した。民主化を求める活動家らからは、実際に導入されれば香港の高度な自治が脅かされ、「香港の終わり」を迎えることになるのではとの懸念が上がっている。

中国では22日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期されていた全国人民代表大会(全人代=国会に相当)が開幕する。ここで、国家安全法について協議するという。

アメリカは同法の導入は香港の自治における中国の義務を非常に不安定にし、弱体化させる可能性があるとしている。また米国の上院議員たちは香港国家保安法に対して、香港自治権への侵害を理由として中国政府を制裁する法案を導入すると伝えた。

同法の支持者は、昨年香港で勃発した政治的抗議行動における暴力に対抗するために必要だと主張している。反対派は、香港の基本的自由を排除するために使われるのではと不安視している。

■なぜ国家安全法が物議を醸しているのか

イギリスは1997年に香港を中国に返還した。以来、香港は「一国二制度」政策と「高度な自治」を守ってきた。

しかし民主化活動家らは、香港の自治が中国によって弱体化しつつあると感じている。

昨年香港では、犯罪容疑者の中国本土引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改定案をめぐり、数百万人もの人が7カ月にわたって街中で抗議し、次第に暴力的になっていった。この法案は立法会(議会)での審議が中断された後、最終的に正式に撤回された。

国家安全法は、逃亡犯条例の改定案以上に物議を醸している。

「一国二制度」を支える、香港の憲法ともいえる「香港特別行政区基本法」では、香港政府は国家安全保障法の制定を義務づけられている。しかし2003年の国家安全条例案には約50万人が反対し、廃案となった。

だからこそ、国家安全法を強行成立しようとする試みにこうした激しい怒りが巻き起こっている。ある議員は21日、「これは香港で、中国への返還後で最も物議を醸している問題」だと述べた。

中国政府が有権者によって選ばれた香港の議員を飛び越えて法改正できることが、これほどまでに扇動的な状況を生んでいる原因だと、BBCのロビン・ブラント中国特派員は指摘する。

民主化活動家たちは、「香港特別行政区基本法」で定められている言論の自由を訴える抗議行動を封じ込めるために、国家安全法が利用されるのではないかと危惧している。中国でも、共産党に反対する人を黙らせるために使われている法律があるからだという。

■反対派の反応

香港・民主党の胡志偉主席(党首)を含む、香港の多数の民主化推進派は、今回の中国の発表は「一国二制度」の死も同然だと述べた。

公民党の郭榮鏗議員は、「実際に導入されれば『一国二制度』は正式に抹消されるだろう。香港の終わりだ」と述べた。

同じく公民党の陳淑莊議員は、「香港史上、最も悲しい日」だと付け加えた。

学生の民主化活動家で民主派政党「香港衆志」の黄之鋒氏は、中国政府による企ては「香港人の批判的な声を力と恐怖で黙らせる」ためのものだとツイートした。

イギリス統治時代に香港の最後の総督を務めたクリス・パッテン氏は、中国の試みは「香港の自治に対する包括的な攻撃」だと述べた。

英外務省報道官は、中国が「香港の権利と自由、そして高度な自治を尊重すること」を期待していると述べた。

こうした中、米国防総省は「香港の人々の意思を反映しない国家安全法を導入しようとする試みは、状況を非常に不安定なものにし、強い非難を受けることになるだろう」と述べた。

ドナルド・トランプ米大統領は、中国が最後までやり通すのであれば、アメリカは強固な対応を取るだろうと述べたが、詳細は明かさなかった。

アメリカは現在、貿易や投資における香港の優遇特権を延長するかどうかを検討している。今月末までに決定しなければならない。

■中国の立場

全人代の複数関係筋によると、中国政府はもはや、香港が独自の国家安全法を制定するのを待つことも、暴力的な反政府運動と中国政府がみなす抗議行動が拡大するのを見続けることもできないという。

ある情報筋は香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストに対し、「我々はこれ以上、国旗を冒涜(ぼうとく)したり、香港特別行政区の区章を傷つけたりするような行為を許せない」と述べた。

中国政府はまた、9月の香港立法会選挙を恐れているのかもしれない。昨年11月の香港区議会選の時のように民主派が大きく議席を伸ばせば、中国の法案が妨害される可能性があるからだ。

全人代の張業遂報道官は21日、国家安全法の導入について言及した際、一国二制度を「改善」するものだと説明した。

「国家安全保障は、この国の安定を支える基盤だ。国家安全保障を守ることが、香港の同胞を含むすべての中国人の基本的利益になる」

全人代では国家安全法の導入が協議された後、来週に採決が行われる見通し。その後、来月の全人代常務委員会での手続きを踏む必要がある。

中国国営の英字紙チャイナ・デイリーは社説で、国家安全法は「国家安全保障に挑戦する者は必然的に自分たちの行動の責任を負うことになる」ことを意味しているとした。

香港最大の親中派政党「民主建港協進連盟(DAB)」は、「近年香港で急速に悪化する政治状況に対応するため」の法案を「完全に支持する」と述べた。

親中派議員のクリストファー・チュン氏はロイター通信に対し、「この法案の制定は必要であり、早いに越したことはない」と述べた。

■香港の自治性

香港はかつて、150年以上にわたってイギリスの植民地だった。

イギリスと中国は1984年に、「一国二制度」の下に香港が1997年に中国に返還されることで合意した。香港は中国の一部になるものの、返還から50年は「外交と国防問題以外では高い自治性を維持する」ことになった。

「一国二制度」を支える「香港特別行政区基本法」の期限は2047年に切れる。

香港市民には、表現の自由など、中国本土ではみられないような権利が保障されている。

しかし、中国政府には香港の政治体制への変更を拒否する権限がある。香港の行政長官は中国政府によって任命される。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ