Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓米通貨スワップのドル供給、中断…理由は?

韓国銀行(韓銀)が6日、6回目の入札を最後に韓米通貨スワップ契約によるドル貨幣の供給を当分中断することにした。3月31日の最初の供給から37日目だ。

韓銀は6日、韓米通貨スワップ資金の6回目の入札の締め切り後、「最近の持続的なライボー(Libor、ロンドン銀行間取引金利)下落、スワップレート上昇、外貨預金の増加などをみると、外貨流動性事情は良好な流れを継続しているとみられる」とし「当分は入札を中断して市場の状況をモニタリングする計画」と明らかにした。

この日、韓米通貨スワップ資金の6回目の入札では供給額40億ドルに対して応札は計13億2900万ドルだった。3月31日の最初の供給以降、応札額は1回目87億2000万ドル、2回目44億1500万ドル、3回目20億2500万ドル、4回目21億1900万ドル、5回目12億6400万ドルと減少傾向にある。

韓銀関係者は「通貨スワップが締結されたことで必要ならいつでもドルを調達できるという心理が金融機関に広がり、安全弁の役割をした」とし「国内銀行の外貨健全性も相対的に良好とみられる」と説明した。

韓米通貨スワップは6カ月期限で締結され、9月30日が満期となる。1-6回目の入札によるドル貨幣の供給額は計198億7000万ドルと、韓米通貨スワップ契約限度(600億ドル)の約3分の1。

『為替スワップ』を「通貨スワップ」であると100回言い続けて本当に「通貨スワップ」である事にしたいのではないかと思えるほど、『為替スワップ』を「通貨スワップ」として報道している。そもそも調達したドルの不足分は後でアメリカに返さなければならないのだから「安全弁」の役割すら果たせるような協定ですらない。日本がこの国とあらゆる協定を結んではならないのはもちろんであり、アメリカにおいてもこの国が一方的に協定事項を違反したり返済を滞らせた場合は今日略な制裁を課すなどして対処しなければならないだろう。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

ホット動画

注目のビデオ

Popular Posts

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ