Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国紙、ついにレムデシビルの効果がないと認めてしまう!日本不買でアビガンを使えない韓国

宗教上の理由によりアビガンを使用できない韓国が頼りにするのが米国産のレムデシビルだが、複数の機関から正反対の結果が出て韓国民がパニック状態となっているようだ。

新型コロナ感染症(コロナ19)治療剤候補群の一つである「エレデシビル」の治療効果を、いくつかの証明することができる臨床試験の結果が出た。米国国立アレルギー感染症研究所(NIAID)は29日(現地時間)レムシュヴィールを投与したコロナ19入院患者が、そうでない患者よりも回復期間が31%短縮されたと発表した。アンソニーポーチNIAID所長は「今後コロナ19の治療の標準になるだろう」との臨床結果を掲げ立てることもした。しかし、同じ日に、医学専門誌ランセットには「ラムデシビルが統計的に有意な効果を示さなかった」という研究結果が掲載された。レムデシビルはコロナ19の拡散歳を覆す「ゲームチェンジャー」になるのか。

結論から言えば、RAMのデシビルをコロナ19の「標準的な治療」と決めつけるのはまだ無理だ。レムデシビルの効果について正反対解析する研究結果がスクランブルいるからである。さらに、NIAIDが発表した結果は、まだ仲間審査(peer review)を経ていない論文のドラフトと信頼性を完全に担保することは難しい。

NIAIDは2月からアメリカ、英国及びドイツ及びスペインの等1090人のコロナ19患者に静脈注射を置く方法で臨床を行った。臨床参加者を二つのグループに分けた方にはレムデシビルを処方して、他の方にはプラセボ(偽薬)を与えた後、経過を観察した。その結果、レムシュヴィールを投与していない患者は回復に15日かかったのに対し投与した患者は、11日かかった。NIAIDはこれについて「31%程度速い回復」と解釈した。ポーチ所長は「100%ではないが、これは非常に重要である」とし「レムデシビルがコロナ19を停止することができるというのが証明されたものだからだ」と語った。

しかしチミョンリュル(患者数に比べ死亡者数の割合)をみると、この薬を使った患者(8%)と書かれていない患者(11%)の間に有意な差は認められなかった。ミシェル・バリー米国スタンフォード大学教授はこの日、ニューヨーク・タイムズ(NYT)に「チミョンリュルが改善される研究結果が出る前に、同僚審査過程も経ていない論文を置いて「治療の標準」云々することは通常ではない」と批判した。

同日ランセットはレムシュヴィールが効果が大きくないという内容の研究結果も載せられた。中国の首都医科大学の研究チームが武漢で237人のコロナ19重症患者を対象に実施した臨床結果だ。去る2月6日から3月12日までに行われた臨床は、患者と医師の両方がプラセボと実際の薬剤が何なのか分からない「二重盲検ランダム化対照試験」方式で行われた。その結果、プラセボ投与と比較したときのRAMデシビルが治療に肯定的な効果を示すにはしたが、統計的に意味のあるレベルではないという結論が出た。28日間の投薬したときのRAMデシビルグループの症状の改善率は65%であり、プラセボ群の58%をわずかに上回ったが、有意な結果ではないということだ。

一方、副作用のため試験を中止した人は12%で、プラセボ群(5%)よりも高かったと、中国の研究チームは、分析した。この結果だけを見るとレムシュヴィールの効果は大きくないのに、副作用は大きなわけだ。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ