Osimiニュースへようこそ (^_^) 良い一日を

米国のファーウェイ規制で韓国サムスンに大打撃!サムスン-SK火の粉懸念

米国が対中強硬政策として一段と踏み込んだファーウェイ制裁案を出してきたが、それで最も打撃を受けるのはサムスンやSKハイニックスなどの韓国勢である可能性が高い。なぜならその2社は中国に工場を持ち、米国の技術を使った半導体をファーウェイに供給しているからだ。今後は商務省の許可を得る必要があるという。同様に台湾のTSMCやインテルなども打撃を受けるとされている。

トランプ政府が、中国Huawei社の事実上のグローバルレベルの半導体供給を封鎖する超強硬圧迫本を出しながら韓国企業に及ぼす影響に注目が集まっている。米国の今回の政策が華の非メモリ半導体に焦点が合わせながらメモリ強国である韓国の直接的被害は少ないとの見方が出ている。しかし、サムスン電子が2030年までに非メモリの世界1位の目標を宣言し、大規模な投資に乗り出した状況で、中長期的に、今回の措置の影響圏をブラシが長いのは難しいと思われる。

16日ロイター、ウォールストリートジャーナル(WSJ)によると、米商務省は15日(現地時間)の声明で、「米国の特定のソフトウェアや技術の直接的結果である半導体をHuawei社が取得することを戦略的に狙った輸出規制の改正を推進中”と述べた。

これまでに、米国で生産された半導体のみ華に輸出していなかった。しかし、今回の改正が推進されれば、米国の半導体関連技術を活用する海外企業も華の特定の半導体を供給する米国の許可を受けなければならない。 Huawei社も米国の技術が適用された半導体を購入したり、半導体の設計を活用する場合、米政府の事前の許可を得なければならない。

Huawei社の中国でのスパイの疑い米国が世界の半導体企業に事実上「華孤立戦略」を強要する次元で解釈されることができる。

ロイターは、今回の措置が、世界最大の鋳造(半導体受託生産)メーカーである台湾TSMCに最も大きな打撃を与えるだろうと分析した。世界ファウンドリ市場の50%、これを掌握しているTSMCはHuawei社を中核顧客に置いている。併せて、米国企業が、米国外で生産した半導体をHuawei社に供給してきたインテルやクアルコムも打撃が避けられない。

サムスン電子とSKハイニックスなど韓国半導体企業に与える影響も注目される。今回の規制は、Huawei社が設計した非メモリチップに焦点を合わせて、メモリ半導体が主力のサムスン電子やハイニックスの打撃は大きくないという予想がある。

しかし、アメリカの超強硬立場を考慮すれば、サムスン電子やSKハイニックスが韓国、中国の工場で、米国の技術を活用して生産した半導体を販売する制約を受けることもできる。特に、トランプ大統領が最近、半導体自給注意を強力に明らかに非メモリだけでなく、韓国の家庭菜園のメモリ分野でも米国のかなりの牽制が予想される。Huawei社は、スマートフォン、5G通信などの分野で、サムスン電子とSKハイニックスの主要顧客の一つである。

今までは米国で製造した半導体のみが対象だったが、今後は米国外であっても対象になるってわけ。全世界に影響が出るね。120日間の猶予期間はあるがな。

ファーウェイはファーウェイで去年の制裁から1年が経過するが、この期間であらゆるシナリオを想定して準備を進めてきたことだろう。実際に今のファーウェイは米国産の部品が数%を切るというし、仮に制裁が始まったとしても十分な在庫を蓄えるはずだ。損をするのはファーウェイに半導体を売っていた立場のサムスンやSKハイニックスというわけだ。

台湾TSMCや韓国サムスンは米国に近すぎるがゆえに言うことを聞かなければならない。結果的に両社とも中国という顧客を失い業績を大きく落とすだろうという話だ。
Share:

0 件のコメント:

コメントを投稿

Osimiニュース Video

ホット動画

注目のビデオ

ブログ アーカイブ

最近の投稿

ページ